デジタルトランスフォーメーション戦略:デジタルツールで医療提供を刷新する計画

ヘルスケアにおける成功のデジタルトランスフォーメーション戦略の策定

ヘルスケアを取り巻く環境は、テクノロジーの進歩に後押しされ、大きな変化を遂げつつあります。デジタルトランスフォーメーションと呼ばれるこのデジタル革命は、ヘルスケア機関の機能や患者とのつながり方を根本的に変えつつあります。 本記事は、ヘルスケアにおけるデジタルトランスフォーメーション戦略を策定し、実行するための複雑なプロセスをナビゲートするロードマップです。「デジタルトランスフォーメーション戦略とは何か」という問いに答え、この変革の旅に関連する利点、潜在的な障害、ベストプラクティスを探ります。 1.デジタルトランスフォーメーション戦略とは? デジタルトランスフォーメーション戦略とは、組織の働き方を完全に再構築し、価値を提供し、イノベーションの文化を醸成する包括的な計画です。これは、患者ケアや臨床業務から管理業務やデータ管理に至るまで、あらゆる業務にデジタルツールとプロセスを統合するということです。 この戦略は、次のような疑問に取り組むべきです。 現在の課題と機会は何か? テクノロジーはどのように患者ケアの向上に役立つか? どのようなデジタルツールやリソースに投資する必要があるか? 新しいテクノロジーと既存のシステムをどのように統合するか? どのようにスタッフを訓練し、新技術の導入を成功させるか? 1.1.ヘルスケアにおいて重要である理由 医療業界は独特のハードルに直面しています。コストは上昇し、患者の期待は高まり、より良い結果を求める声は絶えません。明確なデジタルトランスフォーメーション戦略は、次のような課題を解決する鍵となります。 患者ケアと体験の向上:予約の合理化、遠隔診療オプションの提供、医療記録への安全なアクセスを患者に提供します。 業務の合理化とコスト削減:管理業務の自動化、リソース配分の効率化、冗長なプロセスに伴うコスト削減ができます。 データに基づく意思決定の改善:データ分析を活用することで、患者集団を把握し、パフォーマンス指標を追跡し、ケア提供やリソース配分に関する情報に基づいた意思決定を行うことができます。 進化する規制への確実な対応:コンプライアンス要件をサポートするデジタルソリューションを導入することで、変化する医療規制を常に把握することができます。 競争力の維持:急速に進化する医療環境の中で競争力を維持するために、技術の進歩を取り入れます。 1.2.デジタルトランスフォーメーション戦略を成功させる主な要素 デジタルトランスフォーメーション戦略を成功させるには、入念な計画と実行が必要です。重要な構成要素をいくつか紹介します。 明確なビジョンと目標の設定:組織における医療提供の将来のあるべき姿を明確にします。このビジョンに沿って、具体的、測定可能、達成可能、適切、期限付き(SMART)の目標を設定します。 現状の評価とギャップの特定:現在のデジタル機能、インフラ、プロセスを評価します。改善すべき点、テクノロジーを活用する機会を特定します。 ステークホルダーの参画と協力の促進:医師、看護師、管理者、IT専門家、さらには患者など、すべての関係者を巻き込みましょう。オープンなコミュニケーションとコラボレーションにより、全員が目標を理解し、変革に賛同します。 イニシアチブの優先順位付けとロードマップの作成:患者ケア、業務効率、財務の持続可能性に最も大きな影響を与える取り組みに焦点を当てます。実施スケジュール、リソースの配分、成功の測定方法などをまとめたロードマップを作成します。 