ト・クアン・ズイによる記事一覧

システム開発費用相場

システム開発費用相場

システム開発費用は、システムの種類や規模、実行する必要な機能の数などによって大きく異なります。システム開発費用相場と変化要因を理解することは、企業が適正な価格を判断するのに役立ちます。  この記事では、業務効率化や新サービス展開のためにシステム開発を検討している経営者やIT担当者向けに、システム開発費用相場について解説します。この記事を読めばシステム開発費用相場が分かり、大幅なコストを節約することができます。  1.システム開発費用相場  システム開発にかかるコストの約8割はシステム開発者の人件費と言われています。人件費以外にも諸経費がかかります。  人件費:開発者の人件費や工数にかかるコスト  その他の費用:サーバー保守費用、ソフトウェアライセンス料など  システム開発費用相場を概算する場合は、実装したい機能や必要な規模・難易度に応じて必要となるエンジニアの人件費を考慮してください。  では、人件費はどのように計算される?  システム開発の人件費は「人月」で決まります。  人件費は「人月 ×人月単価 ×開発期間」で計算されます。各項目の解説は以下になります。  人月:システム開発に必要な開発者の数(1ヶ月)  人月単価:エンジニア1人が1ヶ月作業した際の費用  開発期間:システム開発に必要な期間(○ヶ月)  3 人の開発者が 3 か月でシステムを開発するとします。開発者全員の月額単価が60万円の場合、(3人×60万円/月)×3ヶ月となり、必要な人件費は540万円となります。  システムの規模や実現したい機能の数によってシステム開発の難易度や開発フェーズが異なるため、人件費も大きく異なります。  >>> もっと見る: 【2023年版】C#のフレームワークは? C#アプリ開発 2. 開発者の月額単価を変える3つの要素  開発者の月給は、次の要因によって異なります。  開発者の経験・役職  開発者が働く会社の規模  開発者が所属する会社の領域  同じ内容のシステム開発を複数の会社に依頼する場合でも、上記の要素によって費用が異なるため、会社によって見積り金額は異なります。  推定コストを比較および検討する場合は、1人あたりの月額料金が高くなる背景と要因を理解することが重要です。  2.1.開発者の経験・役職  開発者の月給は開発者の経験や勤務地によって異なります。開発者のスキルが高くなるほど、1人あたりの月額料金は高くなります。チームリーダーとプロジェクトマネージャーは、プログラマーやシステムエンジニアよりも一人当たりの月平均給与が高くなります。  エンジニアの経験・役職別の人月の相場は以下のとおりです。  開発者の経験・スキル  人月単価  PM(プロジェクトマネージャー) PL(プロジェクトリーダー)  70万~200万円  PG(プログラマー) 下請け・フリーランス  40万~80万円  PG(プログラマー) 大手企業  60万~100万円  SE(システムエンジニア) 初級  80万~100万円  SE(システムエンジニア) 中級  100万~120万円  SE(システムエンジニア) 上級  120万~200万円  出典: […]

システム開発 February 29, 2024

To Quang Duy(トー・クアン・ズイ)氏はベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNewwave SolutionsのCEOです。彼は卓越したテクノロジーコンサルタントとして認められています。

