12 +
年の実績
800 +
件のプロジェクト成功
500 +
社のお客様
300 +
名のプロチーム

事業内容

Newwave Solutions Japanは、IT分野におけるお客様の信頼できるパートナーであることを誇りに思います。ベトナムのトップ情報技術大学を卒業し、ISTQBなどの国際的な専門資格を取得した専門家チームを擁し、お客様のビジネスにスマートなソリューションを提供することをお約束します。弊社の専門家チームは全員5年以上の国際プロジェクトに参加した経験があり、最高品質のサービスを提供する自信があります。

800以上の信頼できるビジネスパートナー

当社のポートフォリオ

お客様の声

Newwave Solutions Japanでは、常に最高の製品を継続的にお届けできるよう努めています。このような努力は、お客様からの親切な言葉やフィードバック、レビューによって報われています。ここでは、お客様から頂いた嬉しいお言葉の一部をご紹介します。

Newwave Solutionsの開発チームは、双方が合意した期限を見事に守ってくれました。当社のプロジェクトは厳しく限られた時間の案件でしたが、すべての作業を計画通りに完了し、期待を超える優れた品質の製品を提供してくれました。プロジェクトの各段階におけるNewwave Solutionsの開発チームの正確さと綿密さは、彼らの高いプロ意識を示しました。
Andrew Che - CEO
最高経営責任者 - Morning Geek Technology Pte, 株式会社
Andrew Che
Newwave Solutionsの開発チームは、双方が合意した期限を見事に守ってくれました。当社のプロジェクトは厳しく限られた時間の案件でしたが、すべての作業を計画通りに完了し、期待を超える優れた品質の製品を提供してくれました。プロジェクトの各段階におけるNewwave Solutionsの開発チームの正確さと綿密さは、彼らの高いプロ意識を示しました。
Review
最高経営責任者 - 丸井織物株式会社.
宮本 智行様
状況に応じて臨機応援に対応していただいていますので、安心してパートナーシップを構築することができます。Newwave Solutions社は、非常にプロフェッショナルな勤務態度で私の期待に応えてくれました。今後も機会がございましたら、迷わずNewwave Solutions社を選び、協力を続けていきたいと思います。
review 2
最高経営責任者 - 株式会社 ネイティブ クリエイション
泰雄 坂井様
Newwave Solutionsさんは、2015年から現在まで継続してシステム開発をお願いしています。 当社には未だ開発経験が少ない分野での開発技術について手厚いサポートをいただき、一緒になって取り組んでいただきました。またオンサイトでの開発も長期間対応いただき、開発状況の変化にも柔軟に対応いただきました。品質に対しても重要事項として取り組みされており安心できます。これからは、より効率的な開発ができる提案もいただきながら、協力を継続いただけるようお願いしたく存じます
review
日通システム株式会社
幹治 松浦様

成功したプロジェクト

なぜ私たちを選ぶのですか?

qweqwe
14日間のリスクフリートライアル

正式な契約書の締結をする前に、金銭的なリスクなしに当社のサービスを体験することができます。

2営業日以内に体験開始

機会費用を大幅に節約できるだけでなく、無駄な待ち時間を省くことができます。

柔軟な採用モデル

定額制、延長制、タイム&マテリアルの中から、お客様の業務に最適なモデルを選ぶことができます。

480時間保証

プロジェクトが終了した後も、製品の成功を保証します。

NDAで100%保護

▪️ISMS - ISO 27001:2013認証 ▪️プロジェクト開始前にNDAの締結を行い、お客様の情報をすべて非公開にします。

プロジェクトの進捗更新

日報・週報・月報の形で、またはお客様が要求するたびに、プロジェクトの進捗状況を報告します。

なぜ私たちを選ぶのですか?

Newwave Solutions - Best Reviewed Blockchain Developer 2022 by The Manifest
ニュース
November 16, 2022

Newwave SolutionsはManifestによって「Best Reviewed Blockchain Developer 2022 Global Awards」に選出される

ソフトウェア開発業界で11年以上の経験を持つNewwave Solutionsは、多くの特別賞を受賞し、世界中の多くの新興企業や大企業から信頼されるパートナーであることを証明してきました。今日、私たちの成功に新しい実績を追加することを誇りに思っています。Manifestから最新のBest Reviewed Blockchain Developerグローバル大賞を下記よりご確認ください。 Manifest大賞2022とは? Manifestは、企業の成長に必要なサービスを結び付ける、ビジネスニュース及びレビューサイトです。そのコンテンツの大半にはデータに基づくベンチマーク、ハウツーガイド、及びIT企業を特定し連絡を取りやすくするためのエージェンシー候補リストなどです。 毎年、Manifestの分析家は、何百ものサービスプロバイダーを調査し、どのIT企業がこの賞に値するかを決定します。賞を獲得した企業は、1年間に顧客からの素晴らしいレビューや推薦によって、その能力を証明しなければなりません。そのため、Manifest大賞は、多くの企業から高い信頼を得ています。 Newwave Solutions – Manifestによる2022年ベストレビューブロックチェーン開発者 2022年が終わろうとしていますが、Manifestは今年11月にGlobal Industry Awards(グローバル・インダストリー・アワード)を発表したばかりです。Newwave Solutionsは、Manifestが2022年のブロックチェーン開発企業の中で、最も推奨されレビューされた企業の1社に選ばれたことを光栄に思います。 「2022年に最も推奨され、レビューされたブロックチェーン企業の1社として評価されたことを誇りに思っています。お客様一人ひとりの継続的な信頼とサポートに非常に感謝しています。」とNewwave Solutions の CEO、To Quang Duy氏が述べました。 10年以上の継続的な成長により、Newwave Solutionsの開発チームは、わずか5人から、複数のプログラミング言語での経験を持つ300人以上の専任ソフトウェア開発者へと進化してきました。弊社の開発チームは、ソフトウェア開発、ウェブ開発、ブロックチェーン、AI、IoTなどの新興技術など、さまざまな分野に対応しています。 ソフトウェアのトレンドは移り変わるものですが、Newwave Solutionの開発者は、常に主要な技術トレンドに対応したスキルを将来的に備えています。そのため、私たちのチームは、多くのレビューサイトやManifestなどの企業によって、最高のブロックチェーン開発者のリストに位置づけられる資格を十分に持っているのです。 実際、Newwave Solutionsのブロックチェーンチームは、ジュニアブロックチェーン開発者、シニアブロックチェーン開発者、Web3開発者、暗号開発者まで多岐にわたっています。長年にわたり、私たちは50以上のブロックチェーンとブロックチェーンベースのプロジェクトを成功させてきました。もちろん、私たち自身のNFTゲームであるInfinity Arenaは言うまでもありません。 ブロックチェーン開発サービス及びブロックチェーン開発者について 決済の安全性を確保するための新しく信頼性の高い方法、スマートコントラクト、NFTの開発、あるいは単にマイクロトランザクションの改善などの希望がある場合、弊社のブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーンに関する知識を実践し、お客様のビジネス目標の達成を支援します。 経験豊富なブロックチェーン開発会社として、スタートアップ、ビジネス、および企業がより透明で効率的、かつ自動化されたビジネスを設計するために、最も信頼性の高い、高度なブロックチェーンソリューションを企業に提供します。10年以上の経験を持つ弊社のソフトウェア及びブロックチェーン開発会社は、Ventuno、T-Sky、Microsoftなどの有名企業のパートナーであることを誇りにしています。 主に取り組んでいるブロックチェーン開発プラットフォームには、Ethereum、Stellar、Ripple、Polygon、EOS、Binance、Cardano、OpenChainが含まれています。人気のあるすべてのブロックチェーン技術、スマートコントラクトプラットフォーム、カスタムブロックチェーンソリューションで、弊社の仮想通貨開発者とブロックチェーン開発者は多くの複雑なプロジェクトを完了しました。以下は、提供したブロックチェーン製品およびサービスの一部です。     自動・手動ICOダッシュボード:ICOトークン販売を利用してプロジェクトの資金を調達しようとしている仮想通貨スタートアップ企業にブロックチェーン開発サービスを提供しています。     トークンのリリースとマイグレーション:トークン所有者が新しいバージョンをリリースし、簡単にアップグレードできるように支援します。 例:v1トークンからv2トークンへ     NFTマーケットプレイス開発:ユーザーがNFTを作成、管理、販売できる独自の分散型NFTマーケットプレイスプラットフォームを開始します。     暗号ウォレットソフトウェア:弊社のブロックチェーンアプリ開発サービスは、暗号通貨を保管し取引するための安全なウォレットソリューションを設計します。     ブロックチェーン及びNFTゲーム開発:Newwave Solutionsのブロックチェーン開発者は、最高のツール、技術、ブロックチェーンフレームワークを活用したモバイルアプリとゲーム開発に特化しています。 Newwave Solutionsは、ソフトウェアおよびブロックチェーン開発サービスをご利用いただいた皆様に心から感謝します。弊社のチームに対するお客様のサポートやレビューを拝見し、お客様をパートナーとして迎えることができ、とてもありがたく感じています。皆様から刺激を受け、モチベーションを高めています。これからも、大切なお客様と一緒に仕事をする機会を増やし、新しいお客様との出会いを大切にしていきたいと思います。 ブロックチェーン開発会社をお探しの方は是非ベトナムのトップシニアブロックチェーン開発者がいる受賞歴のあるNewwave Solutions にお問い合わせくださいませ。

March 14, 2023

Newwave Solutions株式会社のTo Quang Duy氏(CEO)が2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人に入る

