Pythonを使った画像認識とは?

【2024年最新】Pythonを使った画像認識とは?画像認識でできること

画像認識は、画像内の対象物の情報を識別する技術であり、技術の進化によりその適用範囲がますます広がっています。多くの企業は、業務の自動化や効率向上を目指し、画像認識技術を積極的に導入しています。本記事では、画像認識の基本について説明し、Pythonの代表的な画像認識ライブラリであるOpenCVを利用してコードを実装する方法に焦点を当てています。Python画像認識や画像解析に興味がある方にとって、画像処理と機械学習を組み合わせた最新の手法やPython画像処理ライブラリの活用方法について紹介します。 1. Pythonを使った画像認識 画像認識は、画像内の情報を識別する技術です。  Python画像認識や画像解析Pythonなどのキーワードに焦点を当てると、画像認識はコンピューターが画像に含まれる対象を識別するための技術です。対象の画像に含まれる特徴を分類し、どのカテゴリに属するかを見つけるパターン認識の一形態です。2010年代には、ディープラーニングと呼ばれる機械学習の一分野の進展により、認識精度が飛躍的に向上し、大量の画像データから人や物体の特徴を高精度で認識できるようになりました。  本記事では、Python画像処理ライブラリや画像認識ライブラリを使用して、画像認識の基本や具体的な手法について解説します。パイソン画像処理に関心がある方にとって、画像処理PythonやPython機械学習画像認識のやり方についても詳しく紹介します。  人間の脳と機械やコンピューターの違い  人間は脳に蓄積されている情報から、画像を見るとそれが何なのか、記憶や経験から識別することができます。一方で、機械やコンピュータは画像の情報を単なるドットの集合体として理解します。これが何を意味するのか、そのままでは識別できません。  >>> もっと見る: 【2024年】最新AI技術と実用アプリケーション Python画像認識や画像処理Pythonなどのキーワードに焦点を当てると、この課題を解決するために機械学習や画像認識技術が活用されています。画像の特徴やパターンを機械に学習させ、対象となる画像がどの分類に属するかを識別したり、どのパターンに近いかを適合の状況として表示させることが可能です。   Python gazouやPython機械学習画像認識のキーワードを含む本記事では、画像解析Pythonにおいて、機械が画像を理解し識別するメカニズムについて詳しく解説します。また、Python画像処理ライブラリや画像認識ライブラリを活用して、画像認識やり方についても具体的に紹介します。これにより、パイソン画像処理に興味を持つ方にとって有益な情報を提供します。 2. AI 画像認識 でできること【物体検出】や【個数カウント】 2.1. DX促進  ビジネスにAI画像認識を導入することで、DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速します。画像認識導入における業務改善には、以下3通りあります。  業務の一環としてのAI画像認識  業務プロセスの一環として、Python画像認識や画像解析Pythonの技術を導入する方法があります。これは、AI-OCR(文字認識)を利用して帳票処理を自動化するなど、事務処理の一部を効率的に代行することができます。  業務の完全な代行と無人化  Python gazouやPython画像、画像処理Pythonなどのキーワードを活用し、AI技術を導入することで業務の完全な代行や無人化が可能です。例えば、監視カメラを用いて不審者を自動検知するシステムなどがこれに該当します。  新しいサービスの発展  Python機械学習画像認識や画像認識ライブラリを活かし、インターネット上に蓄積された膨大な画像データを高速で解析することができます。これにより、人間の能力では難しい処理がAI画像認識によって実現され、これまでにない新しいサービスの創出が進んでいます。パイソン画像処理や画像認識やり方も参考にしながら、未知の可能性を追求することができます。 2.2. 画像認識技術5選  ここでは、現在主流となっている画像認識技術を5つご紹介します。  物体検出  「人」「自転車」「車」などあらゆる物体を検出する技術です。人ごみ・渋滞している道路など、物体が重なり合うようなシーンでも個々を切り出すことができます。  顔認識(顔認証)  スマホのロック解除などでも使用されている技術です。性能は年々向上しており、例え双子でも現在の顔認証システムを突破することは難しくなっています。  文字認識(AI-OCR)  AI-OCRと呼ばれる技術です。従来は明朝体・ゴシックなど、決められたフォントしか認識出来ませんでしたが、AI-OCRでは手書き文字の認識も可能になりました。  個数カウント  前述の「物体検出」を応用した技術です。物体検出により物体の「位置」「種類」を識別したのち、種類ごとの個数をカウントします。  不良品検知  AI画像認識では、物体の形状・サイズ・色を識別できます。これにより、高い精度で物品の欠損・汚れ・欠陥などを検知できるようになりました。 3. Pythonを使った画像認識に必須のOpenCVとは AIを用いて画像認識を行う際に役立つライブラリには、OpenCV、Pillow、Scikit-imageなどがあります。その中でも代表的なのがOpenCV(Open Source Computer Vision Library)という、Intelが開発した画像・映像を扱うためのライブラリです。名前のとおりオープンソースなので、誰でも無料で使用できます。  OpenCVは、C++、Python、Javaで利用可能です。WindowsやMacOS以外にも、Linux、iOS、Androidなどの主要なプラットフォームをサポートしているため環境を問わず利用できます。  3.1. OpenCVの機能  OpenCVは、画像加工ソフトウェアで行うような処理をプログラムで行えます。  トリミング、リサイズ、左右反転、フィルター処理などは、AIで用いる学習データの前処理に使われます。検出したい対象を四角で囲んで場所を特定する物体検出は、AIの学習モデルを使用する際に使われます。  そのほか、画像データの色情報をRGBとして数値化し、プログラム内で使用できるようにリスト化できます。また、グレースケール変換も簡単に行えます。  3.2. […]

アプリ開発 February 22, 2024

アプリデザインのカテゴリーでは、ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、印象的なデザインスタイルを使用したアプリ構築エクスペリエンスに関するブログ投稿を共有します。 この有益な情報が、Newwave Solutions をより深く理解し、ソフトウェア開発分野での協力ユニットを選択する際により客観的な視点を持つのに役立つことを願っています。