  • ホームページ / 最高経営責任者 - トー・クアン・ズイ
  • Webアプリ開発 – Webアプリ開発を開始するための7つのステップ

    Webアプリ開発は儲かる急速に成長している業界であり、売上高は2023年まで1,662億ドルに達すると予想されています。この上昇傾向は今後も続き、2023年から2027年の年間成長率は7.12%になり、市場規模は2027年まで2,188億米ドルと予測されています。  米国は、この分野で最も高い収益を生み出すと予想されており、2023年まで約820億3,000万米ドルに達します。これらの数字は、Webアプリ開発の大きな可能性と需要の増大を浮き彫りにしており、Webアプリケーションが、成功したキャリアを築きたい開発者にとってやりがいのある分野となっていることを示しています。  この記事は、Webアプリ開発の7つのステップ、メリットとデメリット、フレームワーク、Webアプリの作り方について学びましょう。 システム開発サービスについて知ろう。  1. Webアプリケーションとは? Webアプリケーション (またはWebアプリ) は、Web開発テクノロジーを使用して構築されたインタラクティブなアプリケーションであり、ユーザーはブラウザーからアクセスできます。  プログラムのクライアント側 (フロントエンド) はユーザーがデータを入力するところであり、サーバー側 (バックエンド) はデータの保存と処理を管理します。WebアプリケーションとWebサイトは概念的に関連しているため、この2つの間には多くの類似点があります。  Webで使用するアプリケーションプログラムを構築することをWebアプリ開発と呼びます。これらのプログラムは、リモートサーバーからインターネット経由でユーザーのデバイスに送信されます。Webアプリケーションは、最初にダウンロードしなくても、ネットワーク経由でアクセスできます。エンドユーザーは、Google Chrome、Safari、Mozilla FirefoxなどのWebブラウザを通じてWebアプリケーションにアクセスできます。JavaScript、CSS、HTML5は、オンラインアプリケーションを作成するための最も一般的な言語です。 2. Webアプリケーションの仕組み Webアプリケーションはネットワーク経由でアクセスされるため、ダウンロードする必要はありません。代わりに、ユーザーはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Opera、Safariなどのブラウザを通じてWebアプリケーションにアクセスできます。  Webアプリケーションは、Webサーバー、アプリケーション、データベースサーバの3層から構成されています。Webサーバーはクライアントからのリクエストを管理し、アプリケーションサーバーはリクエストを処理し、データベースは情報を保存します。  Webアプリケーションの基本的な流れ:  ユーザーは、Webブラウザまたはアプリケーションのインターフェイスを介して、インターネット経由でWebサーバーへのリクエストを開始します。  Webサーバーはブラウザからリクエストを受け取ります。  次に、Webサーバーは、適切なWebアプリケーションサーバーにリクエストを処理するように指示します。  アプリケーションサーバーは、要求されたタスクを実行し、結果を生成します。  Webサーバーは、ユーザーが要求した情報を画面に表示します。  Webアプリケーションは通常、クライアント側 (ユーザーインターフェイス)で開発するために JavaScript、HTML5、またはCSSで実装されます。ASP.NET、PHP、JavaおよびRubyは、サーバー側の開発によく使用されます。 3. Webアプリケーション設計のメリットとデメリット 3.1 メリット  Webアプリケーションは、Web閲覧時のエンゲージメントを重視するユーザーのエクスペリエンスを向上させる効果的なオプションです。  速度とコスト: ネイティブアプリの開発と比較して、Webアプリ開発は高速で低コストです。したがって、市場投入までの時間を短縮することが主な目標である場合、Webアプリ開発は企業にとって最良の選択です。  クロスプラットフォームの互換性: クロスプラットフォーム機能により、WebアプリをAndroid、iOS、Mac OS、Windows Phoneに簡単に適合させることができます。さまざまなデバイスに対するWebアプリケーションの応答性も、オペレーティングシステムの要件を排除するのに役立ちます。  ブラウザ間の互換性: アクセス可能なURLを使用して、Webアプリケーションはデバイスのブラウザ上で実行されます。Google Chrome、Internet Explorer、Firefox、Bingなどの現在のすべてのWebブラウザは、最新のオンラインアプリケーションと互換性があります。  運用コストの削減: Webアプリ開発は、運用コストを削減する優れた方法です。さまざまなシステムのメンテナンス、定期的なデバイスの更新、ハードウェアの購入に関連するコストの削減に役立ちます。  更新操作も簡単: サーバーをアップグレードするだけで、Webアプリケーションの更新が簡単になります。  カスタマイズ性: Webアプリ開発のメリットには、ユーザー固有の機能が含まれます。信頼性の高いインターネット接続があれば、これらのプログラムはブラウザを通じて簡単に利用できます。必須な機能のみがカスタムWebアプリケーションにデプロイされるため、時間とコストが節約されます。  セキュリティの強化: Webアプリケーションの開発には専用サーバーがよく使用され、熟練したサーバー管理者が継続的な管理とメンテナンスを担当します。  […]