2023年3月24日午後、Newwave Solutions株式会社のTo Quang Duy氏(CEO)は、創造的労働と経済発展の分野における優れた功績により、2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者の賞を受賞できましたこと大変光栄に感じております。この賞は、Duy氏のキャリアにおける誇りと重要なマイルストーンであるだけでなく、Newwave Solutionsの社員が今後さらに努力するモチベーションにもなっています。 「ベトナム首都の顔」の若者10人は、ホーチミン共産青年同盟中央委員会が、各個人を称え、あらゆるレベルとセクターの政府及び社会全体の注目を教育に惹きつけつつ、若者が従うべき良い模範を示すための、各分野で優れた功績を上げた35歳未満の典型的な個人を表彰する名誉ある賞です。 オンライン投票システムからの参照結果と、審査委員会が各個人を分析、議論、多くの要素考慮した結果によって、3月10日午後、2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人の投票結果がThanh Nien, Dan Tri, Kinh Te & Do Thi新聞など多くのオンライン新聞やベトナム国営メディアチャンネルに掲載されました。 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人を表彰 – QDND新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人を発表 – VTV新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人について – Tien Phong新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人を発表 – Kinh Te & Do Thi新聞 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者10人の新規2人について – Dan Tri新聞 1. Newwave Solutions株式会社のTo Quang Duy氏‐経済発展における代表者 2022年を代表する「ベトナム首都の顔」の若者の投票により、創造的労働と経済発展の分野で最も著名なNewwave Solutions株式会社のCEOであるTo Quang Duy氏はスタートアップビジネスの分野での「ベトナム首都の顔」と発表されました。過去数年間の優れた功績と貢献が評価されました。 Newwave Solutions株式会社のCEOを7年間務める Newwave Solutions株式会社をベトナムのソフトウェア開発トップ10社に導き、Sao Khue、Top 10 ICTなど、国内外の多くの素晴らしい賞を受賞 ソフトウェア開発およびプロジェクトマネジメント12年の経験 FPTソフトウェアの最年少プロジェクトマネージャーとなった FUNiX、FPT […]

February 29, 2024

システム開発費用相場

システム開発費用は、システムの種類や規模、実行する必要な機能の数などによって大きく異なります。システム開発費用相場と変化要因を理解することは、企業が適正な価格を判断するのに役立ちます。  この記事では、業務効率化や新サービス展開のためにシステム開発を検討している経営者やIT担当者向けに、システム開発費用相場について解説します。この記事を読めばシステム開発費用相場が分かり、大幅なコストを節約することができます。  1.システム開発費用相場  システム開発にかかるコストの約8割はシステム開発者の人件費と言われています。人件費以外にも諸経費がかかります。  人件費:開発者の人件費や工数にかかるコスト  その他の費用:サーバー保守費用、ソフトウェアライセンス料など  システム開発費用相場を概算する場合は、実装したい機能や必要な規模・難易度に応じて必要となるエンジニアの人件費を考慮してください。  では、人件費はどのように計算される?  システム開発の人件費は「人月」で決まります。  人件費は「人月 ×人月単価 ×開発期間」で計算されます。各項目の解説は以下になります。  人月:システム開発に必要な開発者の数(1ヶ月)  人月単価:エンジニア1人が1ヶ月作業した際の費用  開発期間:システム開発に必要な期間(○ヶ月)  3 人の開発者が 3 か月でシステムを開発するとします。開発者全員の月額単価が60万円の場合、(3人×60万円/月)×3ヶ月となり、必要な人件費は540万円となります。  システムの規模や実現したい機能の数によってシステム開発の難易度や開発フェーズが異なるため、人件費も大きく異なります。  >>> もっと見る: 【2023年版】C#のフレームワークは? C#アプリ開発 2. 開発者の月額単価を変える3つの要素  開発者の月給は、次の要因によって異なります。  開発者の経験・役職  開発者が働く会社の規模  開発者が所属する会社の領域  同じ内容のシステム開発を複数の会社に依頼する場合でも、上記の要素によって費用が異なるため、会社によって見積り金額は異なります。  推定コストを比較および検討する場合は、1人あたりの月額料金が高くなる背景と要因を理解することが重要です。  2.1.開発者の経験・役職  開発者の月給は開発者の経験や勤務地によって異なります。開発者のスキルが高くなるほど、1人あたりの月額料金は高くなります。チームリーダーとプロジェクトマネージャーは、プログラマーやシステムエンジニアよりも一人当たりの月平均給与が高くなります。  エンジニアの経験・役職別の人月の相場は以下のとおりです。  開発者の経験・スキル  人月単価  PM(プロジェクトマネージャー) PL(プロジェクトリーダー)  70万~200万円  PG(プログラマー) 下請け・フリーランス  40万~80万円  PG(プログラマー) 大手企業  60万~100万円  SE(システムエンジニア) 初級  80万~100万円  SE(システムエンジニア) 中級  100万~120万円  SE(システムエンジニア) 上級  120万~200万円  出典: […]

February 29, 2024

Webアプリ開発 – Webアプリ開発を開始するための7つのステップ

Webアプリ開発は儲かる急速に成長している業界であり、売上高は2023年まで1,662億ドルに達すると予想されています。この上昇傾向は今後も続き、2023年から2027年の年間成長率は7.12%になり、市場規模は2027年まで2,188億米ドルと予測されています。  米国は、この分野で最も高い収益を生み出すと予想されており、2023年まで約820億3,000万米ドルに達します。これらの数字は、Webアプリ開発の大きな可能性と需要の増大を浮き彫りにしており、Webアプリケーションが、成功したキャリアを築きたい開発者にとってやりがいのある分野となっていることを示しています。  この記事は、Webアプリ開発の7つのステップ、メリットとデメリット、フレームワーク、Webアプリの作り方について学びましょう。 システム開発サービスについて知ろう。  1. Webアプリケーションとは? Webアプリケーション (またはWebアプリ) は、Web開発テクノロジーを使用して構築されたインタラクティブなアプリケーションであり、ユーザーはブラウザーからアクセスできます。  プログラムのクライアント側 (フロントエンド) はユーザーがデータを入力するところであり、サーバー側 (バックエンド) はデータの保存と処理を管理します。WebアプリケーションとWebサイトは概念的に関連しているため、この2つの間には多くの類似点があります。  Webで使用するアプリケーションプログラムを構築することをWebアプリ開発と呼びます。これらのプログラムは、リモートサーバーからインターネット経由でユーザーのデバイスに送信されます。Webアプリケーションは、最初にダウンロードしなくても、ネットワーク経由でアクセスできます。エンドユーザーは、Google Chrome、Safari、Mozilla FirefoxなどのWebブラウザを通じてWebアプリケーションにアクセスできます。JavaScript、CSS、HTML5は、オンラインアプリケーションを作成するための最も一般的な言語です。 2. Webアプリケーションの仕組み Webアプリケーションはネットワーク経由でアクセスされるため、ダウンロードする必要はありません。代わりに、ユーザーはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Opera、Safariなどのブラウザを通じてWebアプリケーションにアクセスできます。  Webアプリケーションは、Webサーバー、アプリケーション、データベースサーバの3層から構成されています。Webサーバーはクライアントからのリクエストを管理し、アプリケーションサーバーはリクエストを処理し、データベースは情報を保存します。  Webアプリケーションの基本的な流れ:  ユーザーは、Webブラウザまたはアプリケーションのインターフェイスを介して、インターネット経由でWebサーバーへのリクエストを開始します。  Webサーバーはブラウザからリクエストを受け取ります。  次に、Webサーバーは、適切なWebアプリケーションサーバーにリクエストを処理するように指示します。  アプリケーションサーバーは、要求されたタスクを実行し、結果を生成します。  Webサーバーは、ユーザーが要求した情報を画面に表示します。  Webアプリケーションは通常、クライアント側 (ユーザーインターフェイス)で開発するために JavaScript、HTML5、またはCSSで実装されます。ASP.NET、PHP、JavaおよびRubyは、サーバー側の開発によく使用されます。 3. Webアプリケーション設計のメリットとデメリット 3.1 メリット  Webアプリケーションは、Web閲覧時のエンゲージメントを重視するユーザーのエクスペリエンスを向上させる効果的なオプションです。  速度とコスト: ネイティブアプリの開発と比較して、Webアプリ開発は高速で低コストです。したがって、市場投入までの時間を短縮することが主な目標である場合、Webアプリ開発は企業にとって最良の選択です。  クロスプラットフォームの互換性: クロスプラットフォーム機能により、WebアプリをAndroid、iOS、Mac OS、Windows Phoneに簡単に適合させることができます。さまざまなデバイスに対するWebアプリケーションの応答性も、オペレーティングシステムの要件を排除するのに役立ちます。  ブラウザ間の互換性: アクセス可能なURLを使用して、Webアプリケーションはデバイスのブラウザ上で実行されます。Google Chrome、Internet Explorer、Firefox、Bingなどの現在のすべてのWebブラウザは、最新のオンラインアプリケーションと互換性があります。  運用コストの削減: Webアプリ開発は、運用コストを削減する優れた方法です。さまざまなシステムのメンテナンス、定期的なデバイスの更新、ハードウェアの購入に関連するコストの削減に役立ちます。  更新操作も簡単: サーバーをアップグレードするだけで、Webアプリケーションの更新が簡単になります。  カスタマイズ性: Webアプリ開発のメリットには、ユーザー固有の機能が含まれます。信頼性の高いインターネット接続があれば、これらのプログラムはブラウザを通じて簡単に利用できます。必須な機能のみがカスタムWebアプリケーションにデプロイされるため、時間とコストが節約されます。  セキュリティの強化: Webアプリケーションの開発には専用サーバーがよく使用され、熟練したサーバー管理者が継続的な管理とメンテナンスを担当します。  […]

