システム開発費用相場

システム開発費用相場

システム開発費用は、システムの種類や規模、実行する必要な機能の数などによって大きく異なります。システム開発費用相場と変化要因を理解することは、企業が適正な価格を判断するのに役立ちます。  この記事では、業務効率化や新サービス展開のためにシステム開発を検討している経営者やIT担当者向けに、システム開発費用相場について解説します。この記事を読めばシステム開発費用相場が分かり、大幅なコストを節約することができます。  1.システム開発費用相場  システム開発にかかるコストの約8割はシステム開発者の人件費と言われています。人件費以外にも諸経費がかかります。  人件費:開発者の人件費や工数にかかるコスト  その他の費用:サーバー保守費用、ソフトウェアライセンス料など  システム開発費用相場を概算する場合は、実装したい機能や必要な規模・難易度に応じて必要となるエンジニアの人件費を考慮してください。  では、人件費はどのように計算される?  システム開発の人件費は「人月」で決まります。  人件費は「人月 ×人月単価 ×開発期間」で計算されます。各項目の解説は以下になります。  人月:システム開発に必要な開発者の数(1ヶ月)  人月単価:エンジニア1人が1ヶ月作業した際の費用  開発期間:システム開発に必要な期間(○ヶ月)  3 人の開発者が 3 か月でシステムを開発するとします。開発者全員の月額単価が60万円の場合、(3人×60万円/月)×3ヶ月となり、必要な人件費は540万円となります。  システムの規模や実現したい機能の数によってシステム開発の難易度や開発フェーズが異なるため、人件費も大きく異なります。  >>> もっと見る: 【2023年版】C#のフレームワークは? C#アプリ開発 2. 開発者の月額単価を変える3つの要素  開発者の月給は、次の要因によって異なります。  開発者の経験・役職  開発者が働く会社の規模  開発者が所属する会社の領域  同じ内容のシステム開発を複数の会社に依頼する場合でも、上記の要素によって費用が異なるため、会社によって見積り金額は異なります。  推定コストを比較および検討する場合は、1人あたりの月額料金が高くなる背景と要因を理解することが重要です。  2.1.開発者の経験・役職  開発者の月給は開発者の経験や勤務地によって異なります。開発者のスキルが高くなるほど、1人あたりの月額料金は高くなります。チームリーダーとプロジェクトマネージャーは、プログラマーやシステムエンジニアよりも一人当たりの月平均給与が高くなります。  エンジニアの経験・役職別の人月の相場は以下のとおりです。  開発者の経験・スキル  人月単価  PM(プロジェクトマネージャー) PL(プロジェクトリーダー)  70万~200万円  PG(プログラマー) 下請け・フリーランス  40万~80万円  PG(プログラマー) 大手企業  60万~100万円  SE(システムエンジニア) 初級  80万~100万円  SE(システムエンジニア) 中級  100万~120万円  SE(システムエンジニア) 上級  120万~200万円  出典: […]

システム開発 February 29, 2024

Newwave Solutionsの何百ものプロジェクトを実施した専門家の知識と実際の経験から得た、システム開発の分野について共有された記事をまとめます。 この有益な情報が、Newwave Solutions をより深く理解し、ソフトウェア開発分野での協力ユニットを選択する際により客観的な視点を持つのに役立つことを願っています。

  • ホームページ / システム開発ニュース - Newwave Solutions Japan
  • Webアプリ開発 – Webアプリ開発を開始するための7つのステップ

    Webアプリ開発は儲かる急速に成長している業界であり、売上高は2023年まで1,662億ドルに達すると予想されています。この上昇傾向は今後も続き、2023年から2027年の年間成長率は7.12%になり、市場規模は2027年まで2,188億米ドルと予測されています。  米国は、この分野で最も高い収益を生み出すと予想されており、2023年まで約820億3,000万米ドルに達します。これらの数字は、Webアプリ開発の大きな可能性と需要の増大を浮き彫りにしており、Webアプリケーションが、成功したキャリアを築きたい開発者にとってやりがいのある分野となっていることを示しています。  この記事は、Webアプリ開発の7つのステップ、メリットとデメリット、フレームワーク、Webアプリの作り方について学びましょう。 システム開発サービスについて知ろう。  1. Webアプリケーションとは? Webアプリケーション (またはWebアプリ) は、Web開発テクノロジーを使用して構築されたインタラクティブなアプリケーションであり、ユーザーはブラウザーからアクセスできます。  プログラムのクライアント側 (フロントエンド) はユーザーがデータを入力するところであり、サーバー側 (バックエンド) はデータの保存と処理を管理します。WebアプリケーションとWebサイトは概念的に関連しているため、この2つの間には多くの類似点があります。  Webで使用するアプリケーションプログラムを構築することをWebアプリ開発と呼びます。これらのプログラムは、リモートサーバーからインターネット経由でユーザーのデバイスに送信されます。Webアプリケーションは、最初にダウンロードしなくても、ネットワーク経由でアクセスできます。エンドユーザーは、Google Chrome、Safari、Mozilla FirefoxなどのWebブラウザを通じてWebアプリケーションにアクセスできます。JavaScript、CSS、HTML5は、オンラインアプリケーションを作成するための最も一般的な言語です。 2. Webアプリケーションの仕組み Webアプリケーションはネットワーク経由でアクセスされるため、ダウンロードする必要はありません。代わりに、ユーザーはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Opera、Safariなどのブラウザを通じてWebアプリケーションにアクセスできます。  Webアプリケーションは、Webサーバー、アプリケーション、データベースサーバの3層から構成されています。Webサーバーはクライアントからのリクエストを管理し、アプリケーションサーバーはリクエストを処理し、データベースは情報を保存します。  Webアプリケーションの基本的な流れ:  ユーザーは、Webブラウザまたはアプリケーションのインターフェイスを介して、インターネット経由でWebサーバーへのリクエストを開始します。  Webサーバーはブラウザからリクエストを受け取ります。  次に、Webサーバーは、適切なWebアプリケーションサーバーにリクエストを処理するように指示します。  アプリケーションサーバーは、要求されたタスクを実行し、結果を生成します。  Webサーバーは、ユーザーが要求した情報を画面に表示します。  Webアプリケーションは通常、クライアント側 (ユーザーインターフェイス)で開発するために JavaScript、HTML5、またはCSSで実装されます。ASP.NET、PHP、JavaおよびRubyは、サーバー側の開発によく使用されます。 3. Webアプリケーション設計のメリットとデメリット 3.1 メリット  Webアプリケーションは、Web閲覧時のエンゲージメントを重視するユーザーのエクスペリエンスを向上させる効果的なオプションです。  速度とコスト: ネイティブアプリの開発と比較して、Webアプリ開発は高速で低コストです。したがって、市場投入までの時間を短縮することが主な目標である場合、Webアプリ開発は企業にとって最良の選択です。  クロスプラットフォームの互換性: クロスプラットフォーム機能により、WebアプリをAndroid、iOS、Mac OS、Windows Phoneに簡単に適合させることができます。さまざまなデバイスに対するWebアプリケーションの応答性も、オペレーティングシステムの要件を排除するのに役立ちます。  ブラウザ間の互換性: アクセス可能なURLを使用して、Webアプリケーションはデバイスのブラウザ上で実行されます。Google Chrome、Internet Explorer、Firefox、Bingなどの現在のすべてのWebブラウザは、最新のオンラインアプリケーションと互換性があります。  運用コストの削減: Webアプリ開発は、運用コストを削減する優れた方法です。さまざまなシステムのメンテナンス、定期的なデバイスの更新、ハードウェアの購入に関連するコストの削減に役立ちます。  更新操作も簡単: サーバーをアップグレードするだけで、Webアプリケーションの更新が簡単になります。  カスタマイズ性: Webアプリ開発のメリットには、ユーザー固有の機能が含まれます。信頼性の高いインターネット接続があれば、これらのプログラムはブラウザを通じて簡単に利用できます。必須な機能のみがカスタムWebアプリケーションにデプロイされるため、時間とコストが節約されます。  セキュリティの強化: Webアプリケーションの開発には専用サーバーがよく使用され、熟練したサーバー管理者が継続的な管理とメンテナンスを担当します。  […]