    システム開発 2024年2月29日

    コーディングとは?事例、メリットや仕組みについて

    インターネットの爆発的な普及により、データ情報の共有や交換はより簡単かつ迅速になっています。しかしその一方で、情報の盗難やハッカーの侵入など、様々なリスクも生じています。そこで、この問題を解決するためにコーディングが生まれました。では、コーディングとは何か、コーディングには基本的にどのような種類があるのか、本記事で調べてみましょう。  1.コーディングとは?  コーディングとは、情報セキュリティにおける単にデータ情報を権限のない人が理解できないように変換するプロセスのことである基本的な概念です。Webの文脈では、不正な読み取りや侵入から重要な情報を保護するために、しばしばWebコーディングが実装されます。  この技術は、暗号文と呼ばれるデータをコードに変換する一連の構造を通して、以前に確立されたコーディングツールを使用します。そのためには、コーディングのアルゴリズムにおける特殊な文字列であるコーディングキーを使ってデータを変更し、読めなくします。 コーディングは、コンピュータに保存された情報の保護に役立つだけでなく、インターネットやコンピュータネットワークを介して送信されるデータの安全性も確保します。これは、情報の盗聴を防ぐだけでなく、セキュリティ組織や認証の規制や要件にも準拠しています。  具体的な例としては、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準(PCI DSS)です。PCI DSSは、クレジットカードなどの決済データを公共ネットワーク経由で送信する際や、保存時にコーディングすることを義務付けています。コーディングは、対象を侵入リスクから守り、重要なデータの安全性を確保する上で重要な役割を果たしています。  2.コーディングのアルゴリズムとは?  コーディングのアルゴリズムとは、不正な読み取りや侵入から情報を保護するために、データを暗号文に変換する方法です。このプロセスでは、一連のアルゴリズムが一貫してデータを変更するために適用され、元の情報が理解できなくなるほどの混乱が生じます。しかし、この情報は適切なコーディングキーを使用することで簡単に解読することができます。  SNOW、AES、3DES、RSA、Ellipticなど、多くの一般的なコーディングのアルゴリズムが使われています。各アルゴリズムにはそれぞれ独自のアプローチとセキュリティの仕組みがあります。例えば、RSAのような非対称Webコーディングのアルゴリズムは素因数分解問題を用いるため、クラッキングが複雑になります。ハッカーは解読するために元の整数を特定しなければならないが、これは困難で難しい作業です。これにより、RSA アルゴリズムではブルートフォースクラッキングがほぼ不可能になります。  3.プログラミングとコーディングの違い  簡単に言うと、Webコーディングとは、Webサイトの正確なデザインを表示するために、プログラミング言語でソースコードを作成するプロセスです。つまり、プログラミング言語を使って、Webサイトのインターフェースや機能をデザインします。コーディングとプログラミングの違いは、プロジェクトの範囲にあります。コーディングは、Webサイトのデザインを表示するためのソースコードを作成することに焦点を当てた、プログラミングプロセスのごく一部であるのに対し、プログラミングは、デザイン、ソースコードの作成、テスト、エラーの発見と修正に至るまで、Webサイトを作成するプロセス全体が含まれます。  4.コーディングがもたらすメリット  今日のサイバーセキュリティ戦略は、特に多くの企業がクラウド・コンピューティングに移行するにつれて、データのコーディングの統合にますます依存するようになっています。企業の業務を安全かつ効率的に対応できるコーディング手法は数多くあります。  特に、ビジネスや社内コミュニケーションにおける電子メールの重要性を考えると、電子メールのコーディングは重要な対策の1つです。金融や医療などの業界では厳格な規制が可能ですが、施行が難しい場合もあります。一般的なオペレーティングシステムや電子メールクライアント用のコーディングソフトを使用することで、電子メールを安全に送信するプロセスが簡素化されます。  ビッグデータには、プライバシーを遵守するための継続的な保護も必要です。コーディングとトークン化の技術を導入することで、クラウドを横断するデータを保護し、クロス・クラウドの運用を加速することができます。  決済セキュリティの分野では、Webコーディングのソフトウェアが決済カード情報などの機密データを保護する上で重要な役割を果たし、PCI DSSなどのセキュリティ基準への準拠を支援します。  上記のサービスと対策を組み合わせることで、コーディングは機密性を確保するだけでなく、認証、否認防止性、情報の完全性を保証し、安全でセキュアなシステムを構築します。  5.コーディングの仕組み  前述の通り、コーディングはコーディングのアルゴリズムとコーディングキーを使用してデータの変更・解読をします。例えば、ユーザーAが「Hello」というメッセージをユーザーBに送信する際、通常通りにテキストを書くのではなく、特定のルールに基づいて文字を変更します。簡単な例としては、文字をアルファベットの別の位置に移動させることです。このとき、「Hello」は「Jgnnq」に変更されます。コーディングキーを持つユーザーBは、このルールを逆にして解読し、「Hello」を取得することができます。  これは単純な例に過ぎず、多くのコーディング技術は非常に複雑なアルゴリズムを使用しており、データ情報の保護を確実にしています。コーディングされたデータはランダムにスクランブルされますが、コーディングキーを使用して解読できるように一定の方法で行われます。  このデータは、インターネット環境で保存または送信されている間にコーディングすることができ、重要な情報の安全性とセキュリティを確保するのに役立ちます。  6.まとめ  特に多くの企業や個人がオンラインサービスを利用する中、コーディングはオンライン上の情報を保護する上で重要な役割を果たしています。Webコーディングは、Webサイトデザインの分野におけるコーディングプロセスの応用です。これにより、送信時や保存時にデータの安全性を確保することができます。コーディングに関しては、高いセキュリティを確保するために、Webサイトのデザインに組み込まれることがよくあります。情報を特定の方法でスクランブルするためにコーディングの手順が実行され、権限のない人からコンテンツを隠すためにWebコーディングが作成されます。  各コーディングプログラムの違いは、異なるアルゴリズムと方法の使用に反映されます。セマンティック・エンコーディングの場合、情報はコーディングされたときにその意味を保持したまま変換されます。一般的な技術の一つであるHTMLコーディングは、HTMLコードを一般的な記号や文字に変換することで、XSS(クロスサイト・スクリプティング)攻撃からWebサイトを保護します。  要するに、Webコーディングは単にプログラミング・プロセスの一部というだけでなく、オンライン情報を保護し、今日のWeb環境における安全を確保するための重要な戦略なのです。  Related Posts ソフトウェア開発における最新技術トップ10 ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説