  • ホームページ / アプリ開発 - Newwave Solutions Japan
  • 【2024年】最新AI技術と実用アプリケーション

    最新AI技術の導入を検討している方々の中には、他の業界や企業がどのようにこれを活用しているのかに関心を抱く方もいるでしょう。AIの統合によって業務効率化や人件費の低減などが期待され、その適用範囲は広範にわたります。  本記事では、ビジネス現場でAIを導入検討している企業の担当者の方々が情報を収集する際の一助となるよう、AIの最新状況とその技術の具体的な活用事例を紹介します。最新のAI技術を駆使することで、様々な業界で得られる成果をぜひご参考いただければ幸いです。 1. AIの基本知識と最新動向 1.1. AI(人工知能)とは?  AI(人工知能)は、コンピュータープログラムによって人工的に再現され、人間よりも高度な情報処理能力を持つ技術を指します。 近年、AI技術はさまざまな分野で活用され、生活をより便利にし、ビジネスモデルに変革をもたらしています。  AIのアルゴリズムを理解するために、以下の3つのアルゴリズムについて知識を深めることが重要です。  ニューラルネットワーク  エキスパートシステム  遺伝的アルゴリズム  これらのアルゴリズムを理解することで、最新AI技術の進化に対する理解が深まります。  1.2. 2045年にはAIが人間の知能を超える?  近年、AI技術は著しい進化を遂げ、人間の介入なしに自己学習し、最適な答えを導き出す能力を持つようになりました。AI技術の進展により、「従来よりもAIの知能が向上している」といえるでしょう。 2. 業務にAI技術を導入するメリット AI技術の導入により、業務の効率向上が期待されます。最新のAI技術を活用することで、事務の繰り返し作業を自動化し、簡単な問い合わせにも迅速かつ正確に自動応答できます。これにより、これまで人が担当していた業務をAIが最新かつ効果的に代替し、労働力不足の解消や人件費の削減が実現されます。異なる業種においては、危険な作業が存在するため、AIがこれらの業務を最新の技術で代替することで、怪我や事故のリスクを最小限に抑えることが可能です。最新のAI技術を導入することで、業務プロセスの最適化や効率向上に貢献し、企業の競争力を向上させることができます。  最新のAI技術を業界ごとに紹介する8つの事例  AI技術は様々な業界で広範に活用されています。このセクションでは、各業界におけるAI技術の最新事例を紹介いたします。業界ごとにAI技術がどのように活用されているかを解説し、導入を検討している方にとって有益な情報となることでしょう。  2.1. 製造業  製造業において、最新のAI技術が不良品の検品や在庫数の最適化に効果的に活用されています。具体的には、食品や機械メーカーの工場では、画像処理技術を駆使して不良品を効率的に検知し、それに連動したロボットアームが自動的に取り除くことが可能です。このプロセスにより在庫数を最適化し、余分な在庫を抱えずにコストの削減を達成できます。同時に、人材不足に悩む企業もAIが一部の作業を代替することで業務の効率化が期待でき、ベテランの技術の継承・再現が容易になります。これらの最新のAI技術は、製造業における生産性向上やコスト削減に寄与し、競争力の向上をもたらします。  >>> もっと見る: 画像認識とは?最新の画像認識活用事例5選 2.2. 金融業  金融業界は他社との差別化が困難な特徴がありますが、AI技術を導入することでその課題に対処しようとする企業が増えています。AI技術を利用してM&Aのマッチングや顧客ニーズに応じた商品提案などが可能になります。  2.3. 農業  AI技術を用いた収穫作業の自動化は、人間の負担を軽減するだけでなく、農業の信頼性向上にも寄与します。最新のAI技術を導入することで、作物の収穫が人手に依存せずに効率的に行われ、生産性が向上します。また、AI技術による収穫量の的確な予測は、出荷計画において安定感を提供し、農業プロセス全体を最適化します。これにより、農業業界は最新技術の導入による生産性向上と効率化を享受し、将来の発展に向けて一歩前進します。  2.4. 不動産業  不動産業界において、最新のAI技術が人手不足の解消に効果を発揮しています。不動産査定のサポートやお客様の要望に応じた物件の提案など、さまざまな業務がAI技術によって効率的に行われています。これにより、部屋探しにかかる手間や時間が大幅に削減され、利用者にとってはよりスムーズで満足度の高い不動産サービスが提供されています。AI技術の最新動向を取り入れることで、不動産業界は変革を遂げ、より効果的な業務プロセスが確立されています。  2.5. エネルギー業  エネルギー業界においては、最新のAI技術を駆使したエネルギー供給量の最適化が進展しています。最新AI技術を導入し、地域ごとのエネルギー需要を事前に的確に予測し、エネルギー供給を効率的かつ適切に行うことが可能です。これにより、エネルギーの無駄な使用を抑え、コスト削減や環境への負荷軽減が実現されます。また、余剰エネルギーの効果的な貯蔵や販売にもAI技術が活用され、エネルギー業界の未来への展望が一層広がっています。最新のAI技術を取り入れることで、エネルギー供給の合理化が促進され、業界全体の効率が向上します。  >>> もっと見る: OCRとは何か?5利点で会社の成長をサポート 2.6. 医療・介護  医療業界では、遠隔診断、入院患者の異常検知、カルテの解析、病気の早期発見のサポート、リハビリ支援のロボットなど、多岐にわたりAI技術が活用されています。介護業界では、入居者のモニタリングやケアプランの提案にAI技術が貢献し、業務効率が向上しています。  2.7. 物流  物流業界は長時間労働や人手不足、積載率の低下などの課題に直面しています。これらの課題を解決するために、AI技術の導入が進んでおり、過去のデータからの予測やドローン・ロボットを活用した自動化が進行中です。  2.8. 小売・サービス業  小売・サービス業では、AI技術を搭載した機械が店舗に置かれ、接客業務を担当している事例が増加しています。これにより、従業員の負担軽減や人件費の削減が実現されています。 3. Newwave Solutionsと一緒に最新AI技術を発展させる Newwave Solutionsは、最新AI技術を駆使して、革新的なAIソリューションの開発を推進しています。当社は、最新のAI技術を採用し、お客様のニーズに応じた最適なソリューションを提供しています。AI最新技術の導入により、様々な業界での最新事例を生み出し、お客様のビジネスを効果的かつ効率的に支援しています。Newwave […]