適切なテクノロジーソリューションの選択:特定のニーズと目標に沿ったテクノロジーソリューションを選択します。相互運用性(既存システムとの連携能力)、拡張性(成長への対応能力)、セキュリティー、使いやすさなどを考慮します。 効果的な変更の実施と管理:適切なトレーニングとユーザーへのサポートを行い、段階的にイニシアチブを導入します。変化に対する潜在的な抵抗に対処し、イノベーションを受け入れる文化を醸成します。 継続的なモニタリングと評価:変革の進捗状況を把握し、目標達成への影響を評価します。新しいトレンド、技術の進歩、進化する医療ニーズに基づいて、定期的に戦略を見直し、適応させましょう。 1.3.デジタルトランスフォーメーション戦略策定における課題 ヘルスケアのデジタルトランスフォーメーション戦略の策定には、それなりの課題がつきまといます。 レガシーシステムと時代遅れのインフラ スタッフやステークホルダーからの変化への抵抗 複雑な規制環境 限られた予算とリソース システム間の相互運用性の問題 データのプライバシーとセキュリティに関する考慮 医療機関がこのようなハードルを乗り越える手順は下記の通りです。 徹底的なアセスメントを実施し、現状を把握します。 計画プロセスを通じてすべての利害関係者を巻き込みます。 潜在的な影響と実現可能性に基づいて、取り組みに優先順位をつけます。 混乱を最小限に抑えるために、段階的に変更を実施します。 強固な変更管理とコミュニケーション戦略に投資します。 これらのステップに従い、課題に対処することで、医療機関はデジタルトランスフォーメーション戦略を成功させ、より効率的で患者中心の、将来性のある医療システムへの道を開くことができます。 2.医療業界におけるデジタルトランスフォーメーションのメリット 医療業界は、デジタル技術による変革期を迎えています。医療提供者がこうした変化を実行に移すのを支援するために、ヘルスケアデジタルトランスフォーメーション企業が台頭しています。しかし、真の成果をもたらすデジタルトランスフォーメーション戦略をどのように策定すればよいのでしょうか?デジタルトランスフォーメーションは、患者と医療機関の双方に包括的なメリットをもたらします。 >> もっと見る:2024年業界をリードするデジタルトランスフォーメーション企業トップ5 2.1.患者ケアと経験の向上 デジタルトランスフォーメーション戦略の中心には、患者ケアとエクスペリエンスの向上という目標があります。革新的なテクノロジーとデータ主導の洞察により、医療提供者はより個別化された、効率的で効果的なケアを提供することができます。 患者エンゲージメントの強化:患者ポータル、モバイルヘルスアプリ、遠隔医療プラットフォームを通じて、患者は自分の健康により積極的な役割を果たすことができます。 個別化された治療計画:ビッグデータ、AI、予測分析により、高度にパーソナライズされた治療計画が可能になります。 合理化されたケアコーディネーション:電子カルテ、セキュアメッセージングシステム、ケアマネジメントプラットフォームにより、医療提供者間のコミュニケーションと連携が向上できます。 2.2.業務効率の向上 デジタルトランスフォーメーションは、医療機関の業務効率を劇的に改善し、コスト削減とサービス提供の向上につながります。 管理業務の自動化:予約スケジューリング、請求書作成、在庫管理などの繰り返し作業を自動化できます。 リソース配分の最適化:高度なアナリティクスとAIにより、人員配置、設備利用、リソース配分を最適化できます。 臨床ワークフローの合理化:デジタル文書化、音声認識、臨床判断支援システム、自動アラートにより、臨床ワークフローが改善されます。  […]