    システム開発 2024年2月29日

    Newwave SolutionsにARCTEC株式会社のオフショア開発センターを開設

    2024年初頭の雰囲気の中で、ARCTECと共に、ベトナムのNewwave SolutionsにARCTECのオフショア開発センターを開設しました。 2024年1月10日、Newwave Solutions本社(ハノイ)にてオフショア開発センター(ODCセンター)のオープニングイベントが開催されました。このイベントは双方の発展に価値をもたらすだけでなく、世界中の顧客のニーズに応え、コミュニティにも利益をもたらします。 オープニングイベントには、Newwave SolutionsとARCTECの代表者が出席しました。具体的には次のとおりです。 ARCTEC株式会社 · 高橋和希氏 – DXソリューション推進部の副部長 · 喜多一氏 – 代表取締役 Newwave Solutions · To Quang Duy氏 – CEO · Nguyen Thanh Trung氏 – COO · Pham Ngoc Khanh氏 – BRSEリーダー · Nguyen Ngan Ha氏 – 日本市場セールスリーダー · プロジェクトチームメンバー12名 署名とオープニングテープカットの前に、双方は感情を表明し、Newwave Solutionsの代表者は、過去2年間に3つのプロジェクトによって達成された成果について報告を行いました。 CEOのTo Quang Duy氏は、この場に来られた喜びと光栄の気持ちを次のように語りました。 「今日のオープニングイベントに出席できて幸せで光栄に思います。このイベントは、仕事の質を裏付けるだけでなく、顧客サポートにおけるNewwave Solutionsの過去2年間の成功を裏付けます。また、双方にとって協力とビジネスを拡大し、社会に多くのソリューションを提供する機会でもあります。」 今までは、Newwave Solutionsの開発チームはプロジェクトの実装プロセスについてお客様と詳細に話し合いました。ARCTECの喜多一氏は「Newwave Solutionsのおかげで、今日のオープニングイベントに参加する機会を得ることができました。私たちはCEOのTo Quang Duyの言葉に100%同意し、プロジェクトのさらなる発展を楽しみにしています。Newwave […]