    アプリ開発 2024年2月22日

    【お役立ち】画像文字抽出の特徴と仕組み

    画像文字抽出は、紙文書をデジタル形式に変換して保存したり、整理したり、さらにはデータを翻訳したりと、さまざまな場面で役立ちます。そのためには、特徴や仕組みを理解するとともに、短時間で高い精度を実現し、作業を効率化する使いやすい画像文字抽出ツールが必要です。  この記事では、Newwave Solutionsが画像テキスト認識ソフトの特徴とその一般的な仕組みを紹介します。また、AI技術に関する情報も提供しています。それについて知りたい場合はご参考ください。  1.画像文字抽出 OCR画像とは?  OCR(光学式文字認識)は、光学センサーとカメラを使用して、さまざまな形式の文書や画像から情報を認識する技術です。この技術は、印刷文書内の文字の検出と認識だけでなく、手書きの注釈やスキャンされた文書の認識にも役立ちます。当社の高度なOCR技術を使用すると、画像からの文字認識が便利かつ効率的になり、面倒な手動入力方法と比較して時間と労力を節約できます。 2. オンライン画像からテキストへの抽出の特徴 2.1.人工知能(AI)による画像文字抽出  人工知能を統合した画像文字抽出は、画像から情報をインテリジェントに識別するだけでなく、テキスト化するプロセスにおいても高い効率を確保します。この技術は、文字や数字を含む画像文字の読み取りにとどまらず、数式の認識能力を拡張し、アプリケーションの柔軟性と創造性を高めます。  2.2.数学方程式の決定  画像の文字を読み取る機能に加え、数式を定義できる画像からテキストへの変換技術により、過度の精度を必要とせずに高い抽出性能を実現します。方程式の特定と処理における創意工夫により、ユーザーは時間と労力を節約できます。  2.3.手書きメモのテキスト化  画像からの文字抽出は、手書きのメモから電子ファイルを作成するプロセスを簡素化するだけでなく、簡単にテキストに変換することもできます。メモの鮮明な写真をコンバーターにアップロードするだけで、即座にデジタルテキストが作成されます。  2.4.ソーシャルメディアコンテンツの抽出  ソーシャルメディアプラットフォームでテキストを含む画像に直面した場合、OCRツールは写真をテキストに変換するだけでなく、迅速な結果も提供します。これにより、ソーシャル ネットワークでの素早い共有から情報の保存まで、さまざまな状況でのツールの適用性が高まります。  2.5.低品質の画像文字の抽出  画像からテキストへのコンバーターの優れた利点は、低品質の画像からテキストを抽出できることです。このプロセスにより、低解像度であっても画像をスキャンしてコンテンツを抽出する際の精度が保証され、さまざまな条件でのアプリケーションの可能性が広がります。  2.6.多くの画像フォーマットをサポート  画像からテキストへの変換は、少数の画像形式をサポートするだけでなく、さまざまな形式をサポートすることで種類を拡張します。JPG、PNG、JPEGなどのさまざまな画像形式から変換できる機能により、ユーザーの時間と労力を節約できます。  2.7.高精度の結果  高度なメカニズムと人工知能の統合により、画像からテキストへの変換ツールは絶対に正確な結果を保証します。詳細な画像スキャンと全文抽出が100%の精度で実行され、最高のユーザー エクスペリエンスを提供します。 3. 画像文字認識(OCR)はどのように機能するのか? 画像文字抽出 (OCR) 技術のアプリケーションについて、3つの基本的な手順を通じて説明します。この中では、OCRスキャナが画像からテキストを識別して抽出する重要な役割を果たします。画像からテキストを抽出する機能は、スキャナーの使用に限定されず、OCRテクノロジーを統合して、オンラインで画像を認識してテキストに変換します。同時に、OCRは文字を認識し、モバイルデバイスでのユーザーエクスペリエンスを最適化するためのiPhone OCRテキストなどの情報を画像から抽出する機能も提供します。    3.1. OCRでの画像の前処理   OCRソフトウェアは、認識が成功する可能性を最適化するための画像の前処理ステップとしてよく使用されます。画像前処理の基本的な目的は、実際の画像からの文字抽出データを改善することです。この処理により、不要な歪みが防止され、視覚的な機能が強化されます。これらの処理はいずれも、次のステップである画像からテキスト抽出をするために重要です。  3.2. OCRでの文字認識  実際の文字認識のプロセスでは、「特徴抽出」を理解することが重要です。ビッグデータの場合、パフォーマンスを確保するには、削減された特徴セットを選択することが重要です。選択された機能は必須になりますが、疑わしい機能は削除されます。縮小されたデータセットを使用するとパフォーマンスが向上し、画像からテキストへのOCRコンバーターツールは、最良の認識結果で画像をテキストに変換するのに役立ちます。  3.3. OCRでの後処理  後処理は、OCRで高精度を実現するための重要なエラー修正プロセスです。出力が語彙によって制限されている場合は、スキャンされた文書に表示できる単語のリストに戻ることで精度を向上させることができます。光学式文字認識は単語を識別するだけでなく、数字、文字、コードも読み取ることができます。OCR Onlineは、多くの分野で使用されるシリアル番号などの長い数字と文字の文字列の認識をサポートします。 4. まとめ AI技術や画像文字抽出ソフトウェアの開発パートナーをお探しの場合は、ぜひ当社までお問い合わせください。  Newwave Solutions Japanは、技術を活用して、画像からの高度で多様な文字抽出サービスを提供します。当社は単なるテクノロジーパートナーではなく、テキストと画像の処理プロセスを最適化したいと考えているあらゆるビジネスの信頼できるパートナーでもあります。 Newwave Solutions Japan は、継続的な技術革新に努め、お客様の技術体験を次のレベルに引き上げるための主要な文字抽出ソリューションを提供しています。デジタル変革の旅に参加し、ワークフローを最適化しましょう!  Related Posts VB.NETはどんなプログラミング言語?VB.NET言語の特徴とできること プログラミング言語Pythonとは?パイソンプログラミングのメリットと初心者向けの使い方 […]