February 28, 2024

コーディングとは?事例、メリットや仕組みについて

インターネットの爆発的な普及により、データ情報の共有や交換はより簡単かつ迅速になっています。しかしその一方で、情報の盗難やハッカーの侵入など、様々なリスクも生じています。そこで、この問題を解決するためにコーディングが生まれました。では、コーディングとは何か、コーディングには基本的にどのような種類があるのか、本記事で調べてみましょう。  1.コーディングとは?  コーディングとは、情報セキュリティにおける単にデータ情報を権限のない人が理解できないように変換するプロセスのことである基本的な概念です。Webの文脈では、不正な読み取りや侵入から重要な情報を保護するために、しばしばWebコーディングが実装されます。  この技術は、暗号文と呼ばれるデータをコードに変換する一連の構造を通して、以前に確立されたコーディングツールを使用します。そのためには、コーディングのアルゴリズムにおける特殊な文字列であるコーディングキーを使ってデータを変更し、読めなくします。 コーディングは、コンピュータに保存された情報の保護に役立つだけでなく、インターネットやコンピュータネットワークを介して送信されるデータの安全性も確保します。これは、情報の盗聴を防ぐだけでなく、セキュリティ組織や認証の規制や要件にも準拠しています。  具体的な例としては、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準(PCI DSS)です。PCI DSSは、クレジットカードなどの決済データを公共ネットワーク経由で送信する際や、保存時にコーディングすることを義務付けています。コーディングは、対象を侵入リスクから守り、重要なデータの安全性を確保する上で重要な役割を果たしています。  2.コーディングのアルゴリズムとは?  コーディングのアルゴリズムとは、不正な読み取りや侵入から情報を保護するために、データを暗号文に変換する方法です。このプロセスでは、一連のアルゴリズムが一貫してデータを変更するために適用され、元の情報が理解できなくなるほどの混乱が生じます。しかし、この情報は適切なコーディングキーを使用することで簡単に解読することができます。  SNOW、AES、3DES、RSA、Ellipticなど、多くの一般的なコーディングのアルゴリズムが使われています。各アルゴリズムにはそれぞれ独自のアプローチとセキュリティの仕組みがあります。例えば、RSAのような非対称Webコーディングのアルゴリズムは素因数分解問題を用いるため、クラッキングが複雑になります。ハッカーは解読するために元の整数を特定しなければならないが、これは困難で難しい作業です。これにより、RSA アルゴリズムではブルートフォースクラッキングがほぼ不可能になります。  3.プログラミングとコーディングの違い  簡単に言うと、Webコーディングとは、Webサイトの正確なデザインを表示するために、プログラミング言語でソースコードを作成するプロセスです。つまり、プログラミング言語を使って、Webサイトのインターフェースや機能をデザインします。コーディングとプログラミングの違いは、プロジェクトの範囲にあります。コーディングは、Webサイトのデザインを表示するためのソースコードを作成することに焦点を当てた、プログラミングプロセスのごく一部であるのに対し、プログラミングは、デザイン、ソースコードの作成、テスト、エラーの発見と修正に至るまで、Webサイトを作成するプロセス全体が含まれます。  4.コーディングがもたらすメリット  今日のサイバーセキュリティ戦略は、特に多くの企業がクラウド・コンピューティングに移行するにつれて、データのコーディングの統合にますます依存するようになっています。企業の業務を安全かつ効率的に対応できるコーディング手法は数多くあります。  特に、ビジネスや社内コミュニケーションにおける電子メールの重要性を考えると、電子メールのコーディングは重要な対策の1つです。金融や医療などの業界では厳格な規制が可能ですが、施行が難しい場合もあります。一般的なオペレーティングシステムや電子メールクライアント用のコーディングソフトを使用することで、電子メールを安全に送信するプロセスが簡素化されます。  ビッグデータには、プライバシーを遵守するための継続的な保護も必要です。コーディングとトークン化の技術を導入することで、クラウドを横断するデータを保護し、クロス・クラウドの運用を加速することができます。  決済セキュリティの分野では、Webコーディングのソフトウェアが決済カード情報などの機密データを保護する上で重要な役割を果たし、PCI DSSなどのセキュリティ基準への準拠を支援します。  上記のサービスと対策を組み合わせることで、コーディングは機密性を確保するだけでなく、認証、否認防止性、情報の完全性を保証し、安全でセキュアなシステムを構築します。  5.コーディングの仕組み  前述の通り、コーディングはコーディングのアルゴリズムとコーディングキーを使用してデータの変更・解読をします。例えば、ユーザーAが「Hello」というメッセージをユーザーBに送信する際、通常通りにテキストを書くのではなく、特定のルールに基づいて文字を変更します。簡単な例としては、文字をアルファベットの別の位置に移動させることです。このとき、「Hello」は「Jgnnq」に変更されます。コーディングキーを持つユーザーBは、このルールを逆にして解読し、「Hello」を取得することができます。  これは単純な例に過ぎず、多くのコーディング技術は非常に複雑なアルゴリズムを使用しており、データ情報の保護を確実にしています。コーディングされたデータはランダムにスクランブルされますが、コーディングキーを使用して解読できるように一定の方法で行われます。  このデータは、インターネット環境で保存または送信されている間にコーディングすることができ、重要な情報の安全性とセキュリティを確保するのに役立ちます。  6.まとめ  特に多くの企業や個人がオンラインサービスを利用する中、コーディングはオンライン上の情報を保護する上で重要な役割を果たしています。Webコーディングは、Webサイトデザインの分野におけるコーディングプロセスの応用です。これにより、送信時や保存時にデータの安全性を確保することができます。コーディングに関しては、高いセキュリティを確保するために、Webサイトのデザインに組み込まれることがよくあります。情報を特定の方法でスクランブルするためにコーディングの手順が実行され、権限のない人からコンテンツを隠すためにWebコーディングが作成されます。  各コーディングプログラムの違いは、異なるアルゴリズムと方法の使用に反映されます。セマンティック・エンコーディングの場合、情報はコーディングされたときにその意味を保持したまま変換されます。一般的な技術の一つであるHTMLコーディングは、HTMLコードを一般的な記号や文字に変換することで、XSS(クロスサイト・スクリプティング)攻撃からWebサイトを保護します。  要するに、Webコーディングは単にプログラミング・プロセスの一部というだけでなく、オンライン情報を保護し、今日のWeb環境における安全を確保するための重要な戦略なのです。 

February 26, 2024

Newwave SolutionsにARCTEC株式会社のオフショア開発センターを開設

2024年初頭の雰囲気の中で、ARCTECと共に、ベトナムのNewwave SolutionsにARCTECのオフショア開発センターを開設しました。 2024年1月10日、Newwave Solutions本社(ハノイ)にてオフショア開発センター(ODCセンター)のオープニングイベントが開催されました。このイベントは双方の発展に価値をもたらすだけでなく、世界中の顧客のニーズに応え、コミュニティにも利益をもたらします。 オープニングイベントには、Newwave SolutionsとARCTECの代表者が出席しました。具体的には次のとおりです。 ARCTEC株式会社 · 高橋和希氏 – DXソリューション推進部の副部長 · 喜多一氏 – 代表取締役 Newwave Solutions · To Quang Duy氏 – CEO · Nguyen Thanh Trung氏 – COO · Pham Ngoc Khanh氏 – BRSEリーダー · Nguyen Ngan Ha氏 – 日本市場セールスリーダー · プロジェクトチームメンバー12名 署名とオープニングテープカットの前に、双方は感情を表明し、Newwave Solutionsの代表者は、過去2年間に3つのプロジェクトによって達成された成果について報告を行いました。 CEOのTo Quang Duy氏は、この場に来られた喜びと光栄の気持ちを次のように語りました。 「今日のオープニングイベントに出席できて幸せで光栄に思います。このイベントは、仕事の質を裏付けるだけでなく、顧客サポートにおけるNewwave Solutionsの過去2年間の成功を裏付けます。また、双方にとって協力とビジネスを拡大し、社会に多くのソリューションを提供する機会でもあります。」 今までは、Newwave Solutionsの開発チームはプロジェクトの実装プロセスについてお客様と詳細に話し合いました。ARCTECの喜多一氏は「Newwave Solutionsのおかげで、今日のオープニングイベントに参加する機会を得ることができました。私たちはCEOのTo Quang Duyの言葉に100%同意し、プロジェクトのさらなる発展を楽しみにしています。Newwave […]