システム開発 July 18, 2024

システム開発

Newwave Solutionsの何百ものプロジェクトを実施した専門家の知識と実際の経験から得た、システム開発の分野について共有された記事をまとめます。 この有益な情報が、Newwave Solutions をより深く理解し、ソフトウェア開発分野での協力ユニットを選択する際により客観的な視点を持つのに役立つことを願っています。

  • ホームページ / システム開発 - Newwave Solutions Japan
  • 初心者向けのモンキーテストとは何か?

    モンキーテストとは、ランダムデータを提供し、システムやアプリがクラッシュしたりエラーが発生したりするかどうかを監視することによって、アプリや製品をテストするソフトウェアテストに適用される方法です。より深く理解するために、この記事を通じてモンキーテストとは何なのかを理解してみましょう。 1. テストとは何ですか? モンキーテストとは何かを学ぶ前に、テストの概念をよく理解しましょう。テスト (英語ではSoftware Testingとも呼ばれます) は、ソフトウェア開発プロセスにおける重要な作業です。 テストの主な目的は、ソフトウェアに存在する可能性のあるエラーを検出して報告することです。これにより、ソフトウェア製品が顧客によって事前に設定された要件を正確かつ完全に満たすことが保証されます。 ソフトウェアテストは、製品の正確性と完全性を確認するためのクロスチェックを実行するだけでなく、ソフトウェアの品質について独立した客観的な見解を提供するプロセスでもあります。これは、ソフトウェアの導入時に発生する可能性のあるリスクをより適切に評価し、理解するのに役立ちます。 ソフトウェアテストプロセスにより、他のユーザーが見逃す可能性のあるエラーの発見が容易になります。テスト方法は多様であり、特定の制限はありません。実行中は、プログラムまたはアプリのエラー、バグ、弱点を見つけることに重点を置きます。 >>> もっと見る: βテスト、アルファテストとは? アルファ版とベータ版の違い  2. モンキーテストとは何ですか? 「Monkey Testing」とも呼ばれるモンキーテストとは、ランダムデータを提供し、システムやアプリに問題やエラーが発生していないかを監視することで、アプリや製品をテストするランダムソフトウェアテストに適用される方法です。モンキーテストはファズテストとしても知られる場合があります。 モンキーテストとは何であるかを明確に理解するには、モンキーテストではランダムなデータがアプリに入力されて動作を評価し、エラーが存在するかどうかを検出することを理解する必要があります。 テスターや開発者さえも、「仮想のモンキー」と見なすこともできます。モンキーがコンピューターを使用すると、事前知識なしにデータがランダムに入力されると想定されます。 モンキーテストでは、テストは特定のテストシナリオに従ってではなく、ランダムに実行されます。このプロセスはランダムであるため、テスターが問題やバグを正確に再現できない場合があります。 3. なぜモンキーテストをするのか? 大規模なWebアプリを市場に展開するたびに、どのユーザーにサービスを提供しているのか疑問に思うかもしれません。 意識の高い善良なユーザーもいますが、Webアプリに対して悪意のあるユーザーも少なくありません。一貫性のない入力を挿入したり、大規模なデータをアップロードしたり、アプリを意図的にクラッシュさせたりする可能性があります。 したがって、そのような状況に対してアプリをテストして保護するには、テスターもモンキーのように行動し、アプリを「邪悪なモンキー」から守るために考え、さらにはテストを実行する必要があります。 >>> もっと見る: シナリオテストとは何か?テストケースの実行方法 4. モンキーテストの用途 モンキーテストの観点からは、ハードウェアを使用してモンキーテストを自動化することも、さらにはソフトウェアを使用してランダムデータを入力するモンキーの動作をシミュレートすることで自動化できることが簡単にわかります。 ランダムに生成されたデータを使用して、OWASP関連の問題についてアプリをテストできます。また、トランザクションを開始してランダムなデータを入力するか、ランダムなアクションを実行して、システムがクラッシュするかどうか、またはデータベースに問題があるかどうかを確認するために戻ってデータベースをテストすることもできます。 >>> もっと見る: システム開発サービス 5. モンキーテストのメリットとデメリット 上記でモンキーテストについて紹介した後、この特別なテストのメリットとデメリットを見てみましょう。 5.1 モンキーテストのメリット モンキーテストは、以前のシナリオではテストされなかった可能性のある新しいバグを検出するための効果的なアプローチを提供します。また、ランダムおよびアドホックテストシナリオからストレステストや負荷テストを実行するために使用することもできます。 モンキーテストを実行するプロセスは、いくつかのデータを使用してランダムテストを実行するだけなので、非常に簡単です。 テストケースの実行と環境のセットアップにかかるコストは、モンキーテストを使用すると非常に少なくなります。ツールを使用すると、平均的なテストプロセスを自動化できます。 モンキーテストは、デスクトップアプリ、Webアプリ、モバイルアプリに適用できます。 5.2 モンキーテストのデメリット モンキーテストでは非常にランダムであるため、エラーを再現することは不可能または非常に困難です。モンキーテスト中に見つかった予期せぬ問題を分析するには、多大な時間と労力が必要です。 テスターは正確なテストシナリオを特定することが難しく、その正確性を保証できません。 また、モンキーテストでは、事前に定義された特定のテストシナリオがないため、エラーの根本原因を検出するまでに時間がかかることがあります。 6. モンキーテストの種類 モンキーテストとは何であるかはご存知でしょうが、モンキーテストの種類について本当に知っていますか? 6.1 ダムモンキーテスト […]

    システム開発 2024年7月18日

    機能テストとは何ですか?システムテストにはどのような種類がありますか?