    システム開発 2024年2月29日

    MVPとは? MVPの意味、メリット、デメリットを解説

    新しい製品やサービスを開発する際、完璧を目指して発売が遅れるほど、競合他社に後れを取る危険性が高くなります。したがって、MVP開発は、新しいビジネスに適用するのに適した開発手法です。本記事では、MVPとは何か、MVPの意味、メリット・デメリット、MVPの開発プロセスについてNewwave Solutions Japanの専門家がわかりやすく解説します。 1. MVPとは(Minimum Viable Product)? MVPは「Minimum Viable Product」の略で、アプリケーションの短縮版として理解されます。具体的には、MVP開発は完璧な製品やサービスを目指すのではなく、顧客が直面する問題を解決するための最低限の条件で提供するだけです。  製品のリリース後は、新機能を追加する必要があり、お客様のフィードバックに基づいて改善されます。新規事業を立ち上げる際にMVPの考え方を活用するメリットは、市場のニーズを理解しつつリスクを最小限に抑えられることです。  MVP開発を使用すると、開発コストと開発時間を削減できるだけでなく、市場のニーズを迅速に捉えることもできます。新規事業の立ち上げ時にMVP開発を適用すると、成功の可能性が高まります。  1.1. MVPの意味  MVPの意味は「ユーザーからの学びを得ること」です。したがって、開発者は、以下に説明するように検証と改善を繰り返すことができる方法を使用してMVPを開発します。  製品目標を達成するために最小限の市場機能でリリースする  ユーザーからのフィードバックを得て改善を図る  改善反映による機能を改善する  ユーザーからフィードバックを得て改善方法を見つける  1.2. MVPとリーンスタートアップの関係  リーンスタートアップは、リソースの効率的な使用を促進し、「仮説-実験-学習-反復」サイクルを通じて迅速に市場に投入する新しいビジネスアイデアと製品を開発するためのアプローチです。  リーンスタートアップは、企業が最小限のリスクとコストで最大の価値を生み出すことを支援することを目的としています。このアプローチでは、製品開発の前に市場ニーズを検証することが重要であり、MVP開発は製品の適応性と市場適合性を検証するために使用されます。  リーンスタートアップとMVPの組み合わせは、リソースを効率的に利用し、迅速に市場に参入するための戦略的アプローチです。無駄なリソースを排除することで、より迅速に市場投入し、競争上の優位性を築きます。 2. MVP開発のメリット 実用最小限の製品を使用してMVP開発を行うと、中小企業が市場で競争力を維持し成功するために3つの重要なメリットが得られます。  2.1.開発コストと時間を削減  MVPは最も重要な機能のみを含む初期バージョンであり、そのシンプルさにより開発が比較的安価になります。また、開発プロセス全体が簡素化され、市場投入までの時間や開発時間が短縮されます。  MVP開発は、予算とリソースが限られている中小企業にとって、製品を効果的に開発し、市場に迅速に投入させるための非常に便利な方法です。  2.2.素早いフィードバックを得る  MVP開発が市場に投入されると、ユーザーのフィードバックを収集し、ユーザーの反応や要件を早期に理解することが容易になります。これにより、製品を迅速に改善し、市場のニーズに合わせて最適化することができます。  タイムリーなフィードバックは、製品の品質と顧客満足度の向上に役立ちます。中小企業にとって、市場の変化に応じて製品を最適化できることは、競争力の維持に役立ちます。  2.3.開発リスクを軽減できる可能性がある  MVP開発は市場での受け入れを検証し、製品の市場適合性を評価できる方法です。そのため、製品開発時の失敗リスクが軽減されるのが大きなメリットです。  MVP回はtsyが成功したら、それを基にして製品を拡張し、より大きなバージョンを開発できます。MVPが失敗した場合でも、関連するコストとリソースは比較的低いため、致命的な失敗のリスクが軽減されます。  中小企業にとって、MVPアプローチは、失敗した場合でも最小限の損失で前進できるため便利です。 >>> Newwave Solutions で MVP 開発とシステム開発について学ぶ: 今見る 3. MVP開発のデメリット 3.1. 2ヶ月以上の開発には適さない  MVP開発は、必要最小限の機能を短期間かつ低コストで作成するのが特徴のため、複雑な機能や開発に時間がかかる製品には向きません。複雑な機能を検証し、大きな変更を加えると、費用と時間がかかる場合があります。したがって、開発プロセスに2ヶ月かかることが予想される場合は、ウォーターフォール開発を選択することをお勧めします。  3.2.失敗は品質に影響を与える  MVP開発では、開発コストと開発時間を最適化できますが、品質が犠牲になります。特に、次の2つは開発プロセスに影響を与えやすいものです。  品質は速度とは関係ない  検証のために必要な質  たとえば、開発中の製品に「スムーズなユーザーインタラクション」の特性を持たせたい場合、応答速度やユーザーインターフェイスを検証する必要があります。したがって、応答速度やユーザーインターフェイスを効果的に検証できる十分な機能があった方がよいでしょう。 4. […]