February 24, 2024

【2024年最新版】ブリッジSEとは?SEの平均単価

1. ブリッジSEとは?  ブリッジSE(Bridge Software Engineer、BrSEの略語)またはブリッジエンジニアは、会社とお客様をつなぐ責任者です。BrSEの仕事は、顧客の目標や要件を確認することで、プロジェクト実施チームをサポートすることです。同時にBrSEは、顧客がチームの製品開発工程を明確に理解できるようサポートします。この役割のおかげで、BrSEは両者が互いを理解し、プロジェクト開発工程が首尾一貫したものとなり、高いパフォーマンスを達成できるよう支援します。このタスクを遂行するために、ブリッジSEは、リクエストの受領段階から製品の引き渡しプロセスまで、プロジェクトの進捗状況を注意深く監視する必要があります。  2. SEの平均単価  Estatによると、一般的なSE単価は38万円前後で、タスクや担当業務によって変動します。一般的に、5年以上の経験を持ち、オフショア開発プロジェクトに参画した実績のあるITエンジニアは、平均よりも高単価となります。   一般的にSE単価を見ると、大半が初心者と中級者であることがわかります。キャリアアップにはコスト増がつきものですが、その価格を果たすのはごく一部です。高単価を果たすためには、優れた技術や経験だけでなく、それ以外の要素も欠かせません。  2.1.エンジニアの相場は業界によって異なる  ITには様々な職種があり、エンジニアの価格も様々です。一般的には、顧客と直接やり取りをしたり、要件定義やシステム設計などの業務を担当したりすると、仕事の流れが上の段階に行くほど、相場が上がっていきます。ITエンジニアの中でも、プロジェクトマネジメントなどの全体的な仕事を請け負う人は、平均よりもSE単価の相場が高くなっています。  逆に、テストや運用・メンテナンスなどの工程がすでに確立されており、特別な知識や専門的なスキルを必要としない場合は、単価を下げることができます。企業規模や経験年数、仕事の大きさによる違いを見ることができます。システムエンジニアやITエンジニアの場合は総務省の査定によると、単価表が変わることもあります。  詳細は以下をご参照ください。  レベル  人月単価  新人エンジニア  60万円~80万円  中級エンジニア  80万円~100万円  シニアエンジニア  100万円~140万円  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 2.2. SE単価は地域によって異なる  SE単価は業種によって異なるほか、地域によっても異なります。これはインフラコストや生活コストの違いによるものです。  例えば、同じオーダーでも、大都市では月平均100万円のSE単価が、地方や都市部の小規模な地域では60万円から70万円に下がることもあります。一方、物価の安い国では30万円を下回ることもあります。  地域と業種の2大要素に加え、経験年数や業務規模もSE単価に影響します。 3. ブリッジSEを使用する際のメリットとデメリット  ブリッジSEは、ITに関する知識だけでなく、顧客と開発チームの間の作業プロセスにおいて重要な役割を果たします。さまざまなメリットとデメリットがありますので、ブリッジSEを利用するには、プロジェクトの効果と成功を確実にするための慎重な検討と適切な判断が必要です。  3.1. ブリッジSEのメリット  情報技術エンジニアをプロジェクトに組み込む最も顕著な利点のひとつは、効果的なコミュニケーション能力です。このエンジニアは、顧客と開発チームの間で正確な情報伝達を支援するだけでなく、両者の対立や誤解を解決する上でも重要な役割を果たします。  さらに、ブリッジSEのサポートと進捗管理は、関係者に十分かつ適切な情報を提供しながら、すべての作業を円滑に進めるのに役立ちます。特に、リーズナブルな価格で豊富な経験を持つITエンジニアを採用できれば、プロジェクトに大きなプラスとなるでしょう。  3.2. ブリッジSEのデメリット  しかし、すべてが完璧というわけではなく、ブリッジを使用することでデメリットも生じます。小規模なプロジェクトでは、ブリッジSEを雇用するコストを慎重に検討する必要があります。前述したように、SE単価は決して小さくはなく、十分な価値をもたらさないこともあるため、慎重に検討する必要があります。  考慮すべきもう 1 つの側面は、ブリッジSEの能力と経験です。  このブリッジSEが効果的に働かなかったり、プロジェクトに対する深い理解がなかったりすると、作業工程に好ましくない障害が生じる可能性があります。   また、上流工程も困難になる可能性があります。ブリッジSEは、しばしば意思決定の仲介役を務めなければならず、これが遅延を生み、プロジェクトの柔軟性を低下させます。  4. まとめ 全体として、ブリッジSEを使用するかどうかは、プロジェクトの規模、予算、プロジェクトの特殊性など、多くの要因に依存します。しかし、正しく導入されれば、ブリッジSEは顧客と開発チームを強固に結びつける有用なリソースとなるでしょう。  Newwave Solutions Japanは、先進的なITソリューションを提供するだけでなく、お客様のアイデアと当社の専門家チームの創造性の間に強固な架け橋を築きます。ブリッジSEのサービスは、単なるワークフローの一部ではなく、当社が請け負うすべてのプロジェクトにおいて、深い理解と長期的な成功を引き出す鍵なのです。 

February 24, 2024

ODCとは?オフショア開発センターの意味を解説

日本のIT業界は、特にAI、データサイエンス、クラウドコンピューティングなどの先端技術分野で深刻な人材不足に直面しています。若い人材も減り、人材育成が難しくなっています。そこで、この状況を打破する方法として「オフショア開発センター(ODC)」が利用されるようになっています。  では、ODCとは何ですか?ODCとはどういう意味ですか? Newwave Solutionsで説明させていただきます。また、オフショア開発に興味がある方は【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説の記事もぜひご覧ください。  1. オフショア開発センター(ODC)とは? オフショア開発センター(ODCの略語)とは、海外国で活躍しているセンターがソフトウェア開発サービスを提供することを指します。ODCは、日本よりも人件費が安い外資系企業のソフトウェア開発モデルの一つです。具体的には、IT専門家チームが担当し、一定期間(通常3か月~1年程度)プロジェクトを実施します。  ODCのメンバーは?  開発チーム(Development Team): UX/UIデザイナー、テスター、フロントエンド・バックエンド・フルスタックエンジニアなど、ソフトウェア開発プロセスに直接関与するIT専門家が含まれます。利用者に提供する製品を完成させます。  ソフトウェアアーキテクト(SA – Software Architect):システムインフラストラクチャを構築し、製品の整合性とパフォーマンスを保証する責任を負う人です。  プロジェクト管理(PM – Project Manager):顧客にコンサルティングし、適切なサービスを提案し、プロジェクトの進行状況を計画および管理し、すべての作業がスムーズに進むようにします。  ビジネスアナリスト(BA – Business Analyst):顧客のニーズを分析して開発計画を策定し、ソリューションや戦略的文書を提供します。  品質保証(QA – Quality Assurance):製品の品質を保証し、プロジェクトの進行状況を監視して、製品が品質基準を満たしていることを確認する人です。  翻訳および通訳サポートチーム:ブリッジSE、ITコミュニケーターなど、社内チームと顧客の間で文書の翻訳および通訳を担当する専門家です。  2. ODCの意味は?オフショア開発センターのメリット ODC(オフショア開発センター)は単なる経営戦略ではなく、企業にとって大きな意味をもたらします。  2.1.コストの最適化  ODCは、日本よりも人的コストが低い国で開発することで、コスト面で大きなメリットをもたらします。これは、国内で働くエンジニアを雇用する場合と比較して、特に重要です。例えば、日本とベトナムを比較すると、ベトナムの人件費は日本の1/3から1/2しかありません。  コスト削減は人件費に適用されるだけでなく、インフラストラクチャやその他の多くの要素など、さまざまな側面に関係します。特に、ODCはシステム開発仕様に変更があった場合のコスト削減に役立ち、開発プロセスの柔軟性と節約を促進します。  2.2.高品質のIT専門家チーム  ODCオフショア開発室を配置するためにトップITの国を選択するということは、高品質のリソースを活用する機会があることを意味します。優れたIT教育システムとより多様なエンジニアがいる国では、日本のリソースでは提供できない可能性のある有能な労働力が確保されていることがよくあります。  さらに重要なのは、システム開発を安定したIT専門家チームに委託することで、プロジェクトをスムーズに進めることができるということです。保守、運用、インフラストラクチャ管理などのタスクだけを担当してもらえれば、作業プロセスはよりスムーズかつ効率的になります。  2.3.柔軟な開発と時間の最適化  ラボ型開発はアジャイル思考の使用を通じて実現され、柔軟な開発が可能になります。一方、受託開発はウォーターフォールで行われるため、開発途中で仕様を変更することができません。  ラボ型開発アプローチでは、完璧であることが主な目標ではなく、MVP (Minimum Viable Product) を使用することで、最小限の仕様を考え出し、ユーザーからのフィードバックに基づいて改善を続けることができます。これにより、ユーザーの反応に応じて仕様を柔軟に実験および調整できます。  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 3. Newwave Solutions Japanにおけるオフショア開発センター Newwave Solutions JapanのODCサービスは、コストの削減に役立つだけでなく、他の多くの重要なメリットももたらします。ODCの使用により、為替レートの違いにより人件費が削減され、採用、トレーニング、オフィスインフラストラクチャなどに関連するコストが削減されます。これはプロジェクトの総コストの削減に大きく貢献します。  採用プロセスを厳密に管理することで、当社は定期的に精査され、顧客の期待を確実に満たし、それを超える高品質のIT人材を提供することに尽力しています。これにより、柔軟性があり、プロジェクトのあらゆる変更にすぐに対応できる質の高いチームを構築することができます。  […]

February 24, 2024

【ベトナムオフショア開発】評判の良いオフショア開発企業トップ10社

ベトナムの情報技術セクターが爆発的に成長するにつれ、外国企業にとってベトナムオフショア開発会社を見つけることはますます困難になっています。この問題を解決するために、ベトナムで評判の良いベトナムオフショア開発会社10社のリストを紹介します。このリストは、顧客およびベトナムのIT協会からの評価やレビューに基づいています。  ベトナム経済は情報技術(IT)の分野で力強く成長しています。世界中の多くの企業が、ベトナムオフショア開発のパートナーを見つけるためにベトナム市場に関心を寄せています。しかし、ベトナムで適切なベトナムオフショア開発パートナーを選ぶことは、困難かつ重要なタスクです。  そこで、顧客からのレビュー、ソーシャルメディア上の評価、評判の良いウェブサイトからの技術評価、そして業界に関する深い知識に基づいて、ベトナムオフショア開発におけるトップ10社のリストを紹介したいと思います。この記事は、ソフトウェア開発プロジェクトのパートナーをより自信を持って選択するのに役立ちます。 1. Newwave Solutions Japan株式会社 Newwave Solutions Japanは、ハノイ (ベトナム) に本社を置き、東京 (日本) に支社を置いています。 Newwave Solutions Japanは、2011年に設立されたベトナムの大手ベトナムオフショア開発会社であることを誇りに思っています。  当社のオフショア開発サービスは、モバイルアプリ開発、ソフトウェア開発、Webシステム開発、ゲームデザイン、DXデジタルトランスフォーメーション、ブロックチェーン開発、AI開発など多岐にわたります。Newwave Solutions Japanは、カスタマイズされたソリューションの設計と実装において柔軟性を保ち、各プロジェクトがお客様のニーズとビジネス目標を完全に満たすことを保証します。  Newwave Solutions Japanは、優れた人材(経験年数+2年、+5年、+10年)を擁し、世界中のお客様に先進的なITソリューションを提供することに尽力しています。中国やインドなど他のソフトウェアアウトソーシング国に比べ、質の高い人材と低い人件費を活用します。Newwave Solutions Japanは、効果的な情報技術製品とサービスの構築に重点を置き、パートナーの皆様がコストを最適化し、業績を向上できるよう支援します。  グローバルな視野と継続的なサービス品質向上へのコミットメントにより、Newwave Solutions Japanは、ベトナムにおけるオフショア開発を通じて国際的なプレゼンスの拡大と発展を目指す企業にとって信頼できるパートナーです。  連絡先情報:  ウェブサイト: https://newwave-solutions.co.jp/  日本支社:〒113-0034東京都文京区湯島1丁目-11-8  本社:1F,4F,10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam   2.VTI Japan社  VTI Japanは多様な情報通信技術(IT)サービスを提供し、日本のお客様の複雑なプロジェクトの開発と管理をサポートします。多くの日本企業の信頼できるパートナーとして知られるVTI Japanは、常にお客様の利益を最優先に考え、すべてのプロジェクトが円滑に実施され、良い結果が得られるように努めます。創造性、品質、コミットメントは、ベトナムのITおよびオフショア開発業界における地位を維持しながら、この企業が目指している価値観です。  連絡先情報:  ウェブサイト: https://vti.com.vn/ja/home-page/  日本支社:東京、大阪  本社:ホーチミン市、ハノイ市  3.FPT […]