    システム開発 2024年2月29日

    【2024年最新版】ブリッジSEとは?SEの平均単価

    1. ブリッジSEとは?  ブリッジSE(Bridge Software Engineer、BrSEの略語)またはブリッジエンジニアは、会社とお客様をつなぐ責任者です。BrSEの仕事は、顧客の目標や要件を確認することで、プロジェクト実施チームをサポートすることです。同時にBrSEは、顧客がチームの製品開発工程を明確に理解できるようサポートします。この役割のおかげで、BrSEは両者が互いを理解し、プロジェクト開発工程が首尾一貫したものとなり、高いパフォーマンスを達成できるよう支援します。このタスクを遂行するために、ブリッジSEは、リクエストの受領段階から製品の引き渡しプロセスまで、プロジェクトの進捗状況を注意深く監視する必要があります。  2. SEの平均単価  Estatによると、一般的なSE単価は38万円前後で、タスクや担当業務によって変動します。一般的に、5年以上の経験を持ち、オフショア開発プロジェクトに参画した実績のあるITエンジニアは、平均よりも高単価となります。   一般的にSE単価を見ると、大半が初心者と中級者であることがわかります。キャリアアップにはコスト増がつきものですが、その価格を果たすのはごく一部です。高単価を果たすためには、優れた技術や経験だけでなく、それ以外の要素も欠かせません。  2.1.エンジニアの相場は業界によって異なる  ITには様々な職種があり、エンジニアの価格も様々です。一般的には、顧客と直接やり取りをしたり、要件定義やシステム設計などの業務を担当したりすると、仕事の流れが上の段階に行くほど、相場が上がっていきます。ITエンジニアの中でも、プロジェクトマネジメントなどの全体的な仕事を請け負う人は、平均よりもSE単価の相場が高くなっています。  逆に、テストや運用・メンテナンスなどの工程がすでに確立されており、特別な知識や専門的なスキルを必要としない場合は、単価を下げることができます。企業規模や経験年数、仕事の大きさによる違いを見ることができます。システムエンジニアやITエンジニアの場合は総務省の査定によると、単価表が変わることもあります。  詳細は以下をご参照ください。  レベル  人月単価  新人エンジニア  60万円~80万円  中級エンジニア  80万円~100万円  シニアエンジニア  100万円~140万円  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 2.2. SE単価は地域によって異なる  SE単価は業種によって異なるほか、地域によっても異なります。これはインフラコストや生活コストの違いによるものです。  例えば、同じオーダーでも、大都市では月平均100万円のSE単価が、地方や都市部の小規模な地域では60万円から70万円に下がることもあります。一方、物価の安い国では30万円を下回ることもあります。  地域と業種の2大要素に加え、経験年数や業務規模もSE単価に影響します。 3. ブリッジSEを使用する際のメリットとデメリット  ブリッジSEは、ITに関する知識だけでなく、顧客と開発チームの間の作業プロセスにおいて重要な役割を果たします。さまざまなメリットとデメリットがありますので、ブリッジSEを利用するには、プロジェクトの効果と成功を確実にするための慎重な検討と適切な判断が必要です。  3.1. ブリッジSEのメリット  情報技術エンジニアをプロジェクトに組み込む最も顕著な利点のひとつは、効果的なコミュニケーション能力です。このエンジニアは、顧客と開発チームの間で正確な情報伝達を支援するだけでなく、両者の対立や誤解を解決する上でも重要な役割を果たします。  さらに、ブリッジSEのサポートと進捗管理は、関係者に十分かつ適切な情報を提供しながら、すべての作業を円滑に進めるのに役立ちます。特に、リーズナブルな価格で豊富な経験を持つITエンジニアを採用できれば、プロジェクトに大きなプラスとなるでしょう。  3.2. ブリッジSEのデメリット  しかし、すべてが完璧というわけではなく、ブリッジを使用することでデメリットも生じます。小規模なプロジェクトでは、ブリッジSEを雇用するコストを慎重に検討する必要があります。前述したように、SE単価は決して小さくはなく、十分な価値をもたらさないこともあるため、慎重に検討する必要があります。  考慮すべきもう 1 つの側面は、ブリッジSEの能力と経験です。  このブリッジSEが効果的に働かなかったり、プロジェクトに対する深い理解がなかったりすると、作業工程に好ましくない障害が生じる可能性があります。   また、上流工程も困難になる可能性があります。ブリッジSEは、しばしば意思決定の仲介役を務めなければならず、これが遅延を生み、プロジェクトの柔軟性を低下させます。  4. まとめ 全体として、ブリッジSEを使用するかどうかは、プロジェクトの規模、予算、プロジェクトの特殊性など、多くの要因に依存します。しかし、正しく導入されれば、ブリッジSEは顧客と開発チームを強固に結びつける有用なリソースとなるでしょう。  Newwave Solutions Japanは、先進的なITソリューションを提供するだけでなく、お客様のアイデアと当社の専門家チームの創造性の間に強固な架け橋を築きます。ブリッジSEのサービスは、単なるワークフローの一部ではなく、当社が請け負うすべてのプロジェクトにおいて、深い理解と長期的な成功を引き出す鍵なのです。  Related Posts ソフトウェア開発における最新技術トップ10 ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 […]