    アプリ開発 2024年2月22日

    Vue.JSとは?Vue.JSの特徴、メリット、利用時の注意点

    Vue.jsとは、JavaScriptを使ったアプリ開発のエンジニアに注目されている技術のひとつです。Vue.jsを利用することで、アプリ開発の効率化や品質向上を図ることができます。本記事では、Vue.jsとは何かという概要から、Vueフレームワークを利用するメリットや特徴、注意点などをご紹介します。  また、プログラミング言語に関する情報も提供していますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。  1. Vue.JSとは?  Vue.js、または単にVueは、アプリ開発中にユーザーインターフェイスを構築するためのJavaScriptフレームワークです。Vue.jsは単なるライブラリではなく、プログレッシブ・フレームワークのコンセプトに基づいて設計された強力なフレームワークです。開発者のEvan You氏が提唱したプログレッシブ・フレームワーク(段階的に適用できる構造)という概念のもとで設計されています。  Vue.jsは単なるツールではなく、シンプルなプロジェクトから複雑なアプリケーションまで、インターフェースを構築するためのオープンチャンスです。デプロイ後もアプリケーションが成長し続ける中で、Vue.jsは重要なサポート・ソースです。仕様が徐々に変更されたり、新しい機能が次々と追加されたりすると、元のフレームワークについていくことが難しくなることがあります。しかし、Vue.jsであれば、既存のアプリケーションへの組み込みや新機能の追加による拡張が容易に行え、あらゆる要件に柔軟に対応することができます。  例えば、既存のWordPressサイトの一部にVue.jsを使ってユーザーインターフェースを構築することができます。 2. Vue.JSの特徴  Vue.jsは、ユーザーから見える部分をシンプルかつ高速に対応できるフレームワークです。また、開発チーム間で作業を共有しやすい形式でファイルを処理することで、開発を効率化できるのも特徴です。  2.1. 仮想DOMによる高速にレンダリングする  Vue.jsは、ウェブページの読み込みと実行を素早く行うことができる、スピード性能に優れたフレームワークです。これは、Vue.jsが「仮想DOM(Document Of Model)」と呼ばれる仕組みを使っているためです。  仮想DOMは、ウェブページの要素をJavaScriptのパーツとして管理し、差分だけを再描画します。画面に変化があったときにWebページ全体を再描画する必要がないため、スムーズな表示が可能です。  >>> もっと見る:【最新】Djangoとは何か?Pythonの人気があるフレームワーク 2.2. データの変更を自動的に反映する  アプリの構造はMVCパターンで「Model」、「View」、「Controller」という3つの機能に分かれています。Vue.jsは、このモデルの「View」、つまり視覚的な部分をうまく処理するフレームワークです。  Modelは、データの管理や保存、外部入出力、内部操作などのロジック関連の処理を担当します。Viewは、ユーザーの入力や操作を受け付けたり、画面表示などのUI関連の処理を担当します。 ViewModelはModelとViewの状態を監視し、状態に変化があれば必要に応じてそれぞれに通知します。さらに、仮想DOMはロジックとユーザーインターフェースの分離を助け、状態を追跡しながら処理を行います。  2.3. 機能ごとにファイルを分割する  Vue.jsは、ひとつのファイルにHTML、CSS、JavaScriptを記述できるvueファイルを扱うことが可能です。ブラウザはvueファイルをそのままでは扱うことができないため、 コンパイラを通してHTMLファイル、CSSファイル、JavaScriptファイルなどに変換します。この仕組みをシングル・ファイル・コンポジション(SFC)と呼びます。vueファイルを機能ごとに分割して処理するメリットは、作業の分担がしやすいことです。   2.4. Vue.JSでシングルページアプリケーションが簡単に開発できる  Vue.jsはシングルページアプリケーション(SPA)の開発に適しています。シングルページアプリとは、ウェブサーバーから情報を読み込んでJavaScriptで上に表示し、ページ遷移を行わずに更新が必要な部分だけを再描画するアプリのことです。つまり、ウェブサーバーとの通信コストを削減し、素早く画面を切り替えることができます。  2.5.使いやすく、コストパフォーマンスが高い  JavaScriptのフレームワークは、それぞれ独自の記号を持っています。Vue.jsはHTMLに近い書き方ができるため、ReactやAnglerよりも理解しやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。また、日本語の文章教材や、動画コンテンツによるオンライン学習サービスなど、学習をサポートする教材も充実しています。  >>> もっと見る: Laravelとは? Laravelを使う際の11個の特徴と注意点 3. Vue.JSのメリット  3.1. データが同期される  Vue.jsは、内部で管理されているデータをシームレスに画面に反映させるリアクティブシステムを持っています。リアクティブシステムとは、データ同士が連動し、どちらかのデータが更新されると、もう一方のデータも更新される仕組みのことです。具体的には、JavaScriptで処理されたデータと、Viewとしてユーザーに表示されるDOMデータの同期を指します。データ同士を結びつける処理はデータバインディングと呼ばれます。  データを同期させるためには、HTML要素に特別な属性を与える必要があります。属性はディレクティブと呼ばれ、その名前はVue.jsが提供する属性であることを示す”v-“で始まります。v-bindは、JavaScriptのデータが更新されるとDOMのデータも更新される一方向のバインドとしてデータを定義するディレクティブです。v-modelは、双方向のバインドデータを定義するディレクティブで、v-bindの操作に加えて、ユーザーがフォームからデータを入力するたびにJavaScriptのデータも更新します。  3.2.小さな部品を組み合わせてアプリを作る  Vue.jsはコンポーネントを組み合わせてアプリケーションを構築します。コンポーネントとは、それ自体が完結できるプログラム(関数)に分割された小さな部品のことです。そのため、コンポーネントは何度でも使えるように再利用性が高い必要があります。コンポーネントを使うことで、一貫性を保ちやすくなるため、開発効率の向上が期待できます。  3.3.ウェブフロントエンド開発  Vue.jsは、Web開発における「フロントエンド開発」に特化したフレームワークです。フロントエンド開発とは、ユーザーのWebブラウザ上で動作し、画面を制御するプログラムを開発する部分を指します。Webアプリケーションでは、ユーザーとWebサーバーとのやりとりが頻繁に発生します。SPAでは、ほとんどの処理がユーザーのブラウザ側で完結するため、サーバーとの通信を最小限に抑えることができます。  4. まとめ  Vue.jsはJavaScriptフレームワークの中でも注目度が高く、多くのメリットがあり、需要が高まっています。特にVue.jsは現在の開発現場で役立つ機能が多いため、今後Vue.jsを使った開発に携わるエンジニアは、Vue.jsの基礎から学んでおきましょう。  Vueフレームワークを使った開発パートナーをお探しなら、Newwave Solutions Japanにご相談ください。Vue.jsをベースに、柔軟な画面切り替えが可能なダイナミックなWebアプリケーションを開発し、お客様のあらゆるご要望にお応えします。Vue.jsの中で、当社の創造性は、優れたユーザー体験を提供するだけでなく、今日のデジタル時代におけるビジネスの繁栄を支援します。  Newwave Solutions […]