    機能テストは、テスターがソフトウェアが所定の要件に従って動作するかどうかを評価するプロセスです。ソフトウェアテストとは何ですか?この記事では、Newwave Solutionsが機能テストとは何かについて説明します。システムテストにはどのような種類がありますか? 1. 機能テストとは? 機能テストは、アプリまたはシステムの機能が期待どおりに動作することを確認することを目的としたソフトウェアテスト方法です。機能テスト方法では、データベース、ユーザーインターフェイス、API、クライアント/サーバー通信、セキュリティ、テスターが検証するアプリのその他の機能などの側面に焦点を当てます。 機能テストは、手動またはソフトウェアツールを使用した自動の2つの方法で実行できます。 手動機能テスト: テスターは手動で操作を実行し、アプリの機能をテストします。テスターは技術的なテストシナリオを実行し、データを入力し、結果をテストして適切な機能を確認します。このタイプのテストには注意と忍耐が必要ですが、複雑なエラーを検出できる可能性があります。 自動機能テスト: このタイプのシステムテストでは、ソフトウェアツールを使用してテストシナリオを実行し、アプリの機能を自動的にテストします。この特定のテスト方法は、手動昨日テストに比べて高速で、時間を節約できます。テスターはシナリオを繰り返して、アプリの信頼性をテストできます。 >>> もっと見る: システム開発サービス 2. 機能テストの種類 最も一般的な種類のソフトウェアテストには、単体テスト、非機能テスト、回帰テスト、ユーザビリティテスト、統合テストが含まれます。 2.1. 単体テストの種類 単体テストの種類は、ソースコードの各ユニット (またはコンポーネント) が元の要件に従って正しく動作することを確認するソフトウェアテスト方法です。以下はいくつかの一般的なタイプの単体テストです。 非機能テスト:このタイプのテストは、ユニットの特定の機能のテストに関係のない要素に焦点を当てます。代わりに、パフォーマンス、拡張性、信頼性、セキュリティなどの要素を評価します。 回帰テスト:このタイプのテストは、ソースコードの新しい変更によってエラーが生じたり、以前にテストされたものに影響を与えたりしないことを確認するために使用されます。回帰テストは、ソフトウェア開発プロセスの安定性と継続性を確保するのに役立ちます。 ユーザビリティ テスト:このタイプのテストでは、ユーザビリティとユーザー エクスペリエンスを評価します。ユーザビリティ テストは、ユーザー インターフェイスやユーザー インタラクションなどの要素に焦点を当てます。 統合テスト:システム内の異なるユニット間の相互作用をテストします。このタイプのテストでは、ユニットを組み合わせたときに正しく機能するかどうか、およびユニット間の通信に関連するエラーが発生するかどうかを判断します。 >>> もっと見る: βテスト、アルファテストとは? アルファ版とベータ版の違い 2.2. 非機能テスト 非機能テストは、アプリの非機能要素を評価するソフトウェア機能テスト方法です。パフォーマンス、信頼性、セキュリティ、ユーザー操作、スケーラビリティなど、機能に直接関係しない要素がテストされます。非機能テストの目的は、アプリがソフトウェアテスト分類の範囲内で適切に動作し、非機能要件を満たしていることを確認することです。 非機能テストには、次のようないくつかの方法とテクニックが使用されます。 パフォーマンステスト:機能をテストし、アプリのパフォーマンスと負荷を評価するプロセスです。このタイプのシステム開発テストでは、アプリが耐えられる応答時間、処理能力、最大負荷を決定します。 セキュリティテスト:情報とシステムが外部の脅威や攻撃から保護されていることを確認するために、アプリのセキュリティ対策をテストおよび評価するプロセスです。 ユーザーインタラクションテスト:これは、ユーザーとアプリ間の機能的なインタラクションをテストするプロセスです。これは、ユーザーインターフェイスが使いやすく、フレンドリーであり、ユーザーのニーズと期待に確実に応えられるようにすることを目的としています。 信頼性テスト:これは、アプリが継続的かつ確実に動作する能力をテストするプロセスです。予期しない状況に対処し、エラーから回復し、動作環境の安定性を維持する能力を判断するためのテスト方法です。 スケーラビリティテスト: より大きな負荷をスケーリングして処理するアプリの能力をテストするプロセスです。アプリは必要に応じて柔軟にシステムを拡張できます。 2.3. 回帰テスト ソフトウェア開発における回帰テストの目標は、新しいコードの追加、バグの改善または修正が既存の機能に影響を与えないことを確認することです。回帰テスト方法は、以前に定義された仕様に従って、アプリに不安定性をもたらしません。 回帰テストでは、実際の機能テストと同じ規模でシステム全体または機能をテストする必要はありません。代わりに、ソフトウェアテスト方法は、機能の安定性を確保するために適切なテスト カバレッジを確保することに重点を置いています。 回帰テストの主な目的: 安定性の確保:回帰テストを通じて、最近の変更によってアプリの既存の機能が不安定になることはありません。機能テストでは、以前に構築およびテストされた機能が変更後も正しく動作することを確認します。 完全なカバレッジ:テストカバレッジは最も重要なコンポーネント、テストシナリオ、および機能を含むのに十分な広さです。機能をテストして問題を検出し、迅速に修正します。 回帰テストを実行することで、ソフトウェア開発チームは開発中のアプリの安定性と機能を保証できます。機能テストは、ソフトウェアの品質を向上させ、より良いユーザーエクスペリエンスを提供するのに役立ちます。 >>> もっと見る: […]

