専任の開発者雇用‐ビジネスに不可欠なガイド

専任の開発者雇用‐ビジネスに不可欠なガイド

 専任の開発者は、ソフトウェア開発プロジェクトの心臓部のようなものです。そのため、多くの企業が専属の開発者を雇い、アプリケーションやソフトウェア、ウェブサイトを作成し、業務改善に役立てたいと考えています。 しかし、優秀な開発者を優秀な人材プールから見つけるのは決して容易ではありません。以下の記事で、ニューウェーブ・ソリューションズは、専属プログラマーを雇うための賢い決断をするための最も詳細な情報とガイダンスを提供します。 1. 専任開発者とは?彼らは何を提供するのか? 専任開発者とは、アプリケーションやソフトウェアの構築と開発の役割を担う人のことです。最新のテクノロジーを活用し、ビジネスニーズに基づいた堅牢なソフトウェア開発戦略を構築するための多様なスキルと専門知識を持っています。専任開発者は、クライアントの要件とプロジェクトの規模に応じて、独立して作業したり、専任開発者のチームを結成したりします。 専任の開発者を雇うということは、開発者がテクノロジーと技術面について全責任を負うため、企業はコア業務に集中できることを意味します。 経験とスキルに基づいて、専任開発者はさまざまなタイプに分けられます。そのうちのいくつかはよく見られます。 専任のWeb開発者:これらの開発者は、JavaScript、CSS、PHP、およびNode.jsやReact.jsのようなフレームワークなどのWeb技術に関する深い知識を持っています。企業は、ウェブサイトやウェブ・アプリケーションを開発するために、専属のウェブ開発者を雇うことが多いです。 ソフトウェア開発者:企業は、エンタープライズ・アプリケーションやデスクトップ・アプリケーションを開発するために、専属のソフトウェア開発者を雇います。彼らはJavaやPythonなどのプログラミング言語の専門家です。 モバイル開発者:タブレットやスマートフォン向けのモバイル・アプリケーションを開発する必要がある場合、企業は専任のモバイル開発者を採用します。これらの開発者は、iOSやAndroidを理解しているだけでなく、Kotlin、Java、React Nativeなどのモバイル・プログラミング言語やフレームワークを専門としています。 DevOpsエンジニア:Ansible、Dockerなどのツールの幅広い知識を持つDevOpsエンジニアは、デプロイとソフトウェア開発プロセスの自動化を専門としています。 データサイエンティスト:これらの専門家は、機械学習アルゴリズムと統計的手法を適用してデータを収集および分析します。 >>> もっと見る: ブロックチェーンスタートアップのための開発者を雇う必須ガイド  2. 専任の開発者雇用の5つ以上の主なメリット ソフトウェア、ウェブサイト、またはアプリケーションの効率的かつタイムリーな開発を保証するために、企業は常に専任の開発者を雇う必要があります。この有能な開発者チームは、ビジネス・プロジェクトにいくつかのメリットをもたらします。 2.1. コスト削減 矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、専任のプログラマーを雇用することは、フルタイムの社内チームを使用する場合と比較して、実際には多くのコストを節約することができます。開発をアウトソーシングすることで、従業員の固定費(トレーニング、福利厚生など)を削減することができます。さらに、外注チームはプロジェクトの要件に応じて増減できるため、予算をより効果的に管理できます。 また、多くの場合、賃貸料の安い地域や国で専属の開発者を雇うことができます。これにより、全体的なコストを削減できます。したがって、専門的なプロジェクトや短期的なプロジェクトでは、専属の開発者を雇うことが常に最良の選択となります。 2.2. 高度な専門性 専属開発者を雇うということは、社内のITスタッフが持っていないようなスキルを持つ、専門性の高いチームを持つということです。開発者による専門知識と適切な技術への理解は、あらゆるプロジェクトの成功に極めて重要な役割を果たします。 2.3. 生産性の向上 開発者がプロジェクトに専念することで、作業の生産性が大幅に向上します。その結果、複数のプロジェクトを管理しなければならないスペシャリストを使うよりも開発スピードが速くなります。御社が製品を迅速に市場に投入する必要がある場合、専属のウェブ開発者を雇用することで状況が一変します。 2.4. スケーラビリティと高い柔軟性 急速に変化するビジネス環境において、専属プログラマの採用は、業務量が変動し、短期プロジェクトが頻繁に発生する企業にとって最良の選択となります。 プロジェクト期間中、企業は長期の雇用関係に縛られることなく、最高品質の専門家と協力する機会を得られます。また、開発者チームは、固定チームに関連するコミットメントやコストなしに、プロジェクトの要件とスケジュールに合わせて規模を拡大または縮小することもできます。 2.5. リスクの軽減 専任の開発者を雇用することで、プロジェクト関連のリスクを軽減することができます。企業は、何百、何千ものプロジェクトを完了した経験豊富な専門家と仕事をすることができます。 3. 専任の開発チームを雇うには? その分野のトップエキスパートとプロジェクトを実行する機会を得る前に、まず彼らを雇う方法を知っておく必要があります。 3.1. 専任プログラマーを雇用する6つのステップ 専任の開発者を雇うには、以下の6つの手順に従う必要があると考えています。 ステップ1:プロジェクト要件を定義する このステップでは、開発したいソフトウェア・ウェブサイト・アプリケーションの目標、主要機能、ターゲットユーザー、希望する技術プラットフォームなどを決定する必要があります。プロジェクトの要件とスコープを定義して初めて、どのような専属ソフトウェア開発者を雇う必要があるかがわかります。また、この段階で集めた情報は、パートナー候補とのコミュニケーションや情報発信に活用されます。 ステップ2:潜在的なパートナーを調査してリストアップする 市場には多くのソフトウェア開発アウトソーシング会社があります。あなたの仕事は、プロジェクトに適したパートナーを選ぶことです。ランキングサイトやオンラインレビューでパートナー候補をリサーチすることができます。同じようなプロジェクトの経験がある会社を優先しましょう。 ステップ3:開発者のスキルを評価する 専属の開発者を雇うには、パートナー候補がプロジェクトの要件を満たすために必要な経験と知識を持っているかどうかを評価する必要があります。彼らがプロジェクトの規模や複雑さに適しているかどうかを確認します。評価するには、レビューサイトでパートナーについて読んだり、直接会って経験や方法、使用している最新のツールについて尋ねたりすることができます。 ステップ4:提案、見積りを依頼する 潜在的なパートナーのリストを絞り込んだ後、提供したプロジェクト情報に基づいて詳細な見積もりと提案を依頼する必要があります。提案には、プロジェクト計画、予算見積、チーム構成などを含めます。 ステップ5:話し合いと契約の締結をする パートナーを選んだら、専任のモバイル開発者を雇う次のステップは契約書に署名することです。契約書はプロジェクトの法的枠組みを提供し、関係するすべての当事者の権利と利益を保護します。契約書には、製品要件、期限、支払いスケジュール、セキュリティ問題などに関する条件を明確に記載する必要があります。 ステップ6:オンボーディングを計画する このステップでは、コミュニケーションチャネルの選択、プロジェクト管理ツールの選択、会議のスケジュール設定を行います。また、効果的なコラボレーションを実現するために、プロジェクトの目標と企業文化に合わせて開発者を配置する必要もあります。 3.2. […]