February 24, 2024

ベトナムにおけるオフショア開発に失敗する理由

ベトナムでのオフショア開発は、システムやソフトウェアの開発コストを最適化する有効な方法です。しかし、オフショア開発で失敗するケースも少なくありません。システムを作らなくてはいけないのに、納期に間に合わなかったり、品質が悪くて運用できなかったりするケースは少なくありません。  本記事では、ベトナムでのオフショア開発の失敗事例と、失敗例を紹介します。  1. ベトナムにおけるオフショア開発の失敗事例  まず、ベトナムにおけるオフショア開発とは、ベトナム企業にシステム開発を委託することです。  ベトナムのオフショア開発の人件費単価は日本の3分の1で、非常に安くて、コストメリットは非常に大きいです。また、日本との時差は2時間程度であり、ベトナムでは日本語教育が盛んであるため、海外での開発の最大の障壁であるコミュニケーションがベトナムでのチームを雇用すると、少なくなります。  しかし、ベトナムでのオフショア開発は失敗するケースも多いです。以下はベトナムでのオフショア開発の失敗例を紹介します。  1.1. 納期遅れ  ベトナムでのオフショア開発失敗の最初のケースは、製品の納期を守れなかったことです。ベトナムのオフショア開発では、納期が明確でないと納期が守られないことが多く、実装前に必要な情報をきちんと洗い出すのにもっと時間がかかることも発生します。  1.2. 低品質  ベトナムのオフショア開発の失敗例の2つ目は、納品物の品質が想定よりも低いケースです。実際にシステムに関するエラーが多い、技術仕様に関するエラーが多いなど、完成品の品質が低く、運用に適さないケースもあります。 1.3. 為替レートの変動  ベトナムのオフショア開発における失敗例の3つ目は、為替レートの変動により単価が上昇し、コストが想定通りにならないケースです。為替レートの変動による単価の変動は避けられないので、投資家は常にその問題を想定し、為替レートがある程度変動することを見積りません。  >>> もっと見る: 【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説 2. ベトナムでのオフショア開発の失敗を減らす最善の方法  ベトナムでのオフショア開発のリスクを軽減する最善の方法は、コミュニケーションの改善かもしれません。実際にベトナムのオフショア開発会社には、日本語でコミュニケーションが取れるブリッジ要員が多くいます。これはベトナムを選ぶ際のポイントになりますが、日本語能力は人それぞれですし、第三のアプリケーションを介してオンラインでやり取りすることも多いですので、時には意思疎通がうまくいかないこともあるでしょう。  ベトナムでのオフショア開発において、失敗の可能性を最小限に抑えるためのコミュニケーションのヒントを紹介します。 2.1.日本語でのコミュニケーションを簡単にする  日本語で意思を伝えるときは、一文をできるだけ短くし、シンプルで直接的な表現を使うようにしましょう。具体的には、長く不明瞭な文章を言うことを制限し、曖昧さや混乱を避けることで、自分のメッセージが効果的かつ正確に相手に伝わるようにする必要があります。  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 2.2. 連絡頻度を増やす  ベトナムでのオフショア開発失敗のリスクを減らすために、有効な方法は、両者間のコミュニケーション頻度を高めることです。地理的に異なる2つの地域に位置する人々が一緒に仕事をする場合、定期的なコミュニケーションはお互いの理解を深め、問題解決を容易にします。  双方がビデオ通話や直接会のミーティングを定期的に開催することで、全員が話し合い、意見を交換する機会を持つことができます。こうすることで、チーム全員が互いやプロジェクトについてより深く理解することができ、作業プロセスを通じて誤解が生じるのを防ぐことができます。  3. 終わり  ベトナムでのオフショア開発は、システム開発コストを削減するために非常に有効な方法ですが、上記でお伝えしたことに注意しないと失敗する可能性があります。日本とベトナムのちょっとした認識の違いや文化の違いが、海外開発での大きな失敗につながることもあります。  ベトナムでのオフショア開発のパートナーをお探しなら、Newwave Solutions Japanにご相談ください。Newwave Solutions Japanは、ベトナムのオフショア開発分野における戦略的パートナーとして、国際ビジネスに効果的なソリューションを提供しています。ベトナムに本社を置き、日本にも支社を構え、システム開発からブロックチェーン、ウェブ・モバイルアプリケーションデザインまで、高品質なサービスを提供しています。  当社は、特に潜在的な市場であるベトナムでのオフショア事業拡大を希望する際に直面する課題と機会を明確に理解しています。豊富な知識と多様な経験を持つ当社の専門家チームが、あらゆるステップでビジネスに伴走します。 

February 23, 2024

オフショア開発はなぜ失敗する?オフショア開発会社選びのポイント

IT人材や予算の不足により、多くの企業がソフトウェアを海外にアウトソーシングするオフショア開発に目を向けています。しかし、場合によっては期待した効果が得られずに失敗してしまうこともあります。この記事では、オフショア開発が初めての方や、一度失敗したことのある方向けに、Newwave Solutions Japanがオフショア開発の失敗例をもとに原因と対処法を解説していきます。  Newwave Solutionsは日本に海外支社を構え、徹底した品質管理と充実したコミュニケーションで高品質なオフショア開発サービスを提供してきました。オフショア開発に関する具体的なご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 1. オフショア開発失敗の理由 1.1.誤解  言語の違いによる誤解  言語や文化、地理的距離によるコミュニケーションの違いは、どんなに慎重に考えても完全に解消することが難しい問題と言えます。  母国語を使わずにコミュニケーションをとると、自分の考えをすべて伝えることができないことがあります。時には他人の言葉を誤解してしまうこともあります。  オフショア開発では、要件仕様書が作成されてオフショア開発会社に引き渡され、ブリッジエンジニア(ブリッジSE)やPMが現地語や英語に翻訳します。翻訳の際に誤解があると顧客の要求と異なる技術仕様が作成されてしまうことがあります。  地理的な距離が原因で生じる誤解  国間のタイムゾーンの違いによっては、双方が協力し、コミュニケーションを取り、必要な時間を守ることが難しい場合があります。さらに、地理的に近い距離にある顧客とオフショア開発会社は直接通信することができ、メッセージやリクエストを最も正確な方法で伝えることができます。  1.2.不十分な管理体制  オフショア開発では、上記の違いを踏まえた品質保証マネジメントシステムを構築することが重要です。管理体制がうまく行かないと、オフショア開発失敗につながる可能性もあります。  現在、ベトナム、中国、インドでのオフショア開発はますます人気が高まっており、その品質と専門スキルが高く評価されています。  一般的に中国人やインド人は自分の意見が強く、失敗を認めたがらない傾向にあるのに対し、ベトナム人は真面目で勤勉だと言われています。  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 2. オフショア開発失敗の例 2.1.低品質の納品  海外で開発する際によくある失敗の1つは、納品された製品の品質が期待どおりではないことです。  たとえば、次のようなケースが発生する可能性があります。  正常に動作しない  画面が崩れる  重要な機能が欠ける  デザインが期待していたものとは異なる  実際には納品される製品の品質が低いのは、エンジニアの能力不足だけが原因ではありません。事前に明確な仕様が伝えられなかったり、納品された製品が顧客の期待と異なったりして、オフショア開発が失敗するケースがあります。  オフショア開発の利点の1つは、比較的低コストであることが知られています。しかし、前述したように品質上の失敗が非常に多く、オフショア開発はあまり効果的ではないという印象を持っている人も多いでしょう。  2.2.納期を守らない  オフショア開発でよくある失敗は、プロジェクトが計画通りに進まず、納期が遅れてしまうことです。納期の遅れの理由は、最初の計画では要件が整理されておらず、顧客が後からさらなる開発が必要であることに気づいたことでした。これは日本でもよくあるケースです。  さらに、一部の国では納期に関して緩い文化があり、人々は納期を守るために残業することを好まないため、管理が不十分で遅れが生じる可能性があります。  2.3.予想予算を超える  日本での開発も同様ですが、契約の場合はプロジェクト期間中に仕様を変更することはできません。海外開発では、言語や文化の壁による品質の低下や納期の遅れを補うために追加コストが必要となる場合があります。また、経済情勢や為替情勢による単価の上昇などの外的要因により、費用が予算を上回る場合があります。  3. オフショア開発で失敗しないための会社選びのポイント オフショア開発は、企業が世界的な機会を活用するのに役立つ重要な戦略になりつつあります。しかし、オフショア開発の失敗を避けるために、企業が適切なオフショア開発パートナーを選択する必要性は、軽視することはできません。  何よりもまず、インド、中国、ベトナムなどの国々でのオフショア開発の失敗事例を注意深く観察する価値があります。これにより、企業は前任者が直面した問題や課題から学び、より明確な開発戦略を考案することができます。  次に、もう1つの重要な要素は、オフショアモデルと人件費の低い国のランキングを調べることです。これにより、企業はコストとパフォーマンスを最適化しながら、パートナーや開発地について正確な意思決定を行うことができます。  第三に、明確な要件を持つ企業を選択することは、望ましくない仕様変更を回避するための重要なステップです。ビジネスの要件を正確に理解し、満たすことができるパートナーは、開発プロセスをよりスムーズに進めるのに役立ちます。  最後に、ベトナムでオフショア開発を希望する企業にとって、経験豊富な企業を選択することは間違いありません。現地の市場と経済を深く理解しているパートナーは、企業があらゆる機会を活用し、不必要な失敗を回避できるよう支援します。  同時に、ビジネスの特性に応じたオフショア開発モデルを選択することも重要な課題です。特定の要件に応じた開発、ケア、調整の柔軟なモデルは、作業プロセスを最適化し、効率を確保するのに役立ちます。  一般に、オフショア開発での失敗を避けるために、企業はパートナーを慎重に選択する必要があります。上記の要素を考慮して、ビジネスの強力で持続可能な成長戦略を構築していただきます。  4. Newwave Solutions Japanとのベトナムオフショア開発 オフショア開発は困難な旅になる可能性があり、ベトナムだけでなくインドや中国などの国々でも多くの企業が直面するリスクや失敗を当社は理解しています。  当社はサービスプロバイダーであるだけでなく、これまでに起こった失敗を回避するお手伝いをするコンパニオンでもあります。当社は、人件費を最適化し、お客様の製品が対象市場の特定の要件を確実に満たす、柔軟で効率的なオフショアモデルを構築しました。  Newwave Solutions Japanは、失敗から得た教訓からアドバイスを提供し、その教訓に基づいて開発戦略を策定します。Newwave Solutions […]

