ニアショアとは?ニアショア開発とオフショア開発はどちらが良いのでしょうか?

日本のITエンジニアの人材不足により、多くの日本企業がニアショア開発やオフショア開発などの他の協力形態を探すようになります。あなたはビジネス開発の状況で「ニアショア開発とは何ですか?」と自問したことがあるかもしれません。これは、現在の進化するビジネス世界において2つの重要な戦略であるオンショア開発(ニアショア開発)とオフショア開発のどちらかを決定する際に特に大事です。この記事は、これら2つの戦略の違いとビジネス実践での応用を理解するのに役立ちます。

1. オンショア開発、ニアショア開発およびオフショア開発の区別

「オフショア」、「ニアショア」、「オンショア」という用語は、国際環境における情報技術およびサービスプロジェクトの開発または作業に関連しており、プロジェクトを実施する人材または企業の地理的位置にも関連しています。これらの各概念の定義を見てみましょう。

オンショア開発とは、プロジェクトの会社、親組織が所在する国または地理的場所でプロジェクト・サービスを実行することを指します。

例えば、米国の企業は、国内のオフィスでアプリケーション開発を行うことです。

これらのオプションは、人件費、専門知識、顧客関係、プロジェクト管理の効率などの多くの要因に基づいて適用されることが多いです。

オンショア開発、ニアショア開発およびオフショア開発の区別
オンショア開発、ニアショア開発およびオフショア開発の区別

1-1. オフショア開発とは

オフショア開発とはプロジェクトの親会社や国から遠く離れた国または地理的場所でプロジェクト・サービスを実行することを指します。通常、人件費が安い地域になります。

例えば、米国の企業は、開発コストの削減をするためにインドでアプリケーション開発チームを雇用することです。

1-2. ニアショア開発とは

ニアショア開発は、親会社の国や会社よりも近い国や地理的な場所でプロジェクト・サービスを実行することに関しています。通常、同じ地域または近い地域で行われます。

例えば、アラブ首長国連邦 (UAE) の企業はエジプトでアプリケーション開発チームを雇用することで、ニアショアアウトソーシングの一例として言われています。

ニアショア開発とは、ソフトウェア開発および情報技術(IT)の分野における戦略で、企業や組織が親国に隣接する1つの国や地域(主な市場)、または同じタイムゾーンでITのプロジェクトや製品を開発することを選択します。

これは、ターゲット市場と同じ国や地域で開発を行うのではなく、タイムゾーンの差があまり大きくない国で開発パートナーを探すことを意味し、同じタイムゾーンで作業し、毎日コミュニケーションを取るための有利な条件を作り出します。

ニアショア開発を利用すると、物価の高い国での開発に比べてコストが削減できたり、労働時間の承認が容易になったり、移動時間やコストが削減できたり、近隣諸国の高度な人材を活用できたりすることなど多くのメリットが得られます。

>>> もっと見る:【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選

2. ニアショア開発

2-1. ニアショア開発のメリット

  • 簡単な連絡

ニアショア開発は、国内の地方都市との通信が便利という利点があります。これにより、注文の応答時間が短縮され、コラボレーションが最適化されます。

  • 人件費

ニアショア開発では、人件費が安くなることが多いです。地方企業は、情報技術(IT)エンジニアをオフショアで探すよりも低料金で人材を提供できます。

  • 簡単な管理

ニアショア開発では、プロジェクトと実装プロセスの制御および管理を容易に維持できます。

ニアショア開発
ニアショア開発

2-2. ニアショア開発のデメリット

  • 人材の制限 

地方都市では情報技術人材(IT人材)が不足し、適切なITエンジニアを見つけることが困難になる可能性があります。

  • 人件費の削減によるメリットとデメリットの疑問

人件費の削減はメリットとデメリットの疑問を引き起こす可能性があり、経済的利益と社会を比較検討することが複雑になります。

3. オンショア開発、ニアショア開発およびオフショア開発の比較

以下は「オンショア開発」、「ニアショア開発」および「オフショア開発」のメリットとデメリットを比較した表です。

  メリット デメリット
オフショア開発 ・コストを削減できます。 ・コミュニケーションが困難です。
  ・オフショア開発のエンジニアも日本のエンジニアと同等のスキルを持っています。 ・為替相場の変動や国内情勢の変化などのリスクがあります。
  ・将来的に海外進出を目指す企業の足がかりとなります。 ・日本と国民性や習慣の違いがあります。
オンショア開発 ・コミュニケーションが取りやすいです。 ・優秀な人材の確保が難しいです。
  ・何があっても納期を守るよう努めることです。 ・人件費が増加します。
  ・情報漏洩の心配が軽減されます。  
ニアショア開発 ・地方地域の活性化につながります。 ・人件費の面では海外開発ほど有利ではありません。
  ・地方地域の魅力を再見出だす可能性があります。 ・人材不足。
  ・移民の数はどんどん増加します。  
  ・状況に影響されません。  

 

各戦略には独自のメリットとデメリットがあり、選択は各企業またはプロジェクトの具体的な目標と状況によって異なります。 

4. オフショア開発 

4-1. メリット

  • リスクの分散

オフショア開発の最大のメリットは、ビジネスリスクを分散できることです。特定の市場や国に過度に依存しないことで、特定地域の変動による悪影響を最小限に抑えることができます。

  •  高度なスキルを持つITエンジニアへのアクセス

オフショア開発は、情報技術分野の人材が豊富な国で、優れたスキルを備えるITエンジニアを見つけて雇用する機会を提供します。これにより、人材の多様性と質を高めることができます。

  • 対象国の経済成長

オフショア開発は、対象国の経済成長や雇用創出に貢献し、国の発展にも貢献します。これにより、各国と長期的な協力関係を築き、世界的な発展を促進することができます。

オフショア開発 
オフショア開発

4-2. デメリット

  • 複雑な発注

オフショア開発でのプロジェクトの発注と管理は、オンショアのパートナーと協力するよりも複雑になる場合があります。地理的な距離とコミュニケーションの問題は、顧客の要件を理解することと効果的に実装することに課題を引き起こす可能性があります。

  •  開発コストが高い

国際的な施設やネットワークの維持を含め、オフショア開発での運用および管理コストがかかるため、コストが高くなる可能性があります。

  •  時間とタイムゾーンの問題

時間とタイムゾーンの違いは、プロジェクト管理とコミュニケーションの問題を引き起こす可能性があります。作業中に理解と統一を確実に行うことが挑戦になるかもしれなく、特に合意と継続的相互が必要なシステム開発プロジェクトの場合です。

5. まとめ

システム開発の分野における「ニアショア」と「オフショア」の概念を明確に理解できたと思います。ニアショア開発とオフショア開発のどちらを選択するかは、各企業の具体的な目標と状況によって異なります。多くの企業は両方の戦略を組み合わせて、両方の利点を活用しています。最も重要なことは、適切なシステム開発戦略を実行および管理することで、ビジネスの持続可能な成長と成功を確実にするための鍵となります。

Related Posts

To Quang Duy(トー・クアン・ズイ)氏はベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNewwave SolutionsのCEOです。彼は卓越したテクノロジーコンサルタントとして認められています。LinkedInやTwitterで彼とつながりましょう。

ベストなITソリューションをお探しですか

お問い合わせ
ベストなITソリューションをお探しですか?

Newwave Solutions Japan株式会社

Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
- 税コード:0105627951
- 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions株式会社
1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
View Map
icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions Japan株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
View Map
Up To Top