    システム開発 2024年2月29日

    ODCとは?オフショア開発センターの意味を解説

    日本のIT業界は、特にAI、データサイエンス、クラウドコンピューティングなどの先端技術分野で深刻な人材不足に直面しています。若い人材も減り、人材育成が難しくなっています。そこで、この状況を打破する方法として「オフショア開発センター(ODC)」が利用されるようになっています。  では、ODCとは何ですか?ODCとはどういう意味ですか? Newwave Solutionsで説明させていただきます。また、オフショア開発に興味がある方は【必見】オフショア開発とは? オフショア開発のメリットと適切なオフショア開発企業の見つけ方を解説の記事もぜひご覧ください。  1. オフショア開発センター(ODC)とは? オフショア開発センター(ODCの略語)とは、海外国で活躍しているセンターがソフトウェア開発サービスを提供することを指します。ODCは、日本よりも人件費が安い外資系企業のソフトウェア開発モデルの一つです。具体的には、IT専門家チームが担当し、一定期間(通常3か月~1年程度)プロジェクトを実施します。  ODCのメンバーは?  開発チーム(Development Team): UX/UIデザイナー、テスター、フロントエンド・バックエンド・フルスタックエンジニアなど、ソフトウェア開発プロセスに直接関与するIT専門家が含まれます。利用者に提供する製品を完成させます。  ソフトウェアアーキテクト(SA – Software Architect):システムインフラストラクチャを構築し、製品の整合性とパフォーマンスを保証する責任を負う人です。  プロジェクト管理(PM – Project Manager):顧客にコンサルティングし、適切なサービスを提案し、プロジェクトの進行状況を計画および管理し、すべての作業がスムーズに進むようにします。  ビジネスアナリスト(BA – Business Analyst):顧客のニーズを分析して開発計画を策定し、ソリューションや戦略的文書を提供します。  品質保証(QA – Quality Assurance):製品の品質を保証し、プロジェクトの進行状況を監視して、製品が品質基準を満たしていることを確認する人です。  翻訳および通訳サポートチーム:ブリッジSE、ITコミュニケーターなど、社内チームと顧客の間で文書の翻訳および通訳を担当する専門家です。  2. ODCの意味は?オフショア開発センターのメリット ODC(オフショア開発センター)は単なる経営戦略ではなく、企業にとって大きな意味をもたらします。  2.1.コストの最適化  ODCは、日本よりも人的コストが低い国で開発することで、コスト面で大きなメリットをもたらします。これは、国内で働くエンジニアを雇用する場合と比較して、特に重要です。例えば、日本とベトナムを比較すると、ベトナムの人件費は日本の1/3から1/2しかありません。  コスト削減は人件費に適用されるだけでなく、インフラストラクチャやその他の多くの要素など、さまざまな側面に関係します。特に、ODCはシステム開発仕様に変更があった場合のコスト削減に役立ち、開発プロセスの柔軟性と節約を促進します。  2.2.高品質のIT専門家チーム  ODCオフショア開発室を配置するためにトップITの国を選択するということは、高品質のリソースを活用する機会があることを意味します。優れたIT教育システムとより多様なエンジニアがいる国では、日本のリソースでは提供できない可能性のある有能な労働力が確保されていることがよくあります。  さらに重要なのは、システム開発を安定したIT専門家チームに委託することで、プロジェクトをスムーズに進めることができるということです。保守、運用、インフラストラクチャ管理などのタスクだけを担当してもらえれば、作業プロセスはよりスムーズかつ効率的になります。  2.3.柔軟な開発と時間の最適化  ラボ型開発はアジャイル思考の使用を通じて実現され、柔軟な開発が可能になります。一方、受託開発はウォーターフォールで行われるため、開発途中で仕様を変更することができません。  ラボ型開発アプローチでは、完璧であることが主な目標ではなく、MVP (Minimum Viable Product) を使用することで、最小限の仕様を考え出し、ユーザーからのフィードバックに基づいて改善を続けることができます。これにより、ユーザーの反応に応じて仕様を柔軟に実験および調整できます。  >>> もっと見る:  【最新】なぜオフショア開発ベトナムを利用すべきなのか?おすすめのオフショア開発会社5選 3. Newwave Solutions Japanにおけるオフショア開発センター Newwave Solutions JapanのODCサービスは、コストの削減に役立つだけでなく、他の多くの重要なメリットももたらします。ODCの使用により、為替レートの違いにより人件費が削減され、採用、トレーニング、オフィスインフラストラクチャなどに関連するコストが削減されます。これはプロジェクトの総コストの削減に大きく貢献します。  採用プロセスを厳密に管理することで、当社は定期的に精査され、顧客の期待を確実に満たし、それを超える高品質のIT人材を提供することに尽力しています。これにより、柔軟性があり、プロジェクトのあらゆる変更にすぐに対応できる質の高いチームを構築することができます。  […]