    システム開発 2024年2月29日

    【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説

    システム開発における「Vモデル」とは何だろうか。プロジェクト経験のある企業で働いている人でも、理解している人はかなり少ないです。 本記事では、システム開発の専門家がマスターすべき「V字モデル」の基本的な知識を深く解説します。システム開発の工程にV字モデルを活用することで得られる品質面におけるメリットも含めて解説します。 1.V字モデルとは?V字モデルの基本的な知識 1-1.V字モデルとは? V字モデルとは、開発工程とテスト工程の対応関係を表したV字のソフトウェア開発モデルです。このモデルは、開発工程とテスト工程をV字型曲線の2つの平行な分岐に整理し、それぞれの分岐がソフトウェア開発プロセスの段階を表しています。V字の左側が「開発工程」を、V字の右側が「テスト工程」を表します。 V字モデルは、システム開発の開始から終了までの流れを表したモデルです。ウォーターフォールが上流から下流へ流れるようなウォーターフォールモデルに対し、V字モデルは開発から後の作業を折り返したV字型をしています。V字モデルは、ウォーターフォールの進化版ともいえます。 1-2.V字モデルのメリット V字モデルには大きなメリットがあります。その強みの一つは、開発工程とテスト工程が明確に対応していることです。これにより、ソフトウェア製品の品質を確保しながら、各フェーズでどのようなテストが実施されるかを簡単に追跡できるようになります。 開発工程とテスト工程の対応関係が明確でないと、テストによる品質確保が困難になる可能性があります。したがって、ソフトウェア開発における開発工程とテスト工程を明確にすることは、プロジェクトを成功に導くための重要なポイントです。 例えば、統合テストは、プログラムがその基本設計に従って動作することを検証すると同時に、異なるモジュールを組み合わせる際に、入力データに対して正しい値が返され、データが正しく連携されていることを検証するのに役立ちます。これは、ソフトウェアの正確性と一貫性を検証するのに役立ちます。 総合テストの段階に進むにつれて、パフォーマンスや負荷容量といった非機能要件がテスト及び検証されます。 V字のソフトウェア開発モデルのおかげで、どの段階で、どの部分を、どのレベルでテストする必要があるかが明確になり、テスト工程をより円滑かつ効率的に進めることができます。 >>> もっと見る: MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 2. システム開発におけるV字モデルの工程 2-1.要件定義 システム開発V字モデルにおいて、要件定義は欠かせない重要なステップです。この工程は、お客様や商品企画者の要望を整理し、具体化するプロセスです。これにより、ソフトウェアの目的を明確にし、要件を正しく理解することができます。 2-2.基本設計 要件定義で決まった内容ができたら、基本設計の段階になります。ここでは、特定された要件を満たすために必要な機能や構成など、ソフトウェアの基本的な使い方をまとめます。  基本設計では、要件をソフトウェアシステムとして実現可能な方法に変換します。このフェーズでは、機能の定義、データ処理の整理、ユーザーインターフェイスのレイアウト定義、必須なデータの明確化など、重要な決定が行われます。 統合テストは基本設計フェーズの重要な部分であり、各機能に組み立てられたモジュールが正しく組み合わされ、総合的なシステムを形成していることを検証します。 2-3.詳細設計 「詳細設計」の工程では、「単体テスト」に重点を置く必要があります。基本設計で決まった仕様をもとに、コーディングに必要な処理の詳細仕様を決定します。詳細設計の範囲は、機能やモジュールごとに定義されます。詳細設計書は、決定すべき問題を具体的な仕様として記述するために作成されます。 3. ソフトウェア開発におけるV字モデルの活用 3-1. V字モデルとウォーターフォール V字のソフトウェア開発モデルは、ウォーターフォールの進化版であり、開発の工程に多くの共通点があります。ウォーターフォールモデルは多くの場合にシーケンシャルであるのに対し、V字モデルはテスト工程の改善に適用され、開発品質と効率の向上に役立ちます。 3-2.V字モデルとアジャイル手法  アジャイルは、顧客の満足を最優先するソフトウェア開発手法です。アジャイルは小さなスプリントでうまく行き、要求の変化に柔軟な対応が可能であり、バグ修正にほとんど労力がかかりません。 アジャイルでは、「計画」→「設計」→「開発」→「テスト」のサイクルを短期間で繰り返しながら開発を進めます。V字モデルは、アジャイル開発における繰り返しの各サイクルで適用できます。 V字モデルとアジャイルの主な違いは、V字モデルではシステム全体をV字モデルで開発するのに対し、アジャイルでは個々の繰り返すサイクルにV字モデルで各機能を開発することです。しかし、どちらもV字モデルを活用して開発効率を高めています。 4.W字モデル:V字モデルの発展形 4-1.ソフトウェア開発におけるW字モデルとは? W字モデルはV字モデルを改良・発展させたプロセスモデルであり、開発の工程とテストの工程の同時進行に重点を置いています。このモデルでは、開発作業の結果をテストするのはテストの工程だけでなく、開発の工程にもテストも行います。 例えば、V字モデルでは、基本設計は統合テストによってテストされますが、Wモデルでは、基本設計が終わった時点で、その設計書が要件定義で定義された要件に一致するかを検証します。これにより、設計の欠陥を早い段階で発見することができます。 Wモデルで、テストエンジニアは上流工程に関わり、設計や開発の工程にも参加する。 4-2.W字モデルのメリット W字モデルには多くの利点があります。欠陥の早期発見を可能にし、開発と同時にテストを行うことで品質を向上させます。設計段階で設計の矛盾などの欠陥が発見された場合、開発を開始する前に修正できるため、時間とリソースを節約できます。 5.まとめ 本記事では、V字モデルについて解説しました。V字モデルは、システム開発の基本的な開発手法であり、テスト内容が明確になり、進捗管理がしやすいというメリットがあります。 また、V字モデルはウォーターフォールでもアジャイルの手法でも使うことができます。システム開発では、エンジニアが現在何をしているのか、それが後工程でどのようにつながっていくのかを理解しながら作業を進めることが非常に重要ですので、本記事の内容をしっかりと理解しておきましょう。 V字モデルのソフトウェア開発会社をお探しの方は、こちらをご覧ください。 Related Posts ソフトウェア開発における最新技術トップ10 ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説