オフショア開発 May 23, 2024

オフショア開発

オフショア開とは、国内より賃金が安い海外の開発企業・子会社に作業を委託する開発手法です。オフショア開発によりシステム開発や保守・運用管理などに費やす経費を抑えることができます。 この有益な情報が、Newwave Solutions をより深く理解し、ソフトウェア開発分野での協力ユニットを選択する際により客観的な視点を持つのに役立つことを願っています。

  • ホームページ / オフショア開発 - Newwave Solutions Japan
  • ベトナム 人件 費 IT産業における件費とその影響要因

    ベトナムのIT産業は力強く成長しているため、この産業におけるベトナム人件費を評価し理解することは非常に重要です。これは企業の競争力に影響を与えるだけでなく、技術分野における優秀な人材の育成と獲得能力に繋がります。  情報技術産業におけるベトナム人件費に影響を与える要因  ベトナム 人件 費 どの要因が最も強い影響を与えるかを明確に理解するために、ベトナム人件費に影響を与える要因について詳しく学びましょう。   経済指標  世界および国内の経済状況は、IT人材市場に大きな影響を与えます。世界経済の低迷、国際紛争、Covid-19の流行は、情報技術産業、システム開発市場価格に影響を与え、ベトナムにおけるIT業界の製品消費と輸出市場に影響を与えてきました。  >>> もっと見る: ODCとは?オフショア開発センターの意味を解説 対外政策改革  継続的な拡大と国際統合により、情報技術企業にとって、さまざまな国から情報技術エンジニアをますます引きつけ、採用する有利な条件が生まれています。  情報技術への投資促進  情報通信技術への投資は、ビジネスや経営におけるパフォーマンスや効率の向上に役立ちます。企業は、情報技術システムを開発するために、確かな専門知識を持つ人材、情報技術に特化した高い技能を持つベトナム人のエンジニアを必要としています。  そのため、一企業だけでなく多くの企業が、近代的で先進的なITシステムを持つために、ベトナム人件費に多額の投資を行うことを躊躇していません。  資格、プログラマー単価、企業要件の差  この格差がIT人材の不足につながっています。IT人材の新卒者数は年々増加していますが、企業の実際の要件を満たしているのはごく一部です。IT人材市場で競争を勝ち抜くためには、テクニカル・スキルとソフト・スキルの訓練と向上が必要です。  IT業界のベトナム人件費  この業界における人材の給与は、各ベトナム人エンジニアの人月によって決まります。ベトナム人件費は今後、社会経済状況や経験年数に応じてより明確に分類されるでしょう。  では、人月とは何か?これはプロジェクトマネジメントにおける時間計測の単位で、1ヶ月またはそれに相当する人の作業時間を表します。この単位は、特定のタスクを実行するために必要な作業量や労力を見積もり、測定する手段として使用されます。  近年、ベトナムはITアウトソーシングの開発が著しい国のひとつです。ベトナムでのオフショア開発は、IT業界で人気になってきます。国や地域によってコストや通貨が異なるため、ベトナムだけでなく他のアジア諸国も、人材の質とコストの最適化の両面で高く評価されています。  IT業界のベトナム人件費はあまり変動しない  IT業界のほとんどの職種は、比較的近い給与からスタートします。2年勤務すると、経験や基礎知識の蓄積により給与が急上昇します。  企業は、IT業界のベトナム人件費に対して、以下のような追加的な知識やスキルを持っている場合、より高いコストを支払うことになります。  ・基本的なスキル:Java、Python、.Net、C++、PHPは、長年にわたり高い評価と給与を維持しています。  ・新しいスキル:クラウド、人工知能(AI)、機械学習(ML)、DevOpsは、市場の動向と需要を反映し、より高い給与でより多くの投資を受けています。  IT業界のベトナム人件費は、労働者の職階が上がれば上昇します。職階によって大きな差があり、リーダー・マネージャー、ディレクター・アーキテクト職の給与が最も高く、月給相場とエンジニア価格の差とも考えられます。  例えば、ジュニア職の平均給与は月収600~1,000USDであるのに対し、中堅・上級職の平均給与は月収1,100~2,000USDと徐々に上昇し、最上位職では月収2,500USD(ベトナム単価で6,000万VND以上に相当)を超えることもあります。  全体として、システムエンジニアの単価は以前とあまり変わっていないものの. 全体として、システムエンジニアの単価は前年とあまり変わらないものの、職種やレベル、あるいはシステム設計の価格表には、業界内で変動や差別化が見られます。  >>> もっと見る: オフショア開発による収益2倍 ベトナムの情報技術分野の人材比率は全労働人口の1.1%と推定される  情報技術分野において、ベトナムの国家総労働人口に占める人材の割合は、現在5,100万人中1.1%と推定されています。しかし、近い将来、ベトナムのこの比率は、技術的な質の向上に伴い、2%まで上昇すると予想されています。  2025年までに、ベトナムのデジタル経済目標はGDPの約20%を占めるように目指しています。2030年の予測では、デジタル経済はGDPを7%~16%押し上げ、約280億~620億米ドルに相当します。  政府はデジタル経済を推進するために多くの政策やソリューションを導入しており、その中で人材は重要な役割を担っています。デジタル思考とデジタル・スキルを持つ新たな人材は、デジタル経済への転換を促進し、実行するための重要な要因となります。  従って、企業が人材への投資を増やしたいのであれば、この業界の平均IT単価はビジネスコストの多くを占めるため、より注意を払う必要があります。  FPT Digitalの調査によると、デジタル人材が充実している企業は、充実していない企業に比べて、収益と利益を12%~20%増加させることができます。  同時に、デジタル人事戦略を導入している企業は、一般的に他の企業よりも従業員の定着率が20%高く、人材管理プロセスの改善が2~3倍高くなる可能性があります。  国内外におけるIT人材の競争的発掘  現在、デジタル人材の需要、特にIT分野の需要は増加の一途をたどっています。ベトナムがハイテク投資の魅力的な投資先となっていることを考えれば、この成長は理解しやすいです。  情報技術人材を持たない企業は、平均的な市場価格で積極的に外部人材を雇用することができます。 しかし、企業や業界でデジタルトランスフォーメーションの必要性が高まるにつれ、トランスフォーメーション・プロセスを担う人材の確保が課題となっています。アウトソーシング・ユニットに支払う月額料金は、時に企業の人員よりもはるかに高額になります。  リモートワークがますます一般化する中、多くの国内企業や外資系企業が他国からの労働力ソースの探索を拡大しており、人材確保における熾烈な競争につながっています。  これは給与の上昇につながるため、IT業界のベトナム人件費に問題が発生し、労働条件の改善が必要となる一方で、人材不足による労働者の転職やプロジェクトの中断を招く可能性もあります。これらの問題はすべて、ベトナムの企業の事業活動に影響を与えます。  したがって、この課題に対処するために、企業は明確なビジネス戦略を策定し、正確なデジタルトランスフォーメーションのロードマップを構築すると同時に、長期的な計画を立て、人材の獲得と育成を行う必要があります。 その人材は事業の発展に伴走していきます。 >>> もっと見る: 情報技術業界におけるインド人件費の分析 IT分野における人材市場のチャンスとチャレンジ  […]