    システム開発 2024年2月29日

    【ベトナムオフショア開発】評判の良いオフショア開発企業トップ10社

    ベトナムの情報技術セクターが爆発的に成長するにつれ、外国企業にとってベトナムオフショア開発会社を見つけることはますます困難になっています。この問題を解決するために、ベトナムで評判の良いベトナムオフショア開発会社10社のリストを紹介します。このリストは、顧客およびベトナムのIT協会からの評価やレビューに基づいています。  ベトナム経済は情報技術(IT)の分野で力強く成長しています。世界中の多くの企業が、ベトナムオフショア開発のパートナーを見つけるためにベトナム市場に関心を寄せています。しかし、ベトナムで適切なベトナムオフショア開発パートナーを選ぶことは、困難かつ重要なタスクです。  そこで、顧客からのレビュー、ソーシャルメディア上の評価、評判の良いウェブサイトからの技術評価、そして業界に関する深い知識に基づいて、ベトナムオフショア開発におけるトップ10社のリストを紹介したいと思います。この記事は、ソフトウェア開発プロジェクトのパートナーをより自信を持って選択するのに役立ちます。 1. Newwave Solutions Japan株式会社 Newwave Solutions Japanは、ハノイ (ベトナム) に本社を置き、東京 (日本) に支社を置いています。 Newwave Solutions Japanは、2011年に設立されたベトナムの大手ベトナムオフショア開発会社であることを誇りに思っています。  当社のオフショア開発サービスは、モバイルアプリ開発、ソフトウェア開発、Webシステム開発、ゲームデザイン、DXデジタルトランスフォーメーション、ブロックチェーン開発、AI開発など多岐にわたります。Newwave Solutions Japanは、カスタマイズされたソリューションの設計と実装において柔軟性を保ち、各プロジェクトがお客様のニーズとビジネス目標を完全に満たすことを保証します。  Newwave Solutions Japanは、優れた人材(経験年数+2年、+5年、+10年)を擁し、世界中のお客様に先進的なITソリューションを提供することに尽力しています。中国やインドなど他のソフトウェアアウトソーシング国に比べ、質の高い人材と低い人件費を活用します。Newwave Solutions Japanは、効果的な情報技術製品とサービスの構築に重点を置き、パートナーの皆様がコストを最適化し、業績を向上できるよう支援します。  グローバルな視野と継続的なサービス品質向上へのコミットメントにより、Newwave Solutions Japanは、ベトナムにおけるオフショア開発を通じて国際的なプレゼンスの拡大と発展を目指す企業にとって信頼できるパートナーです。  連絡先情報:  ウェブサイト: https://newwave-solutions.co.jp/  日本支社:〒113-0034東京都文京区湯島1丁目-11-8  本社:1F,4F,10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam   2.VTI Japan社  VTI Japanは多様な情報通信技術(IT)サービスを提供し、日本のお客様の複雑なプロジェクトの開発と管理をサポートします。多くの日本企業の信頼できるパートナーとして知られるVTI Japanは、常にお客様の利益を最優先に考え、すべてのプロジェクトが円滑に実施され、良い結果が得られるように努めます。創造性、品質、コミットメントは、ベトナムのITおよびオフショア開発業界における地位を維持しながら、この企業が目指している価値観です。  連絡先情報:  ウェブサイト: https://vti.com.vn/ja/home-page/  日本支社:東京、大阪  本社:ホーチミン市、ハノイ市  3.FPT […]

    システム開発 2024年2月29日

    ベストなITソリューションをお探しですか

    お問い合わせ
    ベストなITソリューションをお探しですか?

    Newwave Solutions Japan株式会社

    Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
    - 税コード:0105627951
    - 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

    icon-map Newwave Solutions
    Newwave Solutions株式会社
    1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
    View Map
    icon-map Newwave Solutions
    Newwave Solutions Japan株式会社
    〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
    View Map
    Up To Top