    システム開発 2024年2月29日

    MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する

    MVCモデルは、最新のソフトウェアやウェブアプリケーション開発の分野における重要な概念の1つです。Webアプリケーションの規模と複雑さが大幅に増加するにつれて、MVCモデルを採用することが非常に一般的になり、必要性が高まっています。 この記事では、MVCモデルのメリット、デメリットだけでなく、動作のメカニズムについてもさらに詳しく説明します。 1.MVCモデルとは? MVC(Model-View-Controller)モデルは、技術分野で広く使用されている重要なソフトウェア設計モデルの1つです。このモデルは、効果的な管理、開発、メンテナンスを通じて、インターフェースとソースコードを分離するのに役立ちます。 では、MVCモデルとは何か?簡単に言うと、アプリケーションを「モデル」「ビュー」「コントローラ」の3つのコンポーネントに分割し、それぞれが他のコンポーネントから独立した独自のタスクを持つというものです。 Model(モデル) データ管理・処理における機能 View(ビュー) インターフェイスを処理し、ユーザーにデータを表示すること Controller(コントローラ) モデルとビューの間のアクティビティを調整すること Javaというプログラミング言語では、MVCモデルは通常1つのJavaクラスで実装され、ビューはデータの表示を担当し、コントローラはサーブレットが含まれます。これらのレイヤー間の相互作用によって、ユーザーリクエストの処理が行われます。 ユーザー側のブラウザ層は、コントローラを通してサーバにページを表示するリクエストを送信します。 コントローラはモデルを呼び出し、リクエストを満たすために必要なデータを返します。 モデルからのデータは、表示のためにビューに渡され、ユーザーのブラウザーアプリケーションに渡されます。 その後、ビューは閲覧のためにクライアントブラウザにリダイレクトされて表示されます。   2.MVCの各コンポーネントを説明する 2-1.モデル (Model):データベースとデータを交換する モデルはソフトウェアシステムの設計と開発において重要な役割を果たします。これはシステムの理解しやすく重要な部分であり、アプリケーションのコアロジックとビジネスロジックを担当します。 モデルは、データベースとの通信に関するすべてのタスクを処理する部分です。単にデータベースからデータを取得するだけでなく、データベース内のデータの保存、更新、削除も行います。これにより、システム内のデータは常に効果的に管理されます。 コントローラは、クライアントからのリクエストを受け取り、データを取得するためにコマンドをモデルに送る役割を担っています。モデルはこのリクエストを処理し、データベースにアクセスして必要なデータを取得し、その結果をコントローラに返します。データ取得以外に、モデルはデータを加工し変換して、ユーザーにわかりやすく論理的に表示することもできます。 たとえば、モデルがデータベースに「2022-11-15」というフォーマットで日付を保存している場合、このデータをコントローラに送信する前に「2022年11月15日」に変換することができます。これにより、データを理解しやすく、使いやすい方法で表示することができます。 2-2.ビュー(View):動的に生成されたHTMLに基づいて画面を表示する ユーザーインターフェースを処理する過程で、ビューは重要な役割を果たします。これは、コンピュータやモバイルデバイス上でユーザーが目にする画面の一部に相当します。ビューの役割は、画面上に要素を表示するだけでなく、インターフェースの設計、レイアウトの管理、メニューの設計、ボタンと要素の相互作用の決定など多岐にわたります。 コントローラはモデルからデータを受け取ると管理を行い、そのデータをビューに送信します。この段階では多くの場合、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb言語や技術を使ってデータを処理し、Webブラウザやデバイス上のユーザーの画面に正しく表示できるようにします。 2-3.コントローラ(Controller) コントローラは、MVCモデルにおけるモデルとビューの両方の振る舞いを制御する役割を担います。コントローラの機能にはユーザーインターフェイスの表示やビジネスロジックの実行は含まれませんが、重要な仲介役として機能します。コントローラは、クライアントのリクエストに応答するために必要なロジックの実行をモデルに指示し、その結果をユーザーに表示するようにビューに指示します。これは、アプリケーション全体を動かす上で重要な役割を果たします。 具体的には、コントローラはあらかじめ定義されたメソッド (ルーティング) を通してクライアント側から送られてきたリクエストを処理します。モデルに対してデータソースへのアクセスやデータの取得を指示し、そのデータを受け取ってビューに渡して表示させます。 >>> もっと見る:  【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説 3.MVCモデルのメリットとデメリット MVCモデルには、考慮すべきメリットとデメリットがあります。 3-1.MCVモデルのメリット MVCモデルは、一連の重要な利点を活用するのに役立ちます。 第一に、回線を効果的かつ経済的に利用できます。つまり、MVCモデルはビューステートを使用しないため、ネットワーク負荷が軽減されます。これをデプロイすると、ユーザーは効率的にデータを送受信できるウェブアプリケーションを体験できます。 第二に、このモデルによって、リリース前にソフトウェアのテストとエラーのレビューが可能になり、高い品質と信頼性が保証されます。 第三に、MVCモデルの重要なコンポーネントであるコントローラは、CSS、HTML、多くのJavascriptのようなプログラミング言語による深いカスタマイズを提供します。このモデルはPV数とファイルサイズを効率的に管理し、リクエストが行われる度に、より大きなファイルが作成されます。しかし、MVCモデルは帯域幅の使用を最適化し、ページの読み込みを高速化するのに役立ちます。 さらに、MVCモデルは機能分離を促進し、モデル、ビュー、コントローラーを明確に分離することができます。 最後に、このモデルは比較的シンプルな構造であるため、専門知識がなくても使用できます。 3-2.MVCモデルのデメリット MVCモデルには、機能ごとに分けられたわかりやすいメリットがたくさんありますが、開発効率に影響するデメリットがないわけではありません。 MVCモデルで各機能を分離すると、コーディングの繰り返しや作業負荷の増加につながります。これは特に小規模な開発の場合に当てはまり、過剰な分離は時間を浪費します。 また、MVCモデルは機能拡張による処理遅延を引き起こす可能性があります。特に、データベースとやりとりするモデル部分からコントローラにデータ処理やデータ変換の負荷をかけると、処理速度が遅くなります。また、コントローラからモデルへの対応が多すぎると、モデルのコントローラへの依存度が高くなり、MVCモデル本来の強みである各機能の独立性が損なわれてしまいます。そのため、システム開発において、開発規模を予測することは非常に重要です。 >>> もっと見る: ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 4.まとめ MVCモデルはシステム開発に関する概念であり、あまり知られていませんが、これは成長だけでなく、企業の仕組みや運営にも当てはまります。仕事を円滑に進めるための示唆を与えてくれるため、覚えておくと役立つ知識でしょう。 […]