    アプリ開発 2024年2月22日

    AI OCR: 効果的な開発サービス選びの秘訣

    技術開発や製造の現場だけではなく、最近ではスマートフォンの機能や自動運転技術などにも活用されていることで知名度が高まっていくAI(人工知能)は、あらゆる分野での活躍が期待されています。本記事では、AI OCR(文字 認識 AI)とは何か、AI OCRとOCRの違い、メリットという基礎知識から、OCR最新技術の選定・導入時に注意すべき3つのポイントとその解決策と具体的な活用事例について解説します。  1. AI OCRとは?  AI OCRとは 、画像データに記載された文字をデータ化するOCRに、AIを搭載した技術のことです。AI OCRを活用すると、従来は読み取りが難しかった手書き文字の認識精度が向上します。手作業で行っていた帳票のデータ入力作業が効率化するため、業務の生産性が高まる点がメリットです。AI OCRは、製造業、金融機関、自治体等、さまざまな業界で導入されています。  さらにAI OCRは、従来のOCRでは難しかった手書きの文字列や、非定型フォーマット文書の文字の認識が可能といったメリットがあり、その適用可能な業務範囲の広さが、注目を浴びているのです。  2. AI OCRとOCRの類似点と違い 2.1. 識字率(文字の認識精度)が高い  従来のOCRは、あらかじめ決められたロジックの範囲内でしか、文字の識別を行えませんでした。しかしAI OCRはAIの特徴である深層学習(ディープラーニング)などの技術により、識字率(文字の認識精度)が向上していきます。具体的には乱筆文字,区切り線のないフリーフォーマットの手書き文字,罫(けい)線被り文字などの複雑な手書き文字の読み取りが可能になります。  2.2. 多様なフォーマットの帳票に対応できる  従来のOCRは、事前に読取位置や項目など、読み取り対象の書類の詳細を定義する作業が必要でした。しかしAI-OCRならAIが読取位置や項目を自動抽出してくれるため、事前の面倒な設定が不要になります。請求書や納品書、発注書など取引企業ごとに様式が異なる非定型帳票、契約書などの任意様式の文書の文字認識が可能です。  2.3. RPAとの連携でさらに業務効率が向上  従来のOCRでは、例えば紙の請求書の情報を会計システムなどに入力しようとした時、情報ごとの対応付けや部門、科目などの仕分けなど、人手による作業が残っていました。また、そもそも決まったフォーマットの帳票しか対応できない点も、大きな足かせとなっていました。  3. AI OCRの種類  3.1. 汎用×定型フォーマット型  読み取る帳票の種別は特に限定されていない「汎用」ですが、読み取る帳票のフォーマットは「定型」となるタイプです。そのため帳票のフォーマットを定義したうえで、文字 認識 AIなどの指定を行う必要があります。定型フォーマットを使うため、OCR最新技術やOCR Deep Learningを利用した文字等の抽出精度は高くなるものの、事前の設定準備に時間がかかってしまうデメリットがあります。  3.2. 汎用×非定型フォーマット型  読み取る帳票の種別は「汎用」となりますが、読み取る帳票のフォーマットは「非定型」となるタイプです。AIに帳票のフォーマットを学習させることで、人間が行うフォーマットの定義作業が不要です。一方、学習に必要なデータ収集や学習させるために時間がかかるデメリットがあります。また、AI-OCRとはなどの語句が学習に使用され、読み取った帳票の中に新規フォーマットが紛れていた場合には、事前に学習されていないことから読み取りができなかったり、読み取り精度が低くなるケースもあります。  4. 業務特化×非定型フォーマット型  読み取る帳票の種別は「特定種別」で、帳票のフォーマットは「非定型」となります。あらかじめ導入時にAIへのフォーマット学習が済んでいるので、ユーザーがAI-OCRと文字 認識 AIなどを学習させる手間がかからず、多岐にわたるフォーマットの帳票を読み取ることが可能です。そのため、処理する対象の帳票が請求書や納品書などに限定されていて、大量の作業が発生する企業の場合は多大な業務の効率化が期待できます。ただし、特定の帳票に限定されるというデメリットがあります。  5. 適切なAI OCRサービスを選ぶ方法  5.1. 読み取り精度が実運用に耐えられるか  AI-OCRで一番抑えるべき要素は許容できる程度に精度が高いかどうかです。誤字が多発するようでは、データ化後の修正時間に多く稼働をとられてしまい、直接入力したほうが早い、といった事態を招きかねません。導入前に、現場で使っている実書類で読み取りテストを行い、どの程度読み取れるかを確認すると、実運用で耐えられるかどうかを確認できるのでオススメです。  5.2. 設定やアップロードが簡単にできるか  精度が高くても、設定やアップロードの操作が複雑では、運用を回せるようになるまえに断念してしまう可能性があります。操作方法をデモIDやトライアル契約をして実際に操作が習得できるか確認しましょう。  […]