    オフショア開発 2024年5月23日

    情報技術業界におけるインド人件費の分析

    IT業界におけるインド人件費に疑問を持ち、業界の競争力について知りたいですか?インドのIT業界のメリットとデメリットは何ですか? この記事では、Newwave Solutionsと一緒に情報技術業界におけるインド人件費の競争と発展可能性について分析しましょう。 インドのIT業界の概要 情報技術(IT)業界は、インド経済において重要な役割を果たしています。ITと電気通信の急速な発展により、ITはインド人に何百万もの雇用を生み出す業界の1つになりました。 統計によると、インドのIT業界は2021年の1900億ドルから5年間で約3500億ドルの収益を達成し、この数字は力強く成長し続けているということです。これは国内IT企業の発展と世界各国からのITサービスアウトソーシングの増加の結果です。インド人件費が安いため、アウトソーシングのIT人材が増える傾向になります。 インドの給与と人件費は、職種によって大きく異なります。データアナリスト、プログラマー、テスターなどの専門資格やスキルによって1人月相場は異なります。ただし、他の先進国と比較すると、インドでのコストやエンジニア単価相場は低いことが多く、インドの組織にとって競争上の優位性を生み出しています。 グローバルな競争とデジタル変革に直面しているインドのIT業界は、デジタル時代における成長機会を維持し、獲得するために努力しています。 IT業界のインド人件費 人件費の安さと質の高い人材のおがけで、インドは世界各国からITサービスのアウトソーシング先として人気を集めています。KPMGの報告書によると、インドのIT従業員の平均給与は年額17800ドルで、1人月相場の1483ドルに相当するということです。 国際企業がITプロジェクトの実施にインドを選ぶのは、その価格競争力と効率的な品質が理由であることが多いです。インドの金が安いことも、インド人件費に影響を与える客観的な要因です。インド人件費を含む平均的なIT単価には、基本給だけでなく、昼食手当、住宅手当、出張手当、社会保険などの手当や福利厚生も含まれます。インドのIT企業は、従業員が効率的に働けるよう、魅力的な福利厚生パッケージを提供して従業員を維持することがよくあります。 インドのIT業界には優秀な人材が豊富にいます。インドのIT業界を代表する組織であるNasscomの統計によると、IT従業員は約450万人で、そのうち150万人が新入社員ということです。インドは集中的なIT教育システムを提供しており、3000以上の大学や技術研究所があります。毎年、約150万人の新しいITエンジニアを卒業します。多くのインド人IT従業員は、英語でのコミュニケーションや海外顧客との共同作業に非常に優れています。 企業は、インドのIT人材を活用することで、作業の品質と効率を確保しながら、人件費を大幅に節約できます。このおかげで、これらの企業はインドのIT業界の力強い成長に貢献し、世界の情報技術分野に関しては、インドを主要な目的地の1つに位置づけています。 オフショア開発のパートナーをお探しですか?すぐにご連絡ください。 IT業界におけるインド人件費を他国と比較 Tholonsが提供するITのインド人件費指数(ITLCI)によると、インドのITLCIスコアは100で、ランク付けされた50カ国の中では最低ということです。米国のITLCIは218で、最高です。IT業界におけるインド人件費は米国の約46%に過ぎません。コストの値幅によって、国ごとに「単価とは何か」の定義が異なります。そのため、インド人件費は大きく異なります。 このITLCI指数は、給与、オフィスコスト、追加の人件費、旅費、生活費など多くの重要な要素に基づいて算出されます。この違いの主な理由は、インドの賃金と人件費がかなり低いことです。 IT業界におけるインド人件費が他国に比べて低いことは、インドのIT業界にとって大きな競争優位性を生み出しています。また、ITシステム設計の料金表には様々な項目が含まれており、顧客のニーズに応えています。サービスを使う会社は、月額単価のアドバイスを求めることで、より安い価格を得ることができます。これにより、多くの国際的な企業や組織がインドに集まり、ソフトウェア開発やITサービス センターが設立されています。 企業はインド人労働者を活用することで、仕事の品質とパフォーマンスを確保しつつ、コストを大幅に節約できます。これはインドのIT業界の力強い成長に貢献し、インドをこの分野で世界有数の目的地の1つとして位置づけています。 インドにおけるITシステムの開発可能性 ITに対する需要の増加: 人工知能、クラウドコンピューティング、モノのインターネット、ビッグデータ、ブロックチェーンなどの新技術の開発により、ITに対する需要が増加します。インドのIT企業はこの機会を活用して、国内外の顧客に最先端のITソリューションを提供できます。 IT業界におけるインド人件費は今後上昇すると予測されています。世界的な情報技術の需要の増加に伴い、インドは今後も投資を呼び込み、IT産業における人材の育成を育成することができます。情報技術の教育と訓練への投資は、より多くの雇用機会を生み出し、インドの労働者の技術レベルを向上させるでしょう。 >>> >>> もっと見る: 【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 インドはIT分野への投資を促進する政策を推進しています。 インド政府はインフラ整備や税制支援など、投資を促進する政策を導入しています。これにより、企業がインドでソフトウェアおよびITサービスセンターを開発する条件が生まれます。 インド政府はデジタル経済の発展を支援する政策を実施し、情報通信技術分野に有利な条件を整えています。インド政府は、2025年までに国のデジタル経済を1兆ドルにするという目標を掲げています。この目標の達成に貢献する重要な要素には、電子商取引の成長、携帯電話とデジタル決済の台頭が含まれます。 情報技術分野での主導的役割を維持し強化するため、インドはデジタルインフラと接続ネットワークへの投資に注力する必要があります。現在、企業全般、特に個人はデジタルプラットフォームへの依存度を高めています。 したがって、あらゆる産業、特に情報技術産業は、高速インターネットアクセスと強力な技術インフラを確保する必要があります。これは、デジタルの差を減らし、すべての地域に平等な機会を提供するための鍵となります。 インドでは、電子商取引、ヘルスケア、金融技術の分野で成功を収めたスタートアップ企業が成長しています。情報技術業界も例外ではありません。インドは現在、世界のデジタルリーダーとして台頭しており、企業や国に絶好の機会をもたらしています。 適切な投資とパートナーシップを通じて、インドはこの状況を継続し、世界のデジタルリーダーとしての地位を強化することができます。今こそ、インドとともにIT業界のデジタル革命、技術革新、デジタルトランスフォーメーションに参加するのに最適な時期です。 まとめると、情報技術産業におけるインド人件費の分析により、大きな競争と成長の可能性が示されました。人件費の安さを競争力とするインドは、世界中からITプロジェクトや投資を集めています。IT業界の発展は経済に重要な貢献をし、インド国民に雇用の機会を創出します。ご一読ありがとうございました! Related Posts 【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説 ニアショアとは?ニアショア開発とオフショア開発はどちらが良いのでしょうか? 【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 ベトナムIT企業トップ10