    システム開発 2024年2月29日

    ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説

    ソフトウェア開発プロジェクトを成功させるには、優れたプロジェクト管理が必要です。プロジェクトを効果的に管理するために、管理チームはそのプロジェクトに最適なソフトウェア開発モデルを選択しなければなりません。この記事では、ソフトウェア開発モデルを紹介し、それぞれのソフトウェア開発モデルの違いやメリット・デメリットをご説明します。 1. ソフトウェア開発モデルとは? ソフトウェア開発モデルとは、プロジェクトの目標と目的に従って、ソフトウェア開発を推進するために選択される多様なプロセスと手法を指します。ソフトウェア開発モデルは、固有の要件を満たすために作成されます。これらのモデルは、開発工程における明確なステップを特定し、それらが実行される順序を決定します。これにより、開発工程やプロジェクトの規模に応じた柔軟に対応しながら、必要に応じて仕様の変更をサポートすることができます。 2. 人気のソフトウェア開発モデルトップ4   2-1. ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデル ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルとは、要件定義からプログラミング、テスト、実装までを開発中で順次行うソフトウェア開発モデルです。この開発手法では、各フェーズが完了してから次のフェーズに進むため、柔軟性と明確なタイムラインが生まれ、特に信頼性が求められる大規模プロジェクトに適しています。 ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルのメリット ウォーターフォール型の開発モデルは、各フェーズが明確な順序で実行されるため、進捗管理が容易です。これにより、開発工程の管理、納品された製品の確保、変更への迅速な対応が容易になります。 ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルのデメリット ウォーターフォール型の開発モデルは、決まった順序で工程を進めていくため、途中で要件や仕様の変更があった場合、多くの手戻りが発生するかもしれません。要件定義の段階で仕様が完成していない場合は特にそうです。さらに、ある段階で問題が発生すると、次の段階にも影響を及ぼす可能性があります。また、この開発手法では、プロセスが一定の順序で進行するため、初期要件の定義に注意が必要であり、お客様からのフィードバックをプロセスに統合することは非常に困難です。 2-2. アジャイル型ソフトウェア開発モデル ソフトウェア開発におけるアジャイル型開発モデルは、開発中に仕様が頻繁に変更されるという前提に基づいて、柔軟なアプローチを導入します。要件定義フェーズでは、回路図と画面イメージを共有し、仕様、プログラミング、テストを小さな単位で繰り返します。 アジャイル型ソフトウェア開発モデルのメリット アジャイル型開発モデルでは、仕様を最終決定し、小さな単位で開発を繰り返すことができるため、ユーザーのニーズを簡単に表現できるようになります。仕様変更や技術的な問題が発生した場合でも、手戻りが軽減され、日々変化するユーザーのニーズを把握しやすくなります。 また、設計作成に必要な時間を短縮し、開発実装プロセスをスピードアップするのにも役立ちます。この開発手法は、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションの開発、特に短時間で完了する必要がある場合に適しています。 アジャイル型ソフトウェア開発モデルのデメリット アジャイル型開発モデルのデメリット点は、仕様が頻繁に変更され、方向性を維持することが困難になることです。ユーザーのニーズをすべて聞くと、複雑で使いにくいシステム設計になる可能性があります。 アジャイル型開発モデルのもう一つのデメリット点は、進捗管理が難しくなることです。そのため、プロジェクトの目標を確実に維持するために、ユーザーと管理者の間で綿密なコミュニケーションが必要になります。 >>> もっと見る: 【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説 2-3. プロトタイプソフトウェア開発モデル プロトタイプソフトウェア開発モデルは、上流工程でプロトタイプの画面を作成し、ユーザーのフィードバックを得ながら開発を進める方法です。プロトタイプの画面イメージをユーザー間で共有できるため、開発期間の短縮に貢献します。 プロトタイプソフトウェア開発モデルのメリット プロトタイプ開発モデルは、プロトタイプ画面を柔軟に変更することができます。ユーザーは上流工程で完成した画面を確認できるため、システムに対する不安が解消されます。 また、仕様変更や技術的な問題が発生した場合でも、手戻りを最小限に抑えて編集を行うことができます。そのため、開発が完了し、製品が納品された後に、ユーザーから大きな変更を求められることもありません。 プロトタイプソフトウェア開発モデルのデメリット プロトタイプ開発モデルのデメリット点は、プロトタイプの画面テスト後に修正が加えられることが多いため、スケジュール管理や作業タスクの定義にあります。プロトタイプの調整が必要になることが多いため、作業時間とコストの見積もりが困難になることに注意する必要があります。 ユーザーにとってプロトタイプを閲覧・編集できるのは便利ですが、何度もプロトタイプを作り直さなければならないのは、開発者に大きなプレッシャーがかかる可能性があります。ユーザーの期待はますます大きくなり、開発時間が長くなる可能性があり、納品スケジュールが満たされない危険性があります。 したがって、このモデルは、システム開発工程を理解し、それに貢献できるユーザーがいるプロジェクトに適用するべきです。 2-4. スパイラルソフトウェア開発モデル スパイラルソフトウェア開発モデルは、システム完成までの工程を機能単位に分割し、開発を進めていく手法です。アジャイルとプロトタイプの開発モデルのメリット点を組み合わせたものです。 スパイラルソフトウェア開発モデルのメリット スパイラル開発モデルは、仕様の変更に容易に対応でき、スケジュールを柔軟に調整できます。プロトタイプを見せて完成イメージを共有しながら、小さな単位で一つ一つの工程を組み立てて進めていきます。 前工程での作業が後工程に影響を与えることがないため、ユーザーのニーズに柔軟に対応できます。 これにより、開発中に発生した問題に迅速に対応し、解決することができます。 また、問題点の修正と同時に開発が行われるため、精度の高いシステムを構築できるというメリットもあります。   スパイラルソフトウェア開発モデルのデメリット スパイラル開発モデルのデメリット点は、プロトタイプがユーザーと共有され、仕様が頻繁に変更されるため、全体像が見えにくいことです。変更が認められた際に納期を守れるよう、スケジュール管理には特に注意が必要です。 また、要件が変わるとシステムが複雑になり、ユーザーにとって使いにくくなることもデメリットです。 >>> もっと見る: MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 3. ソフトウェア開発手法の選び方 システムの規模、ユーザーのニーズ、開発経験に基づいてソフトウェア開発方法を選択しましょう。 大規模なプロジェクトに取り組んでいる場合は、ウォーターフォール型開発モデルが適している可能性があります。要件定義に時間を費やし、ユーザーからのフィードバックに応じて仕様、予算、スケジュールを調整することで、開発に集中できます。 要件が絶えず変化し、開発期限が短いプロジェクトに直面している場合、アジャイル型開発モデルは理想的な選択肢です。仕様の変更に迅速に対応するのに役立ちます。 開発中に柔軟性や後半段階での仕様変更が必要な場合には、プロトタイプ開発モデルが適している可能性があります。完成イメージを共有することで、ユーザーは安心して成長に集中することができます。 […]