    アプリ開発 2024年2月22日

    OCRとは何か?5利点で会社の成長をサポート

    DXやSDGsの取り組みが活発化する現在、紙書類のデジタル化やペーパーレス化に取り組む企業が増えています。OCRはますます注目を集めている技術です。OCRは古くから使われている技術ですが、近年改めて注目されています。OCRとはの基礎や活用するメリット、実際に導入している企業の事例などをわかりやすくご紹介します。紙の文書のデジタル化や生産性の向上に関する課題に直面している場合は、このガイドをご覧ください。  1. OCRとは何か(文字認識)? OCRとは何ですか?紙に印刷された文字は、印刷された文字や手書きの文字をカメラやスキャナなどの光学的手段でデータとして取り込み、OCR技術でデコード(文字認識)することでテキストデータに変換できます。コピーして業務システムに貼り付けたり、システム上で検索したりすることが簡単に行えます。  そのため、紙に書かれた文字をデジタルデータとして利用するには、まず人間がそれを読み取ってテキストに変換する必要があります。これをデータ入力といいます。しかし、ただ文字を入力するだけでは非常に非効率で時間もかかります。OCRは人間に代わってこの作業を実行します。  2. OCRの重要性と利点  2.1.データ入力タスクの簡素化  請求書や書類などのデータを手動で入力するのは時間がかかり、エラーが発生する可能性が高くなります。多くの企業では、月初めに書類の入力量が急増し、時間外の処理が必要になる場合があります。OCRテクノロジーを実装することで、スキャンを通じて文書を簡単に保存できるため、データ入力の労力が大幅に軽減されます。  2.2.保存されたデータの効果的な取得  紙文書をスキャンしてデジタルデータに変換し、文書の内容からキーワード検索することができます。通常のスキャナーは文書を画像形式で保存するため、文書の内容を見ないと判断するのは困難です。しかし、OCRを適用することでテキストデータに変換され、キーワードによる検索が容易になります。これにより、必要な文書をすばやく見つけたり、重要なテキストを取得したりできます。OCRを使用して画像データをテキストに変換することも、データ量を削減し、メモリ領域を節約するのに役立ちます。  2.3.ドキュメントの簡単な変更と変換  OCR技術はデータをデータに変換するだけでなく、Word、Excel®、PowerPoint®などの形式にデータを変換することもできます。これにより、ビジネス文書の修正が容易になります。紙の文書を変更する場合、段落、表、または図の位置を変更し、変更を加えた後に文書を再印刷することが必要になる場合があります。しかし、デジタルデータを使用すると、精密な修正が可能で、段落のズレも自動で修正され、画像の位置も簡単に変更できます。これにより、時間のかかる非効率なタスクが効率化されます。  3. OCRが文字をデータに変換する仕組み  3.1.ドキュメントのイメージング  帳票や書類などの書類をスキャナーやカメラを使って画像データに変換します。変換の際は精度を高めるため、原稿の表面を汚さないように注意してください。  3.2.レイアウトの確認  画像データの配置をご確認ください。文字、方眼、写真などの構造を理解し、それを文字として解釈する方法を検討します。  請求書など毎回レイアウトが変わる文書を非定型文書と呼びますが、その都度レイアウトを指定する必要があり、非定型文書に対応した機能が必要です。  3.3.文字列認識  行、列、見出しなどを識別し、文字がどのように文を形成するかを決定します。OCRは通常、各文字を個別に調べますが、AI-OCRは通常、文字のグループを認識して区別します。  3.4.文字認識  文字列を見て、各文字の特徴的な点を個別に特定してみましょう。文字に色が付いていたり、文字がかすれていると精度が落ちますのでご注意ください。また、OCRが読み取るすべてのデータを信頼しないでください。これは、フォームに記入する人が間違った情報を入力した可能性があるためです。  3.5.フォーマットされた出力  OCRは文書をデータ化してファイルとして出力できます。Excel形式での出力が多いようですが、テキストデータやPDFなど複数の出力形式もあります。一般化する今回はOCRの基本から活用例までをご紹介します。OCRを利用すると作業が効率化されるだけでなく、文書情報をデータとして扱うことができます。  企業がドキュメント関連の業務効率化やデータ利活用の促進に課題を抱えている場合は、ここで取り上げた情報に基づいてOCRの導入をご検討ください。  Newwave Solutions Japanは、ベトナムで長年ソフトウェア開発に従事してきた会社です。当社には、日本のクライアント向けのOCRプロジェクトの開発と提供において12年以上の経験があります。OCR開発サービスにご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。どんな細かなご質問にもお答えいたします。  Related Posts VB.NETはどんなプログラミング言語?VB.NET言語の特徴とできること プログラミング言語Pythonとは?パイソンプログラミングのメリットと初心者向けの使い方 アプリ言語の種類 – プログラミング言語紹介 | 2023年 【初心者向け】C言語とは?C言語の特徴やできることをわかりやすく解説

    アプリ開発 2024年2月22日

    NestJSとは? NestJSの特徴、およびNode.jsのメリット

    JavaScriptによるバックエンド開発の主流とされていたExpressを凌駕し、シェアを二分するまでに発展したNestJSは、今後のWeb開発において重要なフレームワークとされています。NestJSは、Node.jsを使用して、効率的かつ柔軟にサーバーサイドのアプリケーションを開発するためのフレームワークです。本記事では、NestJSとは何か、その特徴、メリット・デメリット、そして基本的な使い方について詳しく説明します。 1. NestJSとは? NestJSは、サーバーサイドのアプリケーションを構築するためのフレームワークで、最新の「JavaScript」で開発されており、「TypeScript」も利用可能です。オブジェクト指向プログラミング、関数プログラミング、そしてリアクティブプログラミングの要素を組み合わせて構築されている点が、NestJSの特徴です。  1.1. バックエンド開発のフレームワーク  NestJSは、Node.js上で動作するバックエンド開発のためのフレームワークです。Node.jsは、もともとユーザー側で動作するJavaScriptをサーバー側で実行できるプラットフォームであり、Node.jsを導入することで、サーバー側でのJavaScriptによる実装が可能になります。  1.2. NestJSはTypeScriptで構築されている  NestJSは、Node.js上で動作するバックエンド開発のフレームワークです。フロントエンド開発においては、JavaScriptやTypeScriptが主流ですが、NestJSを用いることで、バックエンド開発もTypeScriptで統一することができるようになります。近年はさまざまな現場でTypeScriptが採用される中、バックエンド開発にはJavaScript(Node.jsを利用した場合)やPHP、Pythonなどが用いられることが多いです。NestJSを導入すれば、普段からTypeScriptを使って開発をしている人が、そのままバックエンド開発に着手できます。  1.3. NestJSが活躍している現場  NestJsは、Node.js上で動作するバックエンド開発のフレームワークです。日本においてはベンチャー企業が使用することが多いですが、国外ではグローバル企業がWebサービスの開発にNestJSを採用した例が目立ちます。Webアプリケーションの開発では、REST APIやGraphQLアプリケーションなどが、NestJSによって開発されることが増えています。 2. NestJSの特徴 2.1. Angularにインスパイアされたフレームワーク  AngularとNestJSは、JavaScriptやTypeScriptで構築されるWebアプリケーション開発において異なる役割を果たす2つのフレームワークです。AngularはクライアントサイドのWebアプリケーションを構築するためのフレームワークであり、一方でNestJSはNode.jsを使用してサーバーサイドアプリケーションを構築する専用のフレームワークです。これらのフレームワークは、開発される「場所」が異なるため、それぞれがNode.jsとフレームワークを利用して独自の特性を持っています。  2.2. Expressを発展させて作られている  NestJSはExpress.jsをベースとして開発されたフレームワークで、似ている点が5つあります。  ミドルウェア機能  ルーティング  「TypeScript」サポート  モジュール化  DIコンテナ  3. NestJSの基本的な使い方 ここからは、NestJSの基本的な使い方を、以下の流れに沿って説明していきます。  Node.jsをインストールしよう  Nest CLIをインストールしよう  プロジェクトを新規作成しよう  これからNestJSを学習したいと考えている方は、ぜひご参考にしてください。 さらに、django とは何か、lavarel とは何かについてのドキュメントも提供しています。必要であれば参照してください。 4. NestJSのメリット 4.1. 「TypeScript」の型を使って効率的な開発ができる  NestJSの利点は、「TypeScript」の型を活用して効率的な開発が可能な点です。TypeScriptは、「JavaScript」に静的型付けを導入した上位互換のスクリプト言語であり、開発中に型エラーを早期に検出できます。このため、開発者は実行時のエラーを事前に回避でき、コードの品質向上が期待できます。型が存在し、エラーが容易に検知されるこの利点は、高い保守性に繋がり、実際の開発現場において作業効率の向上に寄与します。Node.jsをベースにした NestJS は、これらの特長を活かしてフレームワークとして多くの開発者に支持されています。  4.2. Expressの機能やライブラリをそのまま使える  NestJSはExpressを基盤にしているため、Expressの機能やライブラリを直接利用できます。既存のExpressアプリケーションをNestJSに移行することも容易であり、Expressが提供する豊富なライブラリを活用することで、開発者は柔軟にアプリケーションを拡張することができます。  4.3. Nest CLIで各種テンプレートを生成できる  Nest CLIは開発者が希望に応じてテンプレートを変更できる柔軟性も持っています。開発者は、必要に応じて依存関係やミドルウェア・パッケージなどを自由に追加でき、プロジェクトに最適なカスタムテンプレートを作成できます。アプリケーションの基本構造を自動的に生成でき、Nest CLIを使用してテンプレートを容易に使用または変更することで、開発者は効率的に作業を進めることができます。  4.4. […]