    オフショア開発 2024年5月23日

    ブリッジSE(BrSE)とは何か?知っておくべき6つの重要なポイント

    現在、ブリッジse(BrSE)は、情報技術を学んでいる、あるいはこれから学ぶ多くの若者にとって魅力的な仕事になりつつあります。この記事では、ブリッジseとは何かをより深く理解するために、Newwave Solutionsが最も基本的な情報に答え、ブリッジエンジニアになるための資質を理解するのに役立ちます。 1. ブリッジSE (BrSE) とは何か? BrSE(ブリッジシステムエンジニア)は、アウトソーシングサービスを提供する専門企業内で、顧客部門と開発チームを繋ぐ仕事です。  ブリッジ エンジニアは、顧客サービス要件を理解し、それらの要件を自社の開発チームに伝えることを主な業務とすることが多いです。  そのためにブリッジエンジニアは、依頼を受けた段階から納品まで、プロジェクトの進捗を常にフォローする必要があります。 2. ブリッジシステムエンジニアの役割 2.1.言語とテクノロジー  ブリッジseとは、単なる翻訳者ではありません。日本語やあらゆる言語に堪能であるだけでなく、ITに関する強力な知識を備えた人材です。 ブリッジseとは、クライアントの要件を開発者に明確にし、開発者の視点やプロジェクトの進捗状況をクライアントに伝え、不一致が生じた場合には解決策を導きながら、すべての進捗に影響を与えないようにナビゲートする人です。ブリッジseに求められるのは、クライアントが望む成果物や、クライアントの課題をどのように解決するかをしっかりと把握し、開発者に理解できるようにそれを伝えることです。そのため、ITの知識は必須となります。  実際には、ブリッジseに転職する人の大多数は、開発者として少なくとも1~2年の経験を積んでいます。その後、外国語スキルやプロジェクト管理スキルを磨くことに重点を置き、キャリア転換の前にこの側面を強調します。  2.2.プロジェクトのさまざまな段階での柔軟な役割  ブリッジseが、プロジェクトのさまざまな段階でさまざまな役割を担うのは当然のことです。例えば、プロジェクトの初期段階では、顧客のニーズや仕様を分析し、ソリューションを提案するなど、ビジネスアナリストと同様の活動を行います。実装段階では、プロジェクト マネージャーの役割を引き受け、プロジェクトの進行状況を監督したり、言語の仲介者として機能したり、テスターのようにソフトウェアをテストしたりすることもあります。さまざまな責任を伴う多面的な役割です。 >>> もっと見る:  【2024年最新版】ブリッジSEとは?SEの平均単価 3. オフショア開発プロジェクトにおけるブリッジseの重要性 ある意味、ブリッジseの役割は主にIT企業、特にオフショア開発業界において特徴的な存在と言っても過言ではありません。ブリッジseがオフショア開発プロジェクトにとって重要である主な理由の1つは、そのようなプロジェクトでよくある2つの失敗を防ぐ能力です。  第一に、オフショア開発プロジェクトで生じる言語の壁を克服するのに役立ちます。オフショア開発の特徴である、異なる国に住む人材とのコラボレーションでは、異なる言語を扱う必要があります。アウトソーシングプロジェクトの中、顧客の言語(日本語、英語、韓国語など)に堪能な開発者とともに、1~2名のブリッジseを配置することで、企業は要件やニーズを開発チームに効果的に伝えることができます。クライアントはブリッジseやプロジェクトマネージャーを含め、全体として3~4人程度と相談すればよいです。これにより、すべての情報を1か所に収集するプロセスが合理化され、管理が容易になります。  第二に、プロジェクトのハイレベルな段階をスムーズに進めることができます。これには、クライアントの使用状況と要件を分析し、課題に解決するソリューションを提案することが含まれます。ITをよく理解しているブリッジse (プロジェクトマネージャーの代替として機能することもあります) は、クライアントの既存のソフトウェアシステムや課題を分析し、小規模なテストを実施し、さまざまな役割を担うことができます。  このようにして、双方間の協力の架け橋として機能するブリッジseとは、非常に貴重な人材であることが証明されています。 4. ブリッジseの責任と年収 4.1.ブリッジseの責任  ブリッジseとは、オフショア開発がスムーズに進むよう、双方の橋渡し役を担ってる人であり、以下の業務を担当します。  日々の仕事:  顧客とのコミュニケーション、メールなどの処理  日次計画の作成  プロジェクト進捗の監督・報告  週、月、四半期などのレポート作成  プロジェクトごとの作業:  顧客の要求・仕様を分析し、方法を提案する  オフショア設計書の作成  開発チームへの開発・設計内容の説明  完成品のテスト  顧客へのオフショア開発進捗・品質報告  双方の打ち合わせ設定等のサポート  4.2. ブリッジseの年収  ブリッジseの年収は、経験やスキルなどの要素によって異なり、また地域によっても異なります。例えば、日本では、ブリッジseの年収は450万円から850万円(約3万米ドルから5万7千米ドル)が一般的です。一方、ベトナムのような場所でオフショアサービスを活用する場合、経験豊富な専門家にその年収の半分を支払うことも可能です。 >>> もっと見る: 【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説 5. ブリッジseが仕事をする上で抱えている問題とその解決策とは? […]