    システム開発 2024年7月18日

    単体テストと結合テストの違いとは?

    システムやソフトウェアを完成する際、単体テストのやり方や統合テスト計画書のサンプルを把握する必要があります。Newwave Solutionsでは単体テストと統合テストの違いを解説させていただきます。 1. システムテストとは何ですか? システムテストとは?システムテストはソフトウェアテスト方法の1つであり、ITテストとも呼ばれます。目的として、入力の可能な組み合わせのサブセットのみをテストすることによってエラーを検出することです。 システムテストとは、ソフトウェアテスト工程の重要な方法であり、システムの精度と信頼性を確保するために利用されます。システムテストの主な目的は、考えられるすべての入力の組み合わせのサブセットに対してテストを実行することにより、システム内のエラーや問題を検出することです。 ソフトウェア開発において、システムは多くの場合、パラメーター、ユーザーデータ、他のシステムとの相互作用、その他の要素を含む、さまざまな種類の入力を処理する必要があります。 これらの要素の複雑さと多様性により、非常に大きな複合空間が形成されます。システムの整合性を確保するために、考えられるすべてのシナリオをテストすることは不可能です。代わりに、システムテストは、最も重要な入力の組み合わせを表す重要なサブセットの特定とテストに重点を置きます。 >>> もっと見る: システム開発サービス 2. 統合テストとは? 統合テストはソフトウェアテスト工程の重要な段階であり、テスターはさまざまな入力値を組み合わせてテストスイートを作成します。統合テストの主な目的は、ソフトウェアシステムにおいて、個別に開発されたモジュールとコンポーネントが開発中に互いに適切に連携して全体として期待どおりに機能することを確認することです。 ソフトウェア開発において、管理と開発を容易にするために、システムが個々のモジュールやコンポーネントに分割されることがよくあります。通常、モジュールまたはコンポーネントにはそれぞれ独自の要件と機能があり、システムの整合性を確保するには、それらが正しく機能し、お互いに連携するかどうかをテストする必要があります。 統合テストは、モジュールとコンポーネントが組み合わされた時に生じる可能性のある問題を特定するのに役立ちます。 組み合わせテストの結果は、システム内のモジュールとコンポーネント間の互換性が検証され、問題が発生した場合、開発チームはシステムを展開する前に問題を特定して修正できます。これにより、より安定で信頼性の高いソフトウェア システムを実現できます。 3. 結合テストの目的 単体テストが終了した後、ソフトウェアシステム全体の整合性と正確性を確認するために統合テストのフェーズが実行されます。統合テストの主な目的は、予期しないエラーを検出して修正し、システム内のコンポーネントがお互いに連携し、適切に機能することを確認することです。 統合テストでは、単体テストを受けるモジュールとコンポーネントが完全なシステムに結合されます。最初のテストを実行すると、モジュールを組み合わせたときに適切に機能するようになります。統合テストの観点により、コンポーネント間の連携が問題を引き起こさないことが保証されます。 統合テストの例としては、オンラインショッピングシステムがあります。このシステムには、商品の検索、カートへの追加、購入、注文処理などのさまざまな機能を持っています。また、機能はそれぞれ別のモジュールに実装されます。 >> もっと見る: βテスト、アルファテストとは? アルファ版とベータ版の違い システムテストの観点では、テスターはシステムを検証するすべての統合機能をテストします。システム全体の内部統合テストにより、動作が安定しているかどうかが反映され、エンドユーザーが安心してオンラインショッピングシステムを利用できるようになります。 