February 22, 2024

オンサイトとは何か?オンサイトとオフサイトの違い

オンサイトとは、プロジェクトまたはクライアントの場所に物理的に常駐して、タスクを実行することで、リアルタイムのコラボレーションと実践的な関与を促進ということです。現場を理解することは、業務戦略を最適化し、ビジネスおよびプロジェクト管理における効果的なコミュニケーションを確保するために不可欠です。  では、オンサイトとは何ですか?オンサイトとオフサイトの違いは何ですか?Newwave Solutions Japanに参加して、次のシェリングを通じて、その違いを確認しましょう。 1. オンサイトとは何か?オンサイトのメリット オンサイトアプローチ (オンショアとも呼ばれます) では、ソフトウェアソリューションの作成と提供のためにベンダーが自社の従業員を顧客先に派遣します。ベンダーのチームは、情報収集、開発、実装、保守、サポートなどの活動を通じて、クライアントのチームと緊密に協力します。オンサイトモデルに不可欠な側面は、顧客から割り当てられたタスクに重点を置く外部メンバーの参加です。  このコラボレーションモデルは、短期プロジェクト、特特に反復的なスコープが主体のプロジ ェクトに有利であり、プロジェクトのリエンジニアリングに推奨される選択肢となっています。また、顧客からのプロジェクト要件が不明確な場合にも使用されます。  オンサイトモデルは、クライアントのチームとベンダーの専門家との間の継続的な対話が不可欠な場合に威力を発揮します。外部メンバーはソフトウェア開発ライフサイクル各フェーズにシームレスに参加し、オンサイトサポートの重要性を示しています。この方法は、プロジェクトの実行を成功させるためにクライアントの業務をより深く理解することが重要である場合に、特に意味を持ちます。  では、オンサイトの意味とメリット  オンサイトモデルが人気を集めている理由は次のとおりです。  まず、ベンダーとクライアントの両方が、現場で作業する開発チームによって実装されるプロジェクトの進行状況を直接把握できます。この距離の近さにより、対面でのコミュニケーションが促進され、問題の早期発見と迅速な解決につながります。  次に、両チームの間に時間や地理的な隔たりがないため、誤解が最小限に抑えられ、よりスムーズなコラボレーションに貢献します。この緊密な連携関係は、オンサイトデリバリーモデルにおいて有利に働きます。  そして、オンサイトアプローチは時間効率が非常に優れています。クライアントはソフトウェア開発ライフサイクルの後半で変更を導入することがよくありますが、オンサイトデリバリーモデルを採用することで、後で変更が加えられる可能性が排除され、すべての側面が予定通りに完了することが保証されます。  さらに、オンサイトモデルの時間効率は、市場投入までの時間を短縮し、製品の納期を短縮する上で重要な役割を果たします。この特性により、ソフトウェア開発プロセスの全体的な効率と有効性が向上します。  >>> もっと見る: 【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説 2. オンサイトとオフサイトの違いは何か? オンサイトオフサイトモデルは、さまざまな説得力のある理由で人気を集めています。オンとオフのスイッチの存在と同様に、オフサイトとして知られるオンサイトの対義語が存在します。オンサイトは「ローカル」な状況を示すのに対し、オフサイトは「ローカルエリアから離れた場所」または「遠隔地」を指します。ITサポートの分野では、オンサイトサポートは物理的に存在することを意味し、オフサイトサポートには電話や電子メールを通じて遠隔地から提供される支援を意味します。  現場に物理的に存在することが不可能であるため、優れたコミュニケーションスキルを備えた高度に専門化されたスタッフが対応しない限り、複雑な問題に取り組むことは困難になります。そのため、簡単な操作説明や手続きに関する質問など、軽い問い合わせにはオフサイトサポートが役立ちます。さらに、オフサイトサポートはオンサイトのサポートよりも費用対効果が高いことも多いです。  オンサイトとオフサイトの二項対立は、必要なサポートの性質と強度に基づいた柔軟性を可能にする戦略的アプローチを意味し、特定のニーズに合わせてサポートモデルを適応させることの重要性を強調しています。 3. ハイブリッドモデル-オンサイトとオフサイトの組み合わせ オンサイトとオフショアのコラボレーションを融合したハイブリッドモデルは、多くの企業が採用し、非常に成功したアプローチとして際立っています。タスクの責任はオンサイト チームとオフショアチームに戦略的に分割され、タスクの約20~30%がオンサイトメンバーによって処理され、残りがオフショア チームメンバーによって処理されます。  具体的な業務内容は以下の通りです。  初期要件を理解する  プロジェクト計画  プロジェクトの実行  クライアントとパートナーシップの管理  オフショアメンバーの責任は次のとおりです。  要件事項の検討  最終結果が当初の要件と一致するかどうかを監視する  継続的なコミュニケーションとサポート  >>> もっと見る: ニアショアとは?ニアショア開発とオフショア開発はどちらが良いのでしょうか? では、ハイブリッドモデルにはどのようなメリットがあるか?  ハイブリッドデリバリーモデルは、高度な製品開発や複雑で長期にわたるITプロジェクトに有利です。アウトソーシングには、大規模なオンサイトチームを管理する必要がなく、オンサイトに1人だけで問い合わせや問題に対応できるというメリットがあります。オンサイト・オフショアモデルの利点は次のとおりです。  直接通信できる  高い効果がある  最高のリソース  高い費用対効果  リソース管理のベストプラクティス  多くのサービスプロバイダーは、オンサイトとオフショアの両方のメンバーの維持に関連する管理・運用コストを考慮して、ハイブリッドモデルの採用を躊躇しているかもしれません。さらに、成果を最大化するには、ロカール従業員とオフショア従業員の文化の違いにうまく対処する必要があります。 4. Newwave Solutions […]

February 22, 2024

【2024年最新】Pythonを使った画像認識とは?画像認識でできること

画像認識は、画像内の対象物の情報を識別する技術であり、技術の進化によりその適用範囲がますます広がっています。多くの企業は、業務の自動化や効率向上を目指し、画像認識技術を積極的に導入しています。本記事では、画像認識の基本について説明し、Pythonの代表的な画像認識ライブラリであるOpenCVを利用してコードを実装する方法に焦点を当てています。Python画像認識や画像解析に興味がある方にとって、画像処理と機械学習を組み合わせた最新の手法やPython画像処理ライブラリの活用方法について紹介します。 1. Pythonを使った画像認識 画像認識は、画像内の情報を識別する技術です。  Python画像認識や画像解析Pythonなどのキーワードに焦点を当てると、画像認識はコンピューターが画像に含まれる対象を識別するための技術です。対象の画像に含まれる特徴を分類し、どのカテゴリに属するかを見つけるパターン認識の一形態です。2010年代には、ディープラーニングと呼ばれる機械学習の一分野の進展により、認識精度が飛躍的に向上し、大量の画像データから人や物体の特徴を高精度で認識できるようになりました。  本記事では、Python画像処理ライブラリや画像認識ライブラリを使用して、画像認識の基本や具体的な手法について解説します。パイソン画像処理に関心がある方にとって、画像処理PythonやPython機械学習画像認識のやり方についても詳しく紹介します。  人間の脳と機械やコンピューターの違い  人間は脳に蓄積されている情報から、画像を見るとそれが何なのか、記憶や経験から識別することができます。一方で、機械やコンピュータは画像の情報を単なるドットの集合体として理解します。これが何を意味するのか、そのままでは識別できません。  >>> もっと見る: 【2024年】最新AI技術と実用アプリケーション Python画像認識や画像処理Pythonなどのキーワードに焦点を当てると、この課題を解決するために機械学習や画像認識技術が活用されています。画像の特徴やパターンを機械に学習させ、対象となる画像がどの分類に属するかを識別したり、どのパターンに近いかを適合の状況として表示させることが可能です。   Python gazouやPython機械学習画像認識のキーワードを含む本記事では、画像解析Pythonにおいて、機械が画像を理解し識別するメカニズムについて詳しく解説します。また、Python画像処理ライブラリや画像認識ライブラリを活用して、画像認識やり方についても具体的に紹介します。これにより、パイソン画像処理に興味を持つ方にとって有益な情報を提供します。 2. AI 画像認識 でできること【物体検出】や【個数カウント】 2.1. DX促進  ビジネスにAI画像認識を導入することで、DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速します。画像認識導入における業務改善には、以下3通りあります。  業務の一環としてのAI画像認識  業務プロセスの一環として、Python画像認識や画像解析Pythonの技術を導入する方法があります。これは、AI-OCR(文字認識)を利用して帳票処理を自動化するなど、事務処理の一部を効率的に代行することができます。  業務の完全な代行と無人化  Python gazouやPython画像、画像処理Pythonなどのキーワードを活用し、AI技術を導入することで業務の完全な代行や無人化が可能です。例えば、監視カメラを用いて不審者を自動検知するシステムなどがこれに該当します。  新しいサービスの発展  Python機械学習画像認識や画像認識ライブラリを活かし、インターネット上に蓄積された膨大な画像データを高速で解析することができます。これにより、人間の能力では難しい処理がAI画像認識によって実現され、これまでにない新しいサービスの創出が進んでいます。パイソン画像処理や画像認識やり方も参考にしながら、未知の可能性を追求することができます。 2.2. 画像認識技術5選  ここでは、現在主流となっている画像認識技術を5つご紹介します。  物体検出  「人」「自転車」「車」などあらゆる物体を検出する技術です。人ごみ・渋滞している道路など、物体が重なり合うようなシーンでも個々を切り出すことができます。  顔認識(顔認証)  スマホのロック解除などでも使用されている技術です。性能は年々向上しており、例え双子でも現在の顔認証システムを突破することは難しくなっています。  文字認識(AI-OCR)  AI-OCRと呼ばれる技術です。従来は明朝体・ゴシックなど、決められたフォントしか認識出来ませんでしたが、AI-OCRでは手書き文字の認識も可能になりました。  個数カウント  前述の「物体検出」を応用した技術です。物体検出により物体の「位置」「種類」を識別したのち、種類ごとの個数をカウントします。  不良品検知  AI画像認識では、物体の形状・サイズ・色を識別できます。これにより、高い精度で物品の欠損・汚れ・欠陥などを検知できるようになりました。 3. Pythonを使った画像認識に必須のOpenCVとは AIを用いて画像認識を行う際に役立つライブラリには、OpenCV、Pillow、Scikit-imageなどがあります。その中でも代表的なのがOpenCV(Open Source Computer Vision Library)という、Intelが開発した画像・映像を扱うためのライブラリです。名前のとおりオープンソースなので、誰でも無料で使用できます。  OpenCVは、C++、Python、Javaで利用可能です。WindowsやMacOS以外にも、Linux、iOS、Androidなどの主要なプラットフォームをサポートしているため環境を問わず利用できます。  3.1. OpenCVの機能  OpenCVは、画像加工ソフトウェアで行うような処理をプログラムで行えます。  トリミング、リサイズ、左右反転、フィルター処理などは、AIで用いる学習データの前処理に使われます。検出したい対象を四角で囲んで場所を特定する物体検出は、AIの学習モデルを使用する際に使われます。  そのほか、画像データの色情報をRGBとして数値化し、プログラム内で使用できるようにリスト化できます。また、グレースケール変換も簡単に行えます。  3.2. […]