    オフショア開発 2024年5月23日

    ラボ型開発とは何か?請負開発の違いやメリットについての徹底解説

    低コストで委託・発注できるオフショア開発には「ラボ形開発」と「請負開発」の2種類があります。では、ラボ形開発とは一体何でしょうか?請負開発と比べてどのようなメリットがありますでしょうか?それについては次の記事をご覧ください。  1.ラボ型開発とは  ラボ型開発は、専属のエンジニアチームがあるプロジェクトに一定期間に参加することを確保する形態です。  システム開発をアウトソーシングする際に、従来では請負開発が一般的でした。この請負モデルでは、プロジェクト単位での契約となり、プロジェクトが終わると開発チームは解散します。  ラボ型は長期的、例えば6ヶ月や1年以上といった期間単位で開発リソースを確保するモデルで、一定量の開発作業が恒常的にある企業、例えばサービス事業会社、新規事業を立ち上げる企業などに適しています。  2.ラボ型開発のメリット  2.1.開発コストを抑えられる  オフショア開発とラボ型開発の目的は本来様々ですが、ラボ型開発のメリットとしてまず挙げられるのが開発コストを抑えられることです。 ラボ形開発では、専任の開発チームと継続的な開発が保証されます。そのため、長期にわたる大規模な開発の場合、企業の大幅なコストを削減するのに役立ちます。また、請負開発の場合、納品後・受入テ ストの修正や開発途中の仕様変更などに追加費用が発生します。  2.2.優秀なエンジニアチームを一定期間内に確保できる  ラボ型開発の2つ目のメリットは、優秀なリソースを一定期間確保できることです。ラボ型開発により、特定のリソースを自社専任で一定期間確保することが可能となります。社内システムの保守・運用とアプリケーションソフトをリリースすることは海外のラボ型開発に適します。  2.3.仕様変更や修正が柔軟に対応できる  ラボ型開発の3つ目のメリットは、仕様変更や改訂に柔軟に対応できることです。請負開発の場合、成果物に基づく契約となるため、仕様の変更や修正が発生するたびに見積りが必要となります。ただし、ラボ型開発の場合は「工数×時間」の原則で契約するため、修正があっても見積りを提示する必要はありません。これにより、エンジニアは仕様変更などの作業にも柔軟に対応できます。  3.ラボ契約開発のデメリット  3.1.一定期間中には大量の仕事を行う必要がある  ラボ型開発は、一定期間中に専属チームを確保する契約形式です。したがって、契約期間中に開発チームは一定量の仕事を発注する必要があります。明確な発注プランや依頼の方向性が定まっていないと、チーム運用が迷走してしまう可能性もあります。  3.2.チームビルディングの時間が必要  ラボ契約の依頼者側は、チームの一員として開発に参加することができます。準備やレクチャーを通してチームビルディングを行う必要があるため、チームを結成したばかりの時期は「滑り出しが上手くいかない」と感じることもしばしばです。  3.3.費用対効果が低くなりやすい  ラボ型開発では、契約期間中に一定量の仕事を完成する必要があります。したがって、依頼する案件量が少ないと、逆に実際のコスト削減効果が得られない可能性があります。「継続して依頼できる量の案件があるか」、「発注する案件が少なくなった時の対策は練られているか」などの点を事前に熟考しておく必要があります。  4.ラボ型開発と請負型開発の違いは?     ラボ型契約  請負型契約  責任範囲  業務の遂行  契約期間内での成果物の完成  契約期間  指定した期間  納期まで     どちらもそれぞれ特殊なメリットはありますが、大きな違いとしては「契約の詳細内容」に微妙な差異があるのが特徴です。概要の項で解説した通り、ラボ型開発は「指定した期間の間だけエンジニアを確保できる契約」です。一方、請負型開発は、「発注したシステムやサービスを完成させて納品する契約」となります。プロジェクトの完了を目的に契約を結ぶのが、請負型開発なのです。  期間を設けて「継続的にエンジニアチームを確保したい場合」にはラボ型開発が役立ちますが、「システムやサービスの完成だけを依頼したい場合」は、請負型開発が重宝するでしょう。請負型開発は、プロジェクトが完成すれば契約が終了となるため、余分な開発コストが発生しにくい利点があります。一方、請負型開発は完成品となるシステムやサービスの全体像が曖昧だと、必要なエンジニアの数や工数の見積が立てにくくなるという欠点もあります。     5.まとめ  この記事では、ラボ型開発と請負型開発の違い、特徴やメリット・デメリットを紹介してきました。ラボ型開発は、コストを削減し、中長期的に人材を維持できるため、魅力的な開発手法です。  また、仕様や要件が変更される可能性がある場合や、プロジェクト量が安定している中長期の開発プロジェクトの場合には、ラボ型開発をお勧めします。一方、受託開発は要件や納期が明確な場合や、ワンタイムで開発を委託したい場合に適しています。それぞれの違いを解消し、自社に適した開発を進めてみましょう。  Related Posts 【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説 ニアショアとは?ニアショア開発とオフショア開発はどちらが良いのでしょうか? 【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 ベトナムIT企業トップ10