    システム開発 2024年2月29日

    ソフトウェア開発における最新技術トップ10

    2023年にはどのような新しい技術やソフトウェア開発動向があるのでしょうか。何しろ、ソフトウェア開発業界は常にイノベーションを続けています。近年では、ブロックチェーン、IoT、ビッグデータといった新しい技術を耳にすることも多いのではないでしょうか。ソフトウェア開発の最新技術やソフトウェア開発動向を今すぐキャッチアップしましょう! ソフトウェア開発の世界を探求するようにお手伝いし、2022年以降の最新かつ重要なソフトウェア開発技術やソフトウェア開発動向をご紹介します。 Microservices マイクロサービスは、話題になっている最新のソフトウェア開発動向の1つです。基本的に、マイクロサービスは、アプリやソフトウェアを開発するためのユニークで非常に効果的な方法です。独立したコンポーネントに分割することで、IT・フルスタックソフトウェア開発者は、システムの残りの部分に影響を与えることなく、特定の機能を拡張することができます。そして何より、一部分が故障しても、アプリの他の部分は問題なく動作し続けることができるため、ソフトウェアの保守・管理をより効果的に行うことができます。 また、マイクロサービスを適用することで、ソフトウェアの他の面を完成させ続けながら、アプリを公開することができます。全体として、この新しいソフトウェア開発動向は、開発と効率を高めるだけでなく、アプリやソフトウェアのコンポーネント間のコミュニケーションも強化します。 Artificial Intelligence (AI) AIまたは人工知能は、過去10年間ですでに多くの可能性を秘めています。今日の技術の進歩により、AIはついに最高のパフォーマンスを発揮し、私たちの生活、仕事、遊び、さらにはそれ以上のことに注目すべき影響を与えることができるようになりました。AIで最も人気のある最新のソフトウェア開発動向は、画像認識や音声認識、ナビゲーションアプリ、パーソナルアシスタント、ライドシェアアプリなどです。この分野は、バーチャルエージェント、機械学習、バイオメトリクスの新しい研究により、今後さらに発展する可能性があります。 Low-Code & No-Code Platforms コーディングツールにおけるこの新しいソフトウェア開発動向は、ユーザーが視覚的な環境において、事前に構築されたブロック/機能を素早くドラッグ&ドロップすることを可能にします。ローコードやノーコードのプラットフォームは、今日の迅速な開発をサポートし、技術的な知識がほとんどまたはまったくない多くの業界へのデジタルアクセスを拡大します。ただし、この技術アプリケーションの主な懸念は、将来の拡張性、セキュリティ、および一般的な柔軟性です。したがって、ノーコードおよびローコードプラットフォームを中心にソフトウェア開発戦略全体を構築することはお勧めしません。その代わり、ソフトウェア開発会社を頼む前に、これらのツールを使って自分のアイデアやプロジェクトを体験することができます。 Internet Of Things (IoT) IoT(Internet of Things)とは、相互に関連するコンピューティングデバイス、機械やデジタルマシン、物体、動物、あるいは人間などのシステムであり、固有の識別子(UID)を備え、人間対人間、人間対コンピュータの相互作用を必要とせずにネットワーク上でデータを転送することができるものです。使用中のモバイルデバイスから運転手段まで、あらゆるものを監視したり、データを収集したりすることができます。つまり、IoT(Internet of Things)は、私たちの日常生活に浸透していると言えるでしょう。さらに、スマートシティソリューションの台頭により、少なくともあと50年間はIoTが私たちの生活に多くの影響を与えることになりそうです。 Blockchain Technology (ブロックチェーン) ブロックチェーンは、暗号通貨やNFTの登場により話題となったソフトウェア開発における最新技術の一つです。現在では、医療、金融、メディアなど多くの業界にも応用されています。ブロックチェーン技術は、分散型台帳で取引をを保護し、簡素化します。ブロックチェーンは非常に安全でハッキングが不可能なため、その分散化された性質が最大の強みとなっています。 多数の企業がブロックチェーン開発サービスに挑戦することを計画しています。分散型アプリまたはdAppsのように、ブロックチェーンベースのアプリの最近の技術開発であり、ソフトウェア開発者が分散型の安全なオープンソースソリューションを作成するための一般的なオプションとして浮上した。この技術は、ソフトウェア開発動向の1つであり、ブロックチェーンソフトウェア開発者は、それを実装するためのカスタムソフトウェア開発の新しい、興味深い方法を見出しています。 Virtual Reality ゲームや映像の業界は、これまで以上に活況を呈しています。そのため、バーチャルリアリティは新しいソフトウェア開発動向の一つとして、注目されているのは間違いないでしょう。さらに、メタバースの導入やVR技術の完成度により、バーチャルリアリティは単なる娯楽ではなくなってきています。実際、アメリカの多くの学校がVRを教室に導入し始めているため、教育分野も近いうちにVRを探求することになりそうです。 複数の企業や業種でも同様です。ソフトウェア開発の力を借りれば、労働力やトレーニングセッションにVRを導入し、顧客サービスやユーザー体験を向上させることができます。では、2022年にどのようにVRを導入するのか。 Cloud-Based Solution ビジネスの可用性、データ復旧、高いアクセシビリティに対するニーズが高まる中、オンプレミスのデータインフラを用意するのはコストがかかるため、多くの企業がクラウドデータサービスへの移行を余儀なくされています。政府でさえ、クラウド技術に移行する必要性を感じています。クラウドベースのソリューションを利用することで、ユーザーはより安い料金で、使用した分だけ支払うという柔軟性を得ることができます。クラウド技術には、クラウドイネーブル、クラウドベース、クラウドネイティブアプリケーションなどがあります。 Big Data – ソフトウェア開発動向の革新的な技術 ビッグデータ技術は、データストレージ、データマイニング、データアナリティクス、データビジュアライゼーションの4種類に分類されます。例えば、Netflixのような企業は、ビッグデータを使って顧客が何を求めているかを収集し、理解することで、その信用を築いてきました。ただし、一般の人々はデータのセキュリティを非常に意識するようになりました。そのため、ビジネスがセキュリティに対応していない場合、深刻な問題が発生する可能性があります。 Progressive Web Apps (PWA) Progressive Webアプリとは、サービスワーカーやマニフェストおよびその他の Web プラットフォームを使用するWebアプリのことです。PWAは開発・保守が非常に簡単であるため、多くのモバイル ネイティブ アプリ開発会社が注目しています。ただし、PWAソリューションのビジョンを得るためにソフトウェア要求仕様書を書くと、さらに簡単になります。 PWAは、どのブラウザからでもWebサイトにアクセスできる利便性と、機械学習のようなネイティブモバイルアプリのハードウェア・ソフトウェアの機能を組み合わせています。Google と Microsoft によるこの技術への最近の投資により、PWA は今後数年間でさらに一般的なソフトウェア […]