February 22, 2024

【2024年】最新AI技術と実用アプリケーション

最新AI技術の導入を検討している方々の中には、他の業界や企業がどのようにこれを活用しているのかに関心を抱く方もいるでしょう。AIの統合によって業務効率化や人件費の低減などが期待され、その適用範囲は広範にわたります。  本記事では、ビジネス現場でAIを導入検討している企業の担当者の方々が情報を収集する際の一助となるよう、AIの最新状況とその技術の具体的な活用事例を紹介します。最新のAI技術を駆使することで、様々な業界で得られる成果をぜひご参考いただければ幸いです。 1. AIの基本知識と最新動向 1.1. AI(人工知能)とは?  AI(人工知能)は、コンピュータープログラムによって人工的に再現され、人間よりも高度な情報処理能力を持つ技術を指します。 近年、AI技術はさまざまな分野で活用され、生活をより便利にし、ビジネスモデルに変革をもたらしています。  AIのアルゴリズムを理解するために、以下の3つのアルゴリズムについて知識を深めることが重要です。  ニューラルネットワーク  エキスパートシステム  遺伝的アルゴリズム  これらのアルゴリズムを理解することで、最新AI技術の進化に対する理解が深まります。  1.2. 2045年にはAIが人間の知能を超える?  近年、AI技術は著しい進化を遂げ、人間の介入なしに自己学習し、最適な答えを導き出す能力を持つようになりました。AI技術の進展により、「従来よりもAIの知能が向上している」といえるでしょう。 2. 業務にAI技術を導入するメリット AI技術の導入により、業務の効率向上が期待されます。最新のAI技術を活用することで、事務の繰り返し作業を自動化し、簡単な問い合わせにも迅速かつ正確に自動応答できます。これにより、これまで人が担当していた業務をAIが最新かつ効果的に代替し、労働力不足の解消や人件費の削減が実現されます。異なる業種においては、危険な作業が存在するため、AIがこれらの業務を最新の技術で代替することで、怪我や事故のリスクを最小限に抑えることが可能です。最新のAI技術を導入することで、業務プロセスの最適化や効率向上に貢献し、企業の競争力を向上させることができます。  最新のAI技術を業界ごとに紹介する8つの事例  AI技術は様々な業界で広範に活用されています。このセクションでは、各業界におけるAI技術の最新事例を紹介いたします。業界ごとにAI技術がどのように活用されているかを解説し、導入を検討している方にとって有益な情報となることでしょう。  2.1. 製造業  製造業において、最新のAI技術が不良品の検品や在庫数の最適化に効果的に活用されています。具体的には、食品や機械メーカーの工場では、画像処理技術を駆使して不良品を効率的に検知し、それに連動したロボットアームが自動的に取り除くことが可能です。このプロセスにより在庫数を最適化し、余分な在庫を抱えずにコストの削減を達成できます。同時に、人材不足に悩む企業もAIが一部の作業を代替することで業務の効率化が期待でき、ベテランの技術の継承・再現が容易になります。これらの最新のAI技術は、製造業における生産性向上やコスト削減に寄与し、競争力の向上をもたらします。  >>> もっと見る: 画像認識とは?最新の画像認識活用事例5選 2.2. 金融業  金融業界は他社との差別化が困難な特徴がありますが、AI技術を導入することでその課題に対処しようとする企業が増えています。AI技術を利用してM&Aのマッチングや顧客ニーズに応じた商品提案などが可能になります。  2.3. 農業  AI技術を用いた収穫作業の自動化は、人間の負担を軽減するだけでなく、農業の信頼性向上にも寄与します。最新のAI技術を導入することで、作物の収穫が人手に依存せずに効率的に行われ、生産性が向上します。また、AI技術による収穫量の的確な予測は、出荷計画において安定感を提供し、農業プロセス全体を最適化します。これにより、農業業界は最新技術の導入による生産性向上と効率化を享受し、将来の発展に向けて一歩前進します。  2.4. 不動産業  不動産業界において、最新のAI技術が人手不足の解消に効果を発揮しています。不動産査定のサポートやお客様の要望に応じた物件の提案など、さまざまな業務がAI技術によって効率的に行われています。これにより、部屋探しにかかる手間や時間が大幅に削減され、利用者にとってはよりスムーズで満足度の高い不動産サービスが提供されています。AI技術の最新動向を取り入れることで、不動産業界は変革を遂げ、より効果的な業務プロセスが確立されています。  2.5. エネルギー業  エネルギー業界においては、最新のAI技術を駆使したエネルギー供給量の最適化が進展しています。最新AI技術を導入し、地域ごとのエネルギー需要を事前に的確に予測し、エネルギー供給を効率的かつ適切に行うことが可能です。これにより、エネルギーの無駄な使用を抑え、コスト削減や環境への負荷軽減が実現されます。また、余剰エネルギーの効果的な貯蔵や販売にもAI技術が活用され、エネルギー業界の未来への展望が一層広がっています。最新のAI技術を取り入れることで、エネルギー供給の合理化が促進され、業界全体の効率が向上します。  >>> もっと見る: OCRとは何か?5利点で会社の成長をサポート 2.6. 医療・介護  医療業界では、遠隔診断、入院患者の異常検知、カルテの解析、病気の早期発見のサポート、リハビリ支援のロボットなど、多岐にわたりAI技術が活用されています。介護業界では、入居者のモニタリングやケアプランの提案にAI技術が貢献し、業務効率が向上しています。  2.7. 物流  物流業界は長時間労働や人手不足、積載率の低下などの課題に直面しています。これらの課題を解決するために、AI技術の導入が進んでおり、過去のデータからの予測やドローン・ロボットを活用した自動化が進行中です。  2.8. 小売・サービス業  小売・サービス業では、AI技術を搭載した機械が店舗に置かれ、接客業務を担当している事例が増加しています。これにより、従業員の負担軽減や人件費の削減が実現されています。 3. Newwave Solutionsと一緒に最新AI技術を発展させる Newwave Solutionsは、最新AI技術を駆使して、革新的なAIソリューションの開発を推進しています。当社は、最新のAI技術を採用し、お客様のニーズに応じた最適なソリューションを提供しています。AI最新技術の導入により、様々な業界での最新事例を生み出し、お客様のビジネスを効果的かつ効率的に支援しています。Newwave […]