    オフショア開発 2024年5月23日

    【2024年最新版】ブリッジSEとは?SEの平均単価

    1. ブリッジSEとは?  ブリッジSE(Bridge Software Engineer、BrSEの略語)またはブリッジエンジニアは、会社とお客様をつなぐ責任者です。BrSEの仕事は、顧客の目標や要件を確認することで、プロジェクト実施チームをサポートすることです。同時にBrSEは、顧客がチームの製品開発工程を明確に理解できるようサポートします。この役割のおかげで、BrSEは両者が互いを理解し、プロジェクト開発工程が首尾一貫したものとなり、高いパフォーマンスを達成できるよう支援します。このタスクを遂行するために、ブリッジSEは、リクエストの受領段階から製品の引き渡しプロセスまで、プロジェクトの進捗状況を注意深く監視する必要があります。  2. SEの平均単価  Estatによると、一般的なSE単価は38万円前後で、タスクや担当業務によって変動します。一般的に、5年以上の経験を持ち、オフショア開発プロジェクトに参画した実績のあるITエンジニアは、平均よりも高単価となります。   一般的にSE単価を見ると、大半が初心者と中級者であることがわかります。キャリアアップにはコスト増がつきものですが、その価格を果たすのはごく一部です。高単価を果たすためには、優れた技術や経験だけでなく、それ以外の要素も欠かせません。  2.1.エンジニアの相場は業界によって異なる  ITには様々な職種があり、エンジニアの価格も様々です。一般的には、顧客と直接やり取りをしたり、要件定義やシステム設計などの業務を担当したりすると、仕事の流れが上の段階に行くほど、相場が上がっていきます。ITエンジニアの中でも、プロジェクトマネジメントなどの全体的な仕事を請け負う人は、平均よりもSE単価の相場が高くなっています。  逆に、テストや運用・メンテナンスなどの工程がすでに確立されており、特別な知識や専門的なスキルを必要としない場合は、単価を下げることができます。企業規模や経験年数、仕事の大きさによる違いを見ることができます。システムエンジニアやITエンジニアの場合は総務省の査定によると、単価表が変わることもあります。  詳細は以下をご参照ください。  レベル  人月単価  新人エンジニア  60万円~80万円  中級エンジニア  80万円~100万円  シニアエンジニア  100万円~140万円  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 2.2. SE単価は地域によって異なる  SE単価は業種によって異なるほか、地域によっても異なります。これはインフラコストや生活コストの違いによるものです。  例えば、同じオーダーでも、大都市では月平均100万円のSE単価が、地方や都市部の小規模な地域では60万円から70万円に下がることもあります。一方、物価の安い国では30万円を下回ることもあります。  地域と業種の2大要素に加え、経験年数や業務規模もSE単価に影響します。 3. ブリッジSEを使用する際のメリットとデメリット  ブリッジSEは、ITに関する知識だけでなく、顧客と開発チームの間の作業プロセスにおいて重要な役割を果たします。さまざまなメリットとデメリットがありますので、ブリッジSEを利用するには、プロジェクトの効果と成功を確実にするための慎重な検討と適切な判断が必要です。  3.1. ブリッジSEのメリット  情報技術エンジニアをプロジェクトに組み込む最も顕著な利点のひとつは、効果的なコミュニケーション能力です。このエンジニアは、顧客と開発チームの間で正確な情報伝達を支援するだけでなく、両者の対立や誤解を解決する上でも重要な役割を果たします。  さらに、ブリッジSEのサポートと進捗管理は、関係者に十分かつ適切な情報を提供しながら、すべての作業を円滑に進めるのに役立ちます。特に、リーズナブルな価格で豊富な経験を持つITエンジニアを採用できれば、プロジェクトに大きなプラスとなるでしょう。  3.2. ブリッジSEのデメリット  しかし、すべてが完璧というわけではなく、ブリッジを使用することでデメリットも生じます。小規模なプロジェクトでは、ブリッジSEを雇用するコストを慎重に検討する必要があります。前述したように、SE単価は決して小さくはなく、十分な価値をもたらさないこともあるため、慎重に検討する必要があります。  考慮すべきもう 1 つの側面は、ブリッジSEの能力と経験です。  このブリッジSEが効果的に働かなかったり、プロジェクトに対する深い理解がなかったりすると、作業工程に好ましくない障害が生じる可能性があります。   また、上流工程も困難になる可能性があります。ブリッジSEは、しばしば意思決定の仲介役を務めなければならず、これが遅延を生み、プロジェクトの柔軟性を低下させます。  4. まとめ 全体として、ブリッジSEを使用するかどうかは、プロジェクトの規模、予算、プロジェクトの特殊性など、多くの要因に依存します。しかし、正しく導入されれば、ブリッジSEは顧客と開発チームを強固に結びつける有用なリソースとなるでしょう。  Newwave Solutions Japanは、先進的なITソリューションを提供するだけでなく、お客様のアイデアと当社の専門家チームの創造性の間に強固な架け橋を築きます。ブリッジSEのサービスは、単なるワークフローの一部ではなく、当社が請け負うすべてのプロジェクトにおいて、深い理解と長期的な成功を引き出す鍵なのです。  Related Posts 【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説 ニアショアとは?ニアショア開発とオフショア開発はどちらが良いのでしょうか? 【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 […]

    オフショア開発 2024年5月23日

    ODCとは?オフショア開発センターの意味を解説

    日本のIT業界は、特にAI、データサイエンス、クラウドコンピューティングなどの先端技術分野で深刻な人材不足に直面しています。若い人材も減り、人材育成が難しくなっています。そこで、この状況を打破する方法として「オフショア開発センター(ODC)」が利用されるようになっています。  では、ODCとは何ですか?ODCとはどういう意味ですか? Newwave Solutionsで説明させていただきます。また、オフショア開発に興味がある方は【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説の記事もぜひご覧ください。  1. オフショア開発センター(ODC)とは? オフショア開発センター(ODCの略語)とは、海外国で活躍しているセンターがソフトウェア開発サービスを提供することを指します。ODCは、日本よりも人件費が安い外資系企業のソフトウェア開発モデルの一つです。具体的には、IT専門家チームが担当し、一定期間(通常3か月~1年程度)プロジェクトを実施します。  ODCのメンバーは?  開発チーム(Development Team): UX/UIデザイナー、テスター、フロントエンド・バックエンド・フルスタックエンジニアなど、ソフトウェア開発プロセスに直接関与するIT専門家が含まれます。利用者に提供する製品を完成させます。  ソフトウェアアーキテクト(SA – Software Architect):システムインフラストラクチャを構築し、製品の整合性とパフォーマンスを保証する責任を負う人です。  プロジェクト管理(PM – Project Manager):顧客にコンサルティングし、適切なサービスを提案し、プロジェクトの進行状況を計画および管理し、すべての作業がスムーズに進むようにします。  ビジネスアナリスト(BA – Business Analyst):顧客のニーズを分析して開発計画を策定し、ソリューションや戦略的文書を提供します。  品質保証(QA – Quality Assurance):製品の品質を保証し、プロジェクトの進行状況を監視して、製品が品質基準を満たしていることを確認する人です。  翻訳および通訳サポートチーム:ブリッジSE、ITコミュニケーターなど、社内チームと顧客の間で文書の翻訳および通訳を担当する専門家です。  2. ODCの意味は?オフショア開発センターのメリット ODC(オフショア開発センター)は単なる経営戦略ではなく、企業にとって大きな意味をもたらします。  2.1.コストの最適化  ODCは、日本よりも人的コストが低い国で開発することで、コスト面で大きなメリットをもたらします。これは、国内で働くエンジニアを雇用する場合と比較して、特に重要です。例えば、日本とベトナムを比較すると、ベトナムの人件費は日本の1/3から1/2しかありません。  コスト削減は人件費に適用されるだけでなく、インフラストラクチャやその他の多くの要素など、さまざまな側面に関係します。特に、ODCはシステム開発仕様に変更があった場合のコスト削減に役立ち、開発プロセスの柔軟性と節約を促進します。  2.2.高品質のIT専門家チーム  ODCオフショア開発室を配置するためにトップITの国を選択するということは、高品質のリソースを活用する機会があることを意味します。優れたIT教育システムとより多様なエンジニアがいる国では、日本のリソースでは提供できない可能性のある有能な労働力が確保されていることがよくあります。  さらに重要なのは、システム開発を安定したIT専門家チームに委託することで、プロジェクトをスムーズに進めることができるということです。保守、運用、インフラストラクチャ管理などのタスクだけを担当してもらえれば、作業プロセスはよりスムーズかつ効率的になります。  2.3.柔軟な開発と時間の最適化  ラボ型開発はアジャイル思考の使用を通じて実現され、柔軟な開発が可能になります。一方、受託開発はウォーターフォールで行われるため、開発途中で仕様を変更することができません。  ラボ型開発アプローチでは、完璧であることが主な目標ではなく、MVP (Minimum Viable Product) を使用することで、最小限の仕様を考え出し、ユーザーからのフィードバックに基づいて改善を続けることができます。これにより、ユーザーの反応に応じて仕様を柔軟に実験および調整できます。  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 3. Newwave Solutions Japanにおけるオフショア開発センター Newwave Solutions JapanのODCサービスは、コストの削減に役立つだけでなく、他の多くの重要なメリットももたらします。ODCの使用により、為替レートの違いにより人件費が削減され、採用、トレーニング、オフィスインフラストラクチャなどに関連するコストが削減されます。これはプロジェクトの総コストの削減に大きく貢献します。  採用プロセスを厳密に管理することで、当社は定期的に精査され、顧客の期待を確実に満たし、それを超える高品質のIT人材を提供することに尽力しています。これにより、柔軟性があり、プロジェクトのあらゆる変更にすぐに対応できる質の高いチームを構築することができます。  […]