    アプリ開発 2024年2月22日

    注目の記事

    Newwave Solutions株式会社のTo Quang Duy氏(CEO)が2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人に入る
    2023年3月24日午後、Newwave Solutions株式会社のTo Quang Duy氏(CEO)は、創造的労働と経済発展の分野における優れた功績により、2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者の賞を受賞できましたこと大変光栄に感じております。この賞は、Duy氏のキャリアにおける誇りと重要なマイルストーンであるだけでなく、Newwave Solutionsの社員が今後さらに努力するモチベーションにもなっています。 「ベトナム首都の顔」の若者10人は、ホーチミン共産青年同盟中央委員会が、各個人を称え、あらゆるレベルとセクターの政府及び社会全体の注目を教育に惹きつけつつ、若者が従うべき良い模範を示すための、各分野で優れた功績を上げた35歳未満の典型的な個人を表彰する名誉ある賞です。 オンライン投票システムからの参照結果と、審査委員会が各個人を分析、議論、多くの要素考慮した結果によって、3月10日午後、2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人の投票結果がThanh Nien, Dan Tri, Kinh Te & Do Thi新聞など多くのオンライン新聞やベトナム国営メディアチャンネルに掲載されました。 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人を表彰 – QDND新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人を発表 – VTV新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人について – Tien Phong新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人を発表 – Kinh Te & Do Thi新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人の新規2人について – Dan Tri新聞 1. Newwave Solutions株式会社のTo Quang Duy氏‐経済発展における代表者 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者の投票により、創造的労働と経済発展の分野で最も著名なNewwave Solutions株式会社のCEOであるTo Quang Duy氏はスタートアップビジネスの分野での「ベトナム首都の顔」と発表されました。過去数年間の優れた功績と貢献が評価されました。 Newwave Solutions株式会社のCEOを7年間務める Newwave Solutions株式会社をベトナムのソフトウェア開発トップ10社に導き、Sao Khue、Top 10 ICTなど、国内外の多くの素晴らしい賞を受賞 ソフトウェア開発およびプロジェクトマネジメント12年の経験 FPTソフトウェアの最年少プロジェクトマネージャーとなった FUNiX、FPT […]
    アプリ開発 February 22, 2024
    IT企業訪問ツアー ジュニアソフトウェア開発者向け|Newwave Solutions X FPT Aptech
    企業訪問は、学生と実際に働いている産業界との最初の交流の場であり、どの科目においても重要な位置を占めています。Newwave Solutionsでは、本社での企業訪問を随時受け付けているため、IT業界を目指す学生は、技術トレンドについて学んだり、興味のある分野について考えを巡らせたりすることができます。Newwave Solutionsにおけるジュニアソフトウェア開発者向けIT企業訪問については以下で見ていきましょう。 Newwave Solutionsでジュニアソフトウェア開発者向けIT企業訪問 今年10月、Newwave Solutions x FPT-Aptechの企業訪問を開催することができました。1999年に設立されたFPT-Aptechは、ベトナムで20年以上IT教育を行っているIT専門学校です。実際、当社のソフトウェア開発者の中には、FPT-Aptechを卒業した者もいます。また、毎年相当数のインターン生を受け入れています。 10月10日、Newwave SolutionsはFPT-Aptechの新入生とジュニアのために1日企業訪問を開催しました。学生たちはハノイにあるNewwave Solutionsの本社を訪問し、ITビジネスについて疑問に思っていたことをすべて解決することができました。 このツアーの主な目的は、FPT-Aptechの新入生とジュニアソフトウェア開発がITプロフェッショナルと出会い、知識共有のセッションを行い、IT業界におけるキャリアの選択肢についてオリエンテーションを受けることです。 3名の上級講師及び30名以上の学生が、Newwave Solutionsの職場環境を目の当たりにすることができました。ISO9001認証の要件であるセキュリティプロトコルに従わなければならないため、いくつかの制限はありましたが、このツアーは教科書や教科、さらには教室を超えて、IT業界で応用されている技術やスキルを学生に学ばせることができます。 さらに、ライン1・マネージャーのLan氏、マーケティング・マネージャーのKhanh Ly氏、人事部リーダーのHien氏から、ITに関するさまざまなトピックについて回答を得ました。 Lan氏は、ウェブサイト開発、ブロックチェーン開発、コーディングの基礎に関して、IT業界に関する多くの質問に答えました。また、彼のインスピレーションに満ちたキャリアストーリーは、受講初期の段階でも、情熱のある分野を見つけ、それを追求する動機付けとなりました。 その後、Khanh Ly氏は、学生たちが実際のソフトウェア開発チームがどのようなもので、各メンバーがどのように協力しているかを理解できるように、当社のIT開発者マネージャーのもとへ皆を案内してくれました。そして何より、FPT Aptechの学生は、20年以上の経験を持ち、様々な分野や言語にわたって働くことができるNewwave SolutionsのIT開発者トップに会う貴重な機会を得ました。 最後に、履歴書のレビュー、面接の準備、キャリア選択について、人事部のリーダーであるHien氏が指導してくれました。企業訪問の終わりには、ミニゲームが用意されており、学生たちはNewwave Solutionsでの企業訪問を思い出すことができるよう、多くの特典を手に入れました。 以下は、Newwave Solutionsにおける新入生とジュニアソフトウェア開発者向けの企業訪問ツアーについての感想です。  「今回のツアーで、生徒たちはソフトウェア開発業界の未来を垣間見ることができました。また、私たち教師にとっても、将来のニーズに合わせたカリキュラムを計画する上で、実に参考になるものです。帰ってきてからのNewwave Solutionsの企業訪問に関する学生のプレゼンテーションが待ち遠しいです。」(FPTの上級講師より)  「この訪問は、IT企業が学生に何を期待しているのか、ITソフトウェア業界の一員になるために何から始め、何をすべきなのかを明確に理解する機会を与えてくれました。さらに、CEOであるTo Quang Duy氏には感銘を受けました。」