ソフトウェアの各種テストで問題が見つかった場合、仕様やプログラムを調整して修正する必要があります。 4.統合テストの視点 統合テストでは、複数のモジュールとコンポーネントがソフトウェアシステム内で期待どおりに連携して動作することを検証する工程です。 この目的を達成するには、下記の点を考慮する必要があります。 データの整合性:モジュール間で送信されるデータが変更されたり失われたりしないことを保証します。データ型と形式が要求通りであり、コンポーネントモジュールに違いがないことを検証します。 インターフェイスの適合性:モジュール間のインターフェイスは正しく設計され、お互に通信できるかどうかをテストします。これには、コンポーネント、関数呼び出し、プロトコル、APIの使用法のテストが含まれます。 機能連携:各モジュールの機能が適切に動作することを確認します。たとえば、製品を検索し、カートに追加し、注文するなどの機能をトップダウンでテストします。 パフォーマンス:このテストでは、モジュール間の連携の要件を満たすシステムの全体的なパフォーマンスをテストします。応答時間と処理速度により、ユーザーエクスペリエンスが保証されます。 エラー処理:システム内の各モジュールがエラーと例外を正しく処理することを確保します。 それが問題や異常事態を避けるための違いです。 セキュリティ:セキュリティ、アクセス制御、外部からの攻撃やデータ漏洩の防止を実行します。 5. 単体テストと結合テストの違い 結合テストと単体テストの違いは、以下の点で現れています。 単体テストは、個々のコンポーネントとモジュールをテストして、正しく機能することを検証することに重点を置いています。 一方、統合テストは、コンポーネントがシステム内で連携して動作した時のコンポーネントの相互作用と動作のテストに焦点を当てます。 単体テスト中に、開発者は関数、クラス、メソッドなどの最小単位のコードをテストして、異常であるかどうか、または期待どおりに動作するかどうかを検証します。単体テストの観点は、エラーを早期に検出して修正し、コードの品質を向上させ、単体テストの開発中の安定性を確保します。 単体テストと統合テストの違いは、統合テストがデータ送信、システム全体のビジネスシナリオ、モジュール間の通信など、さまざまなコンポーネント間の相互作用のテストに焦点を当てているという点で明らかです。 統合テスト仕様は、コンポーネントが連携して動作し、コンポーネントが統合されたときにシステムが適切に機能することが何を意味するかをシミュレートします。 単体テストと統合テストは、ソフトウェア開発プロセスにおいて互いに補完する関係であります。単体テストの目的は、個々のコンポーネントの機能をテストし、エラーを早期に検出することで、開発効率を向上させることです。統合テストにより、エンドユーザーが期待される機能とパフォーマンスを確実に受けられるようになります。 6.結合テストとシステムテストの違い 統合テストは、個々のコンポーネントとモジュールが適切に機能することを確認するプロセスです。システムテストは、組み合わされたすべてのコンポーネントがエンドユーザーの要件を満たしていることを検証するプロセスです。システムテストの目的は、システム全体が正しく動作することを検証することです。 単体テストと統合テストの違いは、単体テストが終了した後にコンポーネントに対して統合テストが実行されることです。それに対して、システムテストは、結合テストが終了した後、システム全体に対してテストが行​​われます。 >> もっと見る: シナリオテストとは何か?テストケースの実行方法 統合テストとシステムテストの違いには、エンドユーザーの観点から動作、機能、パフォーマンス、セキュリティ、ユーザビリティなどを検証するシステムテストの種類も含まれます。 […]