    オフショア開発 2024年5月23日

    注目の記事

    CEOであるTo Quang Duy氏が、ベトナムでのNewwave Solutionsソフトウェア会社の将来計画についてGoodFirmsに共有 
    Newwave Solutionsは、ベトナムソフトウェア会社として、ソフトウェア開発ソリューションと一流の品質技術ソリューションを世界中のクライアントとパートナーに提供することに努めています。当社が今後数年間でどのような計画やサービスを提供するかを知るために、続きをお読みください。 本年9月、革新的なB2Bリサーチとレビュー企業のGoodFirmsは、Newwave SolutionsのCEOであるTo Quang Duy氏をインタビューする機会を得ました。GoodFirmsのIT企業ランキングにおける豊富な経験に基づき、Newwave SolutionsはGoodFirmsのチームとのインタビューを行い、会社の将来計画について共有することを光栄に思います。 会社のハイライト       10年以上の実務経験を有する     800以上のプロジェクトを成功に導く     800以上のクライアントを持つ     300人以上の専門家がいる Newwave Solutionsは、最高のITソリューションを提供し、世界中のビジネスプロセスを強化するための統合された技術システムソリューションを提供することを夢見ます。これらのソリューションはすべて予算内で、高い効率で提供されます。様々な業界にサービスを提供し、よく組織化された有能な方法で信頼できる改善技術を採用することによって、説得力のあるプログラムを作成します。   なぜ、Newwave Solutionsはベトナムソフトウェア会社トップとして認められているのか? Newwave Solutionsは、お客様のビジネス要求を規定時間内に満たすために、精力的にリソースを管理しています。 ISO 9001及びISO 27001の認証に裏打ちされた万全の品質管理体制とデータの安全性を備えています。 Newwave Solutionsの専門家は、お客様の安全なビジネスを確保するため、極めて高い機密性と安全性を維持しています。 当社は、クライアントとの良好なコミュニケーションが重要であると考えています。日本やアメリカのクライアントとのパートナーシップの経験により、異なるタイムゾーンでの作業にも柔軟に対応します。     すべてのサービスにおいて、費用対効果の高いITソリューションを提供しています。 Newwave Solutionsは、日本、シンガポール、オーストラリア、インド、アメリカなど、世界中に800以上のクライアントを持つ、ベトナムソフトウェア会社トップです。大切なクライアントのご支援のおかげで、ベトナムオフショア会社は現在、ベトナムの海岸を越えてその足跡を広めることに忙しくしています。 過去10年間の経験とプロセスにより、GoodFirmsではベトナムソフトウェア会社トップの中で栄誉ある地位を確立しています。本年9月、GoodFirmsチームは当社のCEOであるTo Quang Duy氏と会談し、Newwave SolutionsのITサービスや今後の展望を聞く機会を得ました。 ベトナムに拠点を置くNewwave Solutions は、10年以上の経験を持ち、300人以上の熱心な従業員を抱える最高品質のアウトソーシング企業であると、Duy氏は語ります。2011年の設立以来、モバイルアプリ開発、ソフトウェア開発・保守、Q&A・テスト、ゲーム開発、UI/UXデザイン、その他新技術の分野で、効率的なサービスを提供しています。 「ベトナムで成長中のカスタムソフトウェア企業として、Newwave Solutionsは深い経験、責任感、技術への情熱を兼ね備えており、クライアントに最適なソリューションを提供するだけでなく、プロジェクトにプラスの影響を与えることができます。」と、Duy氏は適切なソリューションを提供するNewwave Solutionsの能力に明確にしました。努力と比類のないサービスにより、カスタムソフトウェア開発会社のトップの1つとして認知されています。 オフショア開発ベトナム会社のNewwave Solutionsは、過去10年間にサービスを強化し、現在、日本とベトナムの2つの支社を持っています。 Newwave Solutionsに対するお客様の声 Duy氏によると、Newwave Solutionsは90%のクライアントがリピートしており、製品やサービスに対する深い満足度を示していると述べました。つまり当社は、長年にわたってほとんどのクライアントを維持することができたのです。そして、クライアントは主にソフトウェア開発サービス、Web開発、ブロックチェーン開発、UI/UXデザインサービスのためにNewwave […]
    オフショア開発 May 23, 2024
    権威あるSao Khue Award 2022 – Newwave Solutionsの栄光への旅は続く
    Over the past decade, Newwave Solutions has always strived to increase customer satisfaction by delivering more innovation and unique digital transformation solutions for businesses, which continuously contributed to the strong growth of Vietnam's software industry.
    ニュース April 24, 2022
    New Wave(新しい波)とNew Success(新しい成功)-11周年を迎えました。
    Newwave Solutionsにとって、節目の年である2022年がやってきました。11周年をを祝う年です。 🔹11年間、お客様にサービスを提供してきました。 🔹11年間、常にお客様の満足を第一に考えています。 🔹11年間、イノベーションに取り組んでいます。 🔹11年間、努力し、忍耐し、そして汎用性のある対応をしています。 🔹11年間、サービスの品質が当社のブランドの特徴です。 🔹11年間、現在と未来に目を向けています。 11年間でいつも支えてくださり、ありがとうございます!!! 2011年にNewwave Solutionsが設立されて以来、11年が経ちました。私たちの使命は、常に誠実で正直、そして常にお客様の利益を考え、ソフトウェア開発サービスを提供することです。私たちは、このミッションから外れることなく、お客様とともに決済環境をナビゲートできたことを誇りに思っています。また、業界のトレンドを常に把握し、その変化について常にお客様にアドバイスしてきました。 過去11年間で、Newwave Solutionsは300人以上の従業員を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発アウトソーシング企業に成長し、世界30カ国以上に影響を与えています。11月17日は、Newwave Solutionsの11回目の誕生日です!この機会にぜひ、Newwave Solutionsの11回目の誕生日を祝い、特典を利用しましょう! 成功への鍵 Newwave Solutionsは11年前に設立され、これからももっと発展し続けます。私たちは、スタートアップから大企業まで、キャリアを成功させるための支援に情熱を注いでいます。 