    システム開発 2024年2月29日

    注目の記事

    CEOであるTo Quang Duy氏が、ベトナムでのNewwave Solutionsソフトウェア会社の将来計画についてGoodFirmsに共有 
    Newwave Solutionsは、ベトナムソフトウェア会社として、ソフトウェア開発ソリューションと一流の品質技術ソリューションを世界中のクライアントとパートナーに提供することに努めています。当社が今後数年間でどのような計画やサービスを提供するかを知るために、続きをお読みください。 本年9月、革新的なB2Bリサーチとレビュー企業のGoodFirmsは、Newwave SolutionsのCEOであるTo Quang Duy氏をインタビューする機会を得ました。GoodFirmsのIT企業ランキングにおける豊富な経験に基づき、Newwave SolutionsはGoodFirmsのチームとのインタビューを行い、会社の将来計画について共有することを光栄に思います。 会社のハイライト       10年以上の実務経験を有する     800以上のプロジェクトを成功に導く     800以上のクライアントを持つ     300人以上の専門家がいる Newwave Solutionsは、最高のITソリューションを提供し、世界中のビジネスプロセスを強化するための統合された技術システムソリューションを提供することを夢見ます。これらのソリューションはすべて予算内で、高い効率で提供されます。様々な業界にサービスを提供し、よく組織化された有能な方法で信頼できる改善技術を採用することによって、説得力のあるプログラムを作成します。   なぜ、Newwave Solutionsはベトナムソフトウェア会社トップとして認められているのか? Newwave Solutionsは、お客様のビジネス要求を規定時間内に満たすために、精力的にリソースを管理しています。 ISO 9001及びISO 27001の認証に裏打ちされた万全の品質管理体制とデータの安全性を備えています。 Newwave Solutionsの専門家は、お客様の安全なビジネスを確保するため、極めて高い機密性と安全性を維持しています。 当社は、クライアントとの良好なコミュニケーションが重要であると考えています。日本やアメリカのクライアントとのパートナーシップの経験により、異なるタイムゾーンでの作業にも柔軟に対応します。     すべてのサービスにおいて、費用対効果の高いITソリューションを提供しています。 Newwave Solutionsは、日本、シンガポール、オーストラリア、インド、アメリカなど、世界中に800以上のクライアントを持つ、ベトナムソフトウェア会社トップです。大切なクライアントのご支援のおかげで、ベトナムオフショア会社は現在、ベトナムの海岸を越えてその足跡を広めることに忙しくしています。 過去10年間の経験とプロセスにより、GoodFirmsではベトナムソフトウェア会社トップの中で栄誉ある地位を確立しています。本年9月、GoodFirmsチームは当社のCEOであるTo Quang Duy氏と会談し、Newwave SolutionsのITサービスや今後の展望を聞く機会を得ました。 ベトナムに拠点を置くNewwave Solutions は、10年以上の経験を持ち、300人以上の熱心な従業員を抱える最高品質のアウトソーシング企業であると、Duy氏は語ります。2011年の設立以来、モバイルアプリ開発、ソフトウェア開発・保守、Q&A・テスト、ゲーム開発、UI/UXデザイン、その他新技術の分野で、効率的なサービスを提供しています。 「ベトナムで成長中のカスタムソフトウェア企業として、Newwave Solutionsは深い経験、責任感、技術への情熱を兼ね備えており、クライアントに最適なソリューションを提供するだけでなく、プロジェクトにプラスの影響を与えることができます。」と、Duy氏は適切なソリューションを提供するNewwave Solutionsの能力に明確にしました。努力と比類のないサービスにより、カスタムソフトウェア開発会社のトップの1つとして認知されています。 オフショア開発ベトナム会社のNewwave Solutionsは、過去10年間にサービスを強化し、現在、日本とベトナムの2つの支社を持っています。 Newwave Solutionsに対するお客様の声 Duy氏によると、Newwave Solutionsは90%のクライアントがリピートしており、製品やサービスに対する深い満足度を示していると述べました。つまり当社は、長年にわたってほとんどのクライアントを維持することができたのです。そして、クライアントは主にソフトウェア開発サービス、Web開発、ブロックチェーン開発、UI/UXデザインサービスのためにNewwave […]
    システム開発 February 29, 2024
    IT企業訪問ツアー ジュニアソフトウェア開発者向け|Newwave Solutions X FPT Aptech
    企業訪問は、学生と実際に働いている産業界との最初の交流の場であり、どの科目においても重要な位置を占めています。Newwave Solutionsでは、本社での企業訪問を随時受け付けているため、IT業界を目指す学生は、技術トレンドについて学んだり、興味のある分野について考えを巡らせたりすることができます。Newwave Solutionsにおけるジュニアソフトウェア開発者向けIT企業訪問については以下で見ていきましょう。 Newwave Solutionsでジュニアソフトウェア開発者向けIT企業訪問 今年10月、Newwave Solutions x FPT-Aptechの企業訪問を開催することができました。1999年に設立されたFPT-Aptechは、ベトナムで20年以上IT教育を行っているIT専門学校です。実際、当社のソフトウェア開発者の中には、FPT-Aptechを卒業した者もいます。また、毎年相当数のインターン生を受け入れています。 10月10日、Newwave SolutionsはFPT-Aptechの新入生とジュニアのために1日企業訪問を開催しました。学生たちはハノイにあるNewwave Solutionsの本社を訪問し、ITビジネスについて疑問に思っていたことをすべて解決することができました。 このツアーの主な目的は、FPT-Aptechの新入生とジュニアソフトウェア開発がITプロフェッショナルと出会い、知識共有のセッションを行い、IT業界におけるキャリアの選択肢についてオリエンテーションを受けることです。 3名の上級講師及び30名以上の学生が、Newwave Solutionsの職場環境を目の当たりにすることができました。ISO9001認証の要件であるセキュリティプロトコルに従わなければならないため、いくつかの制限はありましたが、このツアーは教科書や教科、さらには教室を超えて、IT業界で応用されている技術やスキルを学生に学ばせることができます。 さらに、ライン1・マネージャーのLan氏、マーケティング・マネージャーのKhanh Ly氏、人事部リーダーのHien氏から、ITに関するさまざまなトピックについて回答を得ました。 Lan氏は、ウェブサイト開発、ブロックチェーン開発、コーディングの基礎に関して、IT業界に関する多くの質問に答えました。また、彼のインスピレーションに満ちたキャリアストーリーは、受講初期の段階でも、情熱のある分野を見つけ、それを追求する動機付けとなりました。 その後、Khanh Ly氏は、学生たちが実際のソフトウェア開発チームがどのようなもので、各メンバーがどのように協力しているかを理解できるように、当社のIT開発者マネージャーのもとへ皆を案内してくれました。