February 5, 2024

【お役立ち】画像文字抽出の特徴と仕組み

画像文字抽出は、紙文書をデジタル形式に変換して保存したり、整理したり、さらにはデータを翻訳したりと、さまざまな場面で役立ちます。そのためには、特徴や仕組みを理解するとともに、短時間で高い精度を実現し、作業を効率化する使いやすい画像文字抽出ツールが必要です。  この記事では、Newwave Solutionsが画像テキスト認識ソフトの特徴とその一般的な仕組みを紹介します。また、AI技術に関する情報も提供しています。それについて知りたい場合はご参考ください。  1.画像文字抽出 OCR画像とは?  OCR(光学式文字認識)は、光学センサーとカメラを使用して、さまざまな形式の文書や画像から情報を認識する技術です。この技術は、印刷文書内の文字の検出と認識だけでなく、手書きの注釈やスキャンされた文書の認識にも役立ちます。当社の高度なOCR技術を使用すると、画像からの文字認識が便利かつ効率的になり、面倒な手動入力方法と比較して時間と労力を節約できます。 2. オンライン画像からテキストへの抽出の特徴 2.1.人工知能(AI)による画像文字抽出  人工知能を統合した画像文字抽出は、画像から情報をインテリジェントに識別するだけでなく、テキスト化するプロセスにおいても高い効率を確保します。この技術は、文字や数字を含む画像文字の読み取りにとどまらず、数式の認識能力を拡張し、アプリケーションの柔軟性と創造性を高めます。  2.2.数学方程式の決定  画像の文字を読み取る機能に加え、数式を定義できる画像からテキストへの変換技術により、過度の精度を必要とせずに高い抽出性能を実現します。方程式の特定と処理における創意工夫により、ユーザーは時間と労力を節約できます。  2.3.手書きメモのテキスト化  画像からの文字抽出は、手書きのメモから電子ファイルを作成するプロセスを簡素化するだけでなく、簡単にテキストに変換することもできます。メモの鮮明な写真をコンバーターにアップロードするだけで、即座にデジタルテキストが作成されます。  2.4.ソーシャルメディアコンテンツの抽出  ソーシャルメディアプラットフォームでテキストを含む画像に直面した場合、OCRツールは写真をテキストに変換するだけでなく、迅速な結果も提供します。これにより、ソーシャル ネットワークでの素早い共有から情報の保存まで、さまざまな状況でのツールの適用性が高まります。  2.5.低品質の画像文字の抽出  画像からテキストへのコンバーターの優れた利点は、低品質の画像からテキストを抽出できることです。このプロセスにより、低解像度であっても画像をスキャンしてコンテンツを抽出する際の精度が保証され、さまざまな条件でのアプリケーションの可能性が広がります。  2.6.多くの画像フォーマットをサポート  画像からテキストへの変換は、少数の画像形式をサポートするだけでなく、さまざまな形式をサポートすることで種類を拡張します。JPG、PNG、JPEGなどのさまざまな画像形式から変換できる機能により、ユーザーの時間と労力を節約できます。  2.7.高精度の結果  高度なメカニズムと人工知能の統合により、画像からテキストへの変換ツールは絶対に正確な結果を保証します。詳細な画像スキャンと全文抽出が100%の精度で実行され、最高のユーザー エクスペリエンスを提供します。 3. 画像文字認識(OCR)はどのように機能するのか? 画像文字抽出 (OCR) 技術のアプリケーションについて、3つの基本的な手順を通じて説明します。この中では、OCRスキャナが画像からテキストを識別して抽出する重要な役割を果たします。画像からテキストを抽出する機能は、スキャナーの使用に限定されず、OCRテクノロジーを統合して、オンラインで画像を認識してテキストに変換します。同時に、OCRは文字を認識し、モバイルデバイスでのユーザーエクスペリエンスを最適化するためのiPhone OCRテキストなどの情報を画像から抽出する機能も提供します。    3.1. OCRでの画像の前処理   OCRソフトウェアは、認識が成功する可能性を最適化するための画像の前処理ステップとしてよく使用されます。画像前処理の基本的な目的は、実際の画像からの文字抽出データを改善することです。この処理により、不要な歪みが防止され、視覚的な機能が強化されます。これらの処理はいずれも、次のステップである画像からテキスト抽出をするために重要です。  3.2. OCRでの文字認識  実際の文字認識のプロセスでは、「特徴抽出」を理解することが重要です。ビッグデータの場合、パフォーマンスを確保するには、削減された特徴セットを選択することが重要です。選択された機能は必須になりますが、疑わしい機能は削除されます。縮小されたデータセットを使用するとパフォーマンスが向上し、画像からテキストへのOCRコンバーターツールは、最良の認識結果で画像をテキストに変換するのに役立ちます。  3.3. OCRでの後処理  後処理は、OCRで高精度を実現するための重要なエラー修正プロセスです。出力が語彙によって制限されている場合は、スキャンされた文書に表示できる単語のリストに戻ることで精度を向上させることができます。光学式文字認識は単語を識別するだけでなく、数字、文字、コードも読み取ることができます。OCR Onlineは、多くの分野で使用されるシリアル番号などの長い数字と文字の文字列の認識をサポートします。 4. まとめ AI技術や画像文字抽出ソフトウェアの開発パートナーをお探しの場合は、ぜひ当社までお問い合わせください。  Newwave Solutions Japanは、技術を活用して、画像からの高度で多様な文字抽出サービスを提供します。当社は単なるテクノロジーパートナーではなく、テキストと画像の処理プロセスを最適化したいと考えているあらゆるビジネスの信頼できるパートナーでもあります。 Newwave Solutions Japan は、継続的な技術革新に努め、お客様の技術体験を次のレベルに引き上げるための主要な文字抽出ソリューションを提供しています。デジタル変革の旅に参加し、ワークフローを最適化しましょう! 

January 31, 2024

MVPとは? MVPの意味、メリット、デメリットを解説

新しい製品やサービスを開発する際、完璧を目指して発売が遅れるほど、競合他社に後れを取る危険性が高くなります。したがって、MVP開発は、新しいビジネスに適用するのに適した開発手法です。本記事では、MVPとは何か、MVPの意味、メリット・デメリット、MVPの開発プロセスについてNewwave Solutions Japanの専門家がわかりやすく解説します。 1. MVPとは(Minimum Viable Product)? MVPは「Minimum Viable Product」の略で、アプリケーションの短縮版として理解されます。具体的には、MVP開発は完璧な製品やサービスを目指すのではなく、顧客が直面する問題を解決するための最低限の条件で提供するだけです。  製品のリリース後は、新機能を追加する必要があり、お客様のフィードバックに基づいて改善されます。新規事業を立ち上げる際にMVPの考え方を活用するメリットは、市場のニーズを理解しつつリスクを最小限に抑えられることです。  MVP開発を使用すると、開発コストと開発時間を削減できるだけでなく、市場のニーズを迅速に捉えることもできます。新規事業の立ち上げ時にMVP開発を適用すると、成功の可能性が高まります。  1.1. MVPの意味  MVPの意味は「ユーザーからの学びを得ること」です。したがって、開発者は、以下に説明するように検証と改善を繰り返すことができる方法を使用してMVPを開発します。  製品目標を達成するために最小限の市場機能でリリースする  ユーザーからのフィードバックを得て改善を図る  改善反映による機能を改善する  ユーザーからフィードバックを得て改善方法を見つける  1.2. MVPとリーンスタートアップの関係  リーンスタートアップは、リソースの効率的な使用を促進し、「仮説-実験-学習-反復」サイクルを通じて迅速に市場に投入する新しいビジネスアイデアと製品を開発するためのアプローチです。  リーンスタートアップは、企業が最小限のリスクとコストで最大の価値を生み出すことを支援することを目的としています。このアプローチでは、製品開発の前に市場ニーズを検証することが重要であり、MVP開発は製品の適応性と市場適合性を検証するために使用されます。  リーンスタートアップとMVPの組み合わせは、リソースを効率的に利用し、迅速に市場に参入するための戦略的アプローチです。無駄なリソースを排除することで、より迅速に市場投入し、競争上の優位性を築きます。 2. MVP開発のメリット 実用最小限の製品を使用してMVP開発を行うと、中小企業が市場で競争力を維持し成功するために3つの重要なメリットが得られます。  2.1.開発コストと時間を削減  MVPは最も重要な機能のみを含む初期バージョンであり、そのシンプルさにより開発が比較的安価になります。また、開発プロセス全体が簡素化され、市場投入までの時間や開発時間が短縮されます。  MVP開発は、予算とリソースが限られている中小企業にとって、製品を効果的に開発し、市場に迅速に投入させるための非常に便利な方法です。  2.2.素早いフィードバックを得る  MVP開発が市場に投入されると、ユーザーのフィードバックを収集し、ユーザーの反応や要件を早期に理解することが容易になります。これにより、製品を迅速に改善し、市場のニーズに合わせて最適化することができます。  タイムリーなフィードバックは、製品の品質と顧客満足度の向上に役立ちます。中小企業にとって、市場の変化に応じて製品を最適化できることは、競争力の維持に役立ちます。  2.3.開発リスクを軽減できる可能性がある  MVP開発は市場での受け入れを検証し、製品の市場適合性を評価できる方法です。そのため、製品開発時の失敗リスクが軽減されるのが大きなメリットです。  MVP回はtsyが成功したら、それを基にして製品を拡張し、より大きなバージョンを開発できます。MVPが失敗した場合でも、関連するコストとリソースは比較的低いため、致命的な失敗のリスクが軽減されます。  中小企業にとって、MVPアプローチは、失敗した場合でも最小限の損失で前進できるため便利です。 >>> Newwave Solutions で MVP 開発とシステム開発について学ぶ: 今見る 3. MVP開発のデメリット 3.1. 2ヶ月以上の開発には適さない  MVP開発は、必要最小限の機能を短期間かつ低コストで作成するのが特徴のため、複雑な機能や開発に時間がかかる製品には向きません。複雑な機能を検証し、大きな変更を加えると、費用と時間がかかる場合があります。したがって、開発プロセスに2ヶ月かかることが予想される場合は、ウォーターフォール開発を選択することをお勧めします。  3.2.失敗は品質に影響を与える  MVP開発では、開発コストと開発時間を最適化できますが、品質が犠牲になります。特に、次の2つは開発プロセスに影響を与えやすいものです。  品質は速度とは関係ない  検証のために必要な質  たとえば、開発中の製品に「スムーズなユーザーインタラクション」の特性を持たせたい場合、応答速度やユーザーインターフェイスを検証する必要があります。したがって、応答速度やユーザーインターフェイスを効果的に検証できる十分な機能があった方がよいでしょう。 4. […]

ベストなITソリューションをお探しですか

お問い合わせ
ベストなITソリューションをお探しですか?

Newwave Solutions Japan株式会社

Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
- 税コード:0105627951
- 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions株式会社
1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
View Map
icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions Japan株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
View Map
Up To Top