さらに、ベトナムのソフトウェアアウトソーシング当社は、従業員が最高の能力を発揮できるよう、非常に協力的で協調的な環境を提供しており、したがって、顧客満足度とプロジェクトの成功が保証されています。私たちは、成功のために協力することを信じ、常にベストを尽くし、お互いをサポートすることを約束します。 11年前、このような高い理想を掲げて出発した私たちは、会社や社員だけでなく、お客様にも変化をもたらすことができたと思います。誰かの人生を変えたと言われることほど、充実したことはありません。とはいえ、私たちにはまだまだ長い道のりがあり、300人を超える献身的な社員と、愛用するお客様のサポートなしには実現できないのです。 私たちの成果 📌 2022年のSao Khue 賞 📌ベトナムのICT企業トップ10 📌 Clutch社による2022年のベトナムのトップB2Bソフトウェア企業 📌 Clutch社による持続的成長企業トップ100 Newwave Solutionの11年にわたるパートナーシップ 新しい波と新しい成功 Newwave Solutionが歩んできた道のりの中で、提供するサービスの品質と専門性に基づいて認められた大きな実績があります。2013年、Newwave Solutionsは品質に関するISO/IEC 27001認証を取得しました。また同年、Newwave Solutionは、Vingroupのような多くの有名な国内企業のソフトウェア開発のパートナーになりました。これらは、新しい成功を作るという私たちの旅の素晴らしいスタートです。現在、私たちはその素晴らしいパフォーマンスを維持し、ベトナムのソフトウェアアウトソーシング企業トップ1になるための道を歩んでいます。  実際、今年2022年10月、Newwave SolutionsはVINASA – ベトナムソフトウェア協会からベトナムのICT企業トップ10の1社に選ばれています。前述の賞の他にも、様々な有名な組織やレビューサイトから複数の賞を受賞し、評価されていることを光栄に思います。これは今後もさらに成功するように努力することの鼓舞です。ここでは、11年間のソフトウェア開発サービスの提供を通じて、私たちが達成した最高の成果をいくつかご紹介します。     Manifestによるベトナムのソフトウェア開発企業トップ100社―3位     Clutch社によるベトナムのブロックチェーン技術企業トップ15―1位     Clutch社よるベトナムの.NET開発企業トップ15―1位     Clutchによる2022年のベトナムのB2Bソフトウェア企業トップ   […]
    オフショア開発 May 23, 2024
    Newwave Solutions 2022年にClutchの「持続的成長企業トップ100社」を受賞
    Newwave Solutionsでは、クライアントに力を与えるため、業界最高のソフトウェア開発サービスを提供することに集中しています。2011年以来、私たちはお客様が直面するあらゆる変革的なデジタル複合問題の解決に取り組んでいます。 Clutchの「持続的成長企業トップ100」に選出されました この度、B2Bレビューおよび評価プラットフォームのリーディングカンパニーであるClutchに、Newwave Solutionsがソフトウェア開発サービスという最も人気のあるサービスを提供する企業として、「持続的成長企業トップ100社」に認定されたことについて喜んでお知らせします。 Clutch 100は、業界で最も権威のあるランキングの1つであり、このランキングにはモバイルアプリ開発、ITマネージドサービス、ブランディング、及びその他のサービスを専門とする企業が含まれます。このリストは、2018年から2021年までの各企業の絶対的な収益成長率に基づくものです。グローバルで急成長している業界のリーダーとして認められるには、多大な労力が必要です。この困難な時期に乗り越えてお客様とのコミットメントを守る能力は、私たちを一流のサービスプロバイダーになるものです。 当社及びソフトウェア開発サービスに対するお客様の声 この賞は、スタッフ全員の努力と、Clutchプロフィールに評価を投稿してくれたお客様の継続的な信頼と応援がなければ、受賞できないはずです。以下は私たちのお客様から受け取った素晴らしいレビューの一つを紹介します。 「Newwave Solutionsは、親切で気配りのあるパートナーです。フレキシブルで信頼性の高いチームは、お客様のワークスタイルに素早く適応し、必要に応じて拡張できます。彼らは約束をそれ以上果たし、貴重な推奨事項をしてくれました。」-T-SKY(HK)Co.、Ltd.のCEO Yanoさん Scanto Technology Pte. Ltdのプロジェクト管理責任者は私たちと同行した上で、その業績について語ってくださいました。 「Newwave Solutionsさんはどんな問題でも即座に対処し、計画通りに作業を進め、成果を提供してくれました。時間を問わずプロジェクトについてよく相談し、毎週報告を行い、すべてを順調に進めるように対応しました。何よりも大切なのは彼らの忍耐力、献身、気配りには本当に注目に値するものでした。」 ビジネスニーズに対応したソフトウェア開発サービスをお探しですか? 貴社のプロジェクトを始めるため、今すぐお気軽にお問い合わせください!   Newwave Solutionsは、DXとソフトウェア開発のアウトソーシングのリーディングブランドです。革新的なテクノロジーとビジネスを変革するという使命のもと、当社は複数の業界にDXとテクノロジーコンサルティングとエンドツーエンドの開発ソリューションを提供しています。  電話番号: 080-4913-3503 メール: [email protected] DXのリーディングブランドとしてお客様に革新的なソリューションをもたらす弊社の最新の情報にご注目ください!   Related Posts 【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説 ニアショアとは?ニアショア開発とオフショア開発はどちらが良いのでしょうか? 【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 ベトナムIT企業トップ10
    オフショア開発 May 23, 2024

    ベストなITソリューションをお探しですか

    お問い合わせ
    ベストなITソリューションをお探しですか?

    Newwave Solutions Japan株式会社

    Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
    - 税コード:0105627951
    - 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

    icon-map Newwave Solutions
    ベトナム本社
    1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
    View Map
    icon-map Newwave Solutions
    東京支社
    〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
    View Map
    Up To Top