そして何より、FPT Aptechの学生は、20年以上の経験を持ち、様々な分野や言語にわたって働くことができるNewwave SolutionsのIT開発者トップに会う貴重な機会を得ました。 最後に、履歴書のレビュー、面接の準備、キャリア選択について、人事部のリーダーであるHien氏が指導してくれました。企業訪問の終わりには、ミニゲームが用意されており、学生たちはNewwave Solutionsでの企業訪問を思い出すことができるよう、多くの特典を手に入れました。 以下は、Newwave Solutionsにおける新入生とジュニアソフトウェア開発者向けの企業訪問ツアーについての感想です。  「今回のツアーで、生徒たちはソフトウェア開発業界の未来を垣間見ることができました。また、私たち教師にとっても、将来のニーズに合わせたカリキュラムを計画する上で、実に参考になるものです。帰ってきてからのNewwave Solutionsの企業訪問に関する学生のプレゼンテーションが待ち遠しいです。」(FPTの上級講師より)  「この訪問は、IT企業が学生に何を期待しているのか、ITソフトウェア業界の一員になるために何から始め、何をすべきなのかを明確に理解する機会を与えてくれました。さらに、CEOであるTo Quang Duy氏には感銘を受けました。」(FPT-Aptechのコンピュータアプリケーションの講師より)  「Newwave Solutionsの会社訪問で貴重な知識を得ることができ、今回が初めてのソフトウェア会社訪問でした。今後のプロジェクトについて多くのアイデアを得ることができました。また、インターンシップやIT業界で得られる多くの仕事の機会についても教えてもらいました。個人的には、ハノイの主要なIT企業を訪問できたことをとても嬉しく思います」。(FPT Aptechの学生より) まとめ このような企業訪問は、学生に実際の職場環境を体験させるとともに、IT業界の実践的な見方を提供します。さらに、ITの職場に直接触れることで、理論的な学習と実践的な体験との間のギャップを埋めることもできます。Newwave SolutionsでのIT企業訪問により、FPT Aptechの新入生やジュニアソフトウェア開発者が、ベトナムのIT開発者からすべての答えを得る機会、IT業界の未来、特に何が自分に合うかを判断する機会となったことを願っています。 2011年に設立されたNewwave Solutionsは、ソフトウェア開発サービス、ソリューション、およびメンテナンスを提供するグローバル企業です。当社の専門技術と業界のエキスパートが、スタートアップ企業、中小企業、大企業に、それぞれのお客様のニーズに合った優れたソフトウェアモデルを提供しています。 ソフトウェア開発プロジェクトについて、私たちから無料コンサルテーションを受けることができますので、今すぐお気軽にお問い合わせください! Related Posts ソフトウェア開発における最新技術トップ10 ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説
    システム開発 February 29, 2024
    Newwave Solutions 2022年にClutchの「持続的成長企業トップ100社」を受賞
    Newwave Solutionsでは、クライアントに力を与えるため、業界最高のソフトウェア開発サービスを提供することに集中しています。2011年以来、私たちはお客様が直面するあらゆる変革的なデジタル複合問題の解決に取り組んでいます。 Clutchの「持続的成長企業トップ100」に選出されました この度、B2Bレビューおよび評価プラットフォームのリーディングカンパニーであるClutchに、Newwave Solutionsがソフトウェア開発サービスという最も人気のあるサービスを提供する企業として、「持続的成長企業トップ100社」に認定されたことについて喜んでお知らせします。 Clutch 100は、業界で最も権威のあるランキングの1つであり、このランキングにはモバイルアプリ開発、ITマネージドサービス、ブランディング、及びその他のサービスを専門とする企業が含まれます。このリストは、2018年から2021年までの各企業の絶対的な収益成長率に基づくものです。グローバルで急成長している業界のリーダーとして認められるには、多大な労力が必要です。この困難な時期に乗り越えてお客様とのコミットメントを守る能力は、私たちを一流のサービスプロバイダーになるものです。 当社及びソフトウェア開発サービスに対するお客様の声 この賞は、スタッフ全員の努力と、Clutchプロフィールに評価を投稿してくれたお客様の継続的な信頼と応援がなければ、受賞できないはずです。以下は私たちのお客様から受け取った素晴らしいレビューの一つを紹介します。 「Newwave Solutionsは、親切で気配りのあるパートナーです。フレキシブルで信頼性の高いチームは、お客様のワークスタイルに素早く適応し、必要に応じて拡張できます。彼らは約束をそれ以上果たし、貴重な推奨事項をしてくれました。」-T-SKY(HK)Co.、Ltd.のCEO Yanoさん Scanto Technology Pte. Ltdのプロジェクト管理責任者は私たちと同行した上で、その業績について語ってくださいました。 「Newwave Solutionsさんはどんな問題でも即座に対処し、計画通りに作業を進め、成果を提供してくれました。時間を問わずプロジェクトについてよく相談し、毎週報告を行い、すべてを順調に進めるように対応しました。何よりも大切なのは彼らの忍耐力、献身、気配りには本当に注目に値するものでした。」 ビジネスニーズに対応したソフトウェア開発サービスをお探しですか? 貴社のプロジェクトを始めるため、今すぐお気軽にお問い合わせください!   Newwave Solutionsは、DXとソフトウェア開発のアウトソーシングのリーディングブランドです。革新的なテクノロジーとビジネスを変革するという使命のもと、当社は複数の業界にDXとテクノロジーコンサルティングとエンドツーエンドの開発ソリューションを提供しています。  電話番号: 080-4913-3503 メール: [email protected] DXのリーディングブランドとしてお客様に革新的なソリューションをもたらす弊社の最新の情報にご注目ください!   Related Posts ソフトウェア開発における最新技術トップ10 ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説
    システム開発 February 29, 2024

    ベストなITソリューションをお探しですか

    お問い合わせ
    ベストなITソリューションをお探しですか?

    Newwave Solutions Japan株式会社

    Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
    - 税コード:0105627951
    - 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

    icon-map Newwave Solutions
    Newwave Solutions株式会社
    1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
    View Map
    icon-map Newwave Solutions
    Newwave Solutions Japan株式会社
    〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
    View Map
    Up To Top