(FPT-Aptechのコンピュータアプリケーションの講師より)  「Newwave Solutionsの会社訪問で貴重な知識を得ることができ、今回が初めてのソフトウェア会社訪問でした。今後のプロジェクトについて多くのアイデアを得ることができました。また、インターンシップやIT業界で得られる多くの仕事の機会についても教えてもらいました。個人的には、ハノイの主要なIT企業を訪問できたことをとても嬉しく思います」。(FPT Aptechの学生より) まとめ このような企業訪問は、学生に実際の職場環境を体験させるとともに、IT業界の実践的な見方を提供します。さらに、ITの職場に直接触れることで、理論的な学習と実践的な体験との間のギャップを埋めることもできます。Newwave SolutionsでのIT企業訪問により、FPT Aptechの新入生やジュニアソフトウェア開発者が、ベトナムのIT開発者からすべての答えを得る機会、IT業界の未来、特に何が自分に合うかを判断する機会となったことを願っています。 2011年に設立されたNewwave Solutionsは、ソフトウェア開発サービス、ソリューション、およびメンテナンスを提供するグローバル企業です。当社の専門技術と業界のエキスパートが、スタートアップ企業、中小企業、大企業に、それぞれのお客様のニーズに合った優れたソフトウェアモデルを提供しています。 ソフトウェア開発プロジェクトについて、私たちから無料コンサルテーションを受けることができますので、今すぐお気軽にお問い合わせください! Related Posts VB.NETはどんなプログラミング言語?VB.NET言語の特徴とできること プログラミング言語Pythonとは?パイソンプログラミングのメリットと初心者向けの使い方 アプリ言語の種類 – プログラミング言語紹介 | 2023年 【初心者向け】C言語とは?C言語の特徴やできることをわかりやすく解説
    アプリ開発 February 22, 2024
    New Wave(新しい波)とNew Success(新しい成功)-11周年を迎えました。
    Newwave Solutionsにとって、節目の年である2022年がやってきました。11周年をを祝う年です。 🔹11年間、お客様にサービスを提供してきました。 🔹11年間、常にお客様の満足を第一に考えています。 🔹11年間、イノベーションに取り組んでいます。 🔹11年間、努力し、忍耐し、そして汎用性のある対応をしています。 🔹11年間、サービスの品質が当社のブランドの特徴です。 🔹11年間、現在と未来に目を向けています。 11年間でいつも支えてくださり、ありがとうございます!!! 2011年にNewwave Solutionsが設立されて以来、11年が経ちました。私たちの使命は、常に誠実で正直、そして常にお客様の利益を考え、ソフトウェア開発サービスを提供することです。私たちは、このミッションから外れることなく、お客様とともに決済環境をナビゲートできたことを誇りに思っています。また、業界のトレンドを常に把握し、その変化について常にお客様にアドバイスしてきました。 過去11年間で、Newwave Solutionsは300人以上の従業員を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発アウトソーシング企業に成長し、世界30カ国以上に影響を与えています。11月17日は、Newwave Solutionsの11回目の誕生日です!この機会にぜひ、Newwave Solutionsの11回目の誕生日を祝い、特典を利用しましょう! 成功への鍵 Newwave Solutionsは11年前に設立され、これからももっと発展し続けます。私たちは、スタートアップから大企業まで、キャリアを成功させるための支援に情熱を注いでいます。 さらに、ベトナムのソフトウェアアウトソーシング当社は、従業員が最高の能力を発揮できるよう、非常に協力的で協調的な環境を提供しており、したがって、顧客満足度とプロジェクトの成功が保証されています。私たちは、成功のために協力することを信じ、常にベストを尽くし、お互いをサポートすることを約束します。 11年前、このような高い理想を掲げて出発した私たちは、会社や社員だけでなく、お客様にも変化をもたらすことができたと思います。誰かの人生を変えたと言われることほど、充実したことはありません。とはいえ、私たちにはまだまだ長い道のりがあり、300人を超える献身的な社員と、愛用するお客様のサポートなしには実現できないのです。 私たちの成果 📌 2022年のSao Khue 賞 📌ベトナムのICT企業トップ10 📌 Clutch社による2022年のベトナムのトップB2Bソフトウェア企業 📌 Clutch社による持続的成長企業トップ100 Newwave Solutionの11年にわたるパートナーシップ 新しい波と新しい成功 Newwave Solutionが歩んできた道のりの中で、提供するサービスの品質と専門性に基づいて認められた大きな実績があります。2013年、Newwave Solutionsは品質に関するISO/IEC 27001認証を取得しました。また同年、Newwave Solutionは、Vingroupのような多くの有名な国内企業のソフトウェア開発のパートナーになりました。これらは、新しい成功を作るという私たちの旅の素晴らしいスタートです。現在、私たちはその素晴らしいパフォーマンスを維持し、ベトナムのソフトウェアアウトソーシング企業トップ1になるための道を歩んでいます。  実際、今年2022年10月、Newwave SolutionsはVINASA – ベトナムソフトウェア協会からベトナムのICT企業トップ10の1社に選ばれています。前述の賞の他にも、様々な有名な組織やレビューサイトから複数の賞を受賞し、評価されていることを光栄に思います。これは今後もさらに成功するように努力することの鼓舞です。ここでは、11年間のソフトウェア開発サービスの提供を通じて、私たちが達成した最高の成果をいくつかご紹介します。     Manifestによるベトナムのソフトウェア開発企業トップ100社―3位     Clutch社によるベトナムのブロックチェーン技術企業トップ15―1位     Clutch社よるベトナムの.NET開発企業トップ15―1位     Clutchによる2022年のベトナムのB2Bソフトウェア企業トップ   […]
    アプリ開発 February 22, 2024

    ベストなITソリューションをお探しですか

    お問い合わせ
    ベストなITソリューションをお探しですか?

    Newwave Solutions Japan株式会社

    Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
    - 税コード:0105627951
    - 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

    icon-map Newwave Solutions
    Newwave Solutions株式会社
    1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
    View Map
    icon-map Newwave Solutions
    Newwave Solutions Japan株式会社
    〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
    View Map
    Up To Top