    システム開発 2024年7月18日

    ブラックボックステストとは? ブラックボックスの意味と特徴

    ブラックボックステストは、システム分析とテストへのアプローチです。ブラックボックステストは、今日、テスターが最もよく使うテスト手法であることがわかります。では、ブラックボックステストにはどのような種類があるのでしょうか。Newwave Solutionsは、本記事でブラックボックステストとは何か、ブラックボックスの意味と具体的な特徴を解説します。 1.ブラックボックスとは? 「ブラックボックス」は、システム分析やソフトウェアテストなどの分野で、アプローチやモデルを表すのに使われます。日本語では「ブラックボックス」とは、内部構造や動作が不明なものを指します。 ソフトウェア・テストの分野では、テスターはシステムを「ブラックボックス」として捉え、入力に基づいてテストを実施し、出力を評価します。人々はブラックボックステストを行い、システムの正確さと性能を判断します。 2.ブラックボックステストとは? ブラックボックステストとは、システムの内部構造や実装を考慮することなく、入力から期待される出力についてソフトウェアをテストする方法です。状態遷移テストでは、システムを「ブラックボックス」としてとらえ、結果を観察し、要件や仕様に準拠しているかをチェックします。 反対に、ホワイトボックステストは、ソフトウェアの構造とソースコードの詳細に焦点を当てます。ホワイトボックステストとブラックボックステストの目的は、ソースコードの品質と論理的性能を検証することです。 >>> もっと見る: システム開発サービス 2.1.ホワイトボックステストとブラックボックステストの目的 ブラックボックステストの目的は、ユーザーの視点からシステムの入力、出力、機能、動作に焦点を当てることです。 ホワイトボックステストの目的は、開発者の視点からソースコード、システム内部、アルゴリズムに焦点を当てることです。 これら2つのテスト手法は、ソフトウェアの品質保証において重要な役割を果たします。 2.2.ブラックボックステストとホワイトボックステストの視点 ブラックボックステストは、エンドユーザーの視点から見たシステムの外見に焦点を当てます。対照的に、ホワイトボックステストは、開発者とテスターの視点から、システムの内部に焦点を当てます。 3.ブラックボックステストの種類 3.1.同値分割法 同値分割法(Equivalence Class Partitioning – ECP)は、入力データを同値クラス と呼ばれるグループに分割するブラックボックステスト手法です。ブラックボックスの意味は、効率的な同値分割法を作成することです。 同値境界分析の基本的な考え方は、同値クラス内のデータテーブルがシステムに与える影響が同じかどうかをチェックすることです。各同値クラスから代表値を検証することで、グループ全体を代表してシステムの正しさを検証することができます。 同値分割法には以下のステップがあります。 入力データの範囲の決定:テスト対象の入力データの値と範囲を決定します。 同値クラスの特定:入力データを、システムから期待される動作が同じである範囲のグループに分けます。同値クラスは、多くの場合、正常またはより高いタイプを区別するために、有効な入力データ範囲と無効な入力データ範囲に分けられます。 各同値クラスから代表値の選択:同値クラスから信頼性テスト用の代表値を1つ以上選択します。 テストケースの作成:選択した代表値を使ってテストケースを作成し、システムがその値をどのように処理するかを特定します。 >>> もっと見る: βテスト、アルファテストとは? アルファ版とベータ版の違い 3.2.境界値分析 境界値分析(BVA)は、ブラックボックステストにおける重要な手法です。状態遷移テストは、入力データの境界値に焦点を当てた効率的なテストケースを生成するために使用されます。 境界値とは、システムの動作が変化し、エラーが発生しやすいポイントのことです。ブラックボックステストにおける境界値の分析手順は下記のようになります。 入力データの範囲の決定:システムに関連するデータ型、単位、または制約を特定します。 境界値の決定:各入力データ範囲の境界値を決定します。境界値には、最小値、最大値、臨界値が含まれます。目標は、システムが扱える最大値または最小値を決定することです。 テストケースの作成:境界値を決定したら、そのデータを使ってテストケースを作成します。テストケースは、結果として得られた境界値を反映し、システムがどのようにそれを扱うかを決定します。 3.3.デシジョンテーブルテスト デシジョンテーブルテスト方法は、テーブル形式で複数の入力条件の組み合わせに対して、期待される結果を決定するブラックボックステストの方法です。 ブラックボックステストとホワイトボックステストのケースは、この方法に基づいて作成されます。正常系と異常系のテストは、複雑なビジネスルールが多いシステムに適用すると特に効果的です。 例えば、クーポンの適用ルールをテストしたいとします。システムには2つの条件があります: 条件①:顧客が会員かどうか(Yes/No) 条件②:購入金額が200ドル以上かどうか (Yes/No) 期待されるアクションは割引率(0%または10%)です。デシジョンテーブルを作成すると、結果は下の表のようになります。 条件① 条件② アクション(割引率) 〇 〇 10% […]

    システム開発 2024年7月18日

    ウォーターフォールモデルとは何か?ウォーターフォールモデルの段階

    ウォーターフォールモデルは、広く使われているプロジェクト管理手法の一つです。この一般的なモデルでは、プロジェクトの実装段階が明確かつ厳密な順序で行われます。 この記事では、企業がウォーターフォールモデルを明確に理解するための完全な情報を提供します。一緒に参考しましょう。 1. ウォーターフォールモデルとは何か? ウォーターフォール型開発とは何ですか。ウォーターフォールモデルは、現在使われているプロジェクト管理手法の中で最も理解しやすく、管理しやすい手法の一つです。 このモデルは、プロジェクトの開始時に関係者や顧客からの要件が収集され、その後、これらの要件を満たすための一連の計画が作成されるという直線性が特徴です。 2. ウォーターフォールモデルの段階 ウォーターフォールモデルのプロセスが具体的にどのように行われるのかをより深く理解するために、以下の情報を通じてモデルの段階について参考しましょう。 単純なシステム開発のウォーターフォールモデルには、次の6つのステージが含まれています。 2.1. 要件段階(Requirement Analysis) チームは、次のようなプロジェクト関連の要件を収集します。 プロジェクトが対応するビジネスニーズを特定します。 開発する製品についてユーザーから要望を収集します。 制約条件と関連するリスクを特定します。 2.2. 設計段階(Design) チームは、要件、制約、設計目標を満たす設計を作成します。設計は、システムのロジックがどのように実装されるかを具体的に記述する必要があります。 2.3. 実装または構築段階(Development) 作成された設計に基づいて製品を開発します。場合によっては、テストや次の段階への統合のために、製品を部分的に作ることもあります。 2.4. テスト段階(Testing) 製品の一部が正しく機能することを確認するためにテストされ、その後統合してシステム全体がテストされます。その目的は、エラーを発見し、製品が設計要件を満たしていることを確認することです。 2.5. リリース段階(Deployment) 製品は、使用を開始するためにデプロイされます。情報技術分野では、運用環境への製品配備も含まれます。建設プロジェクトの場合、これは建物が完成し、使用できる状態になります。 >>> もっと見る: システム開発サービス 2.6. 維持段階(Maintenance) このフェーズは、リリース後の問題を監視し、解決するためのものである。ソフトウェアの場合、これには、エラーを修正するためのパッチやアップデートのリリースが含まれます。 他のプロジェクトでは、建物の空調システムの最適化など、問題を解決するために環境調整が行われることもあります。 上記はウォーターフォールプロセスの段階です。次はウォーターフォールモデルを使用するのに適したプロジェクトについて参考しましょう。 >>> もっと見る: ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説  3. ウォーターフォールモデルに適したプロジェクトとは? ウォーターフォールモデルは、以下のような特徴を持つプロジェクトに適しています。 大規模であり、計画されたフェーズと期限を維持する必要があります。 プロジェクトは何度も実施されており、実施中に問題が少ないです。 注文を受けて物理的な製品を製造および構築するプロジェクトに特に適しています。 過去に実施したプロジェクトの管理プロセスを参照し、あまり調整することなく適用できます。 実装チームは経験豊富で、高い専門資格を持っています。 ウォーターフォール型開発は、以下のような場合に推奨されます。 プロジェクトの要件が明確に定義されており、変更の可能性が低い場合です。 実装チームが技術やその開発を精通しています。 大規模な顧客と仕事をして、顧客は伝統的な作業スタイルを持ち、プロジェクトに多くの変更を期待しません。 要するに、ウォーターフォールモデルは、最初から明確で安定した要件があるプロジェクト、特に大規模で非常に複雑なプロジェクトに適しています。 […]

    システム開発 2024年7月18日

    設計書とは?なぜソフトウェア設計書を書くことが重要なのでしょうか?

    詳細設計書の作成は、プロジェクトの結果に影響を与えて、アーキテクチャのフレームワークと設計の意思決定をサポートし、見逃せない重要な仕事であります。Newwave Solutionsで設計書の本質を探求し、ソフトウェア設計書の作成が業界においてなぜ不可欠であるのかを深く理解しましょう。詳細は、続く記事で順を追ってご紹介します。 1. 設計書とは? 設計書は、ソフトウェアおよび Webサイト開発に重要な部分です。プログラム設計書には、機能設計書とソフトウェアまたは製品の設計に関連するリソースのコレクションが含まれます。 プログラムのアーキテクチャ設計書は、システム開発設計の重要な側面に関する詳細情報を提供し、開発設計部門の指針として使われます。 1.1 基本設計とは? 基本設計とは、詳細設計に進む前に、製品やシステムの予備設計や概要を作成する工程す。 製品の主要な要件、特性、範囲を定義し、アーキテクチャの枠組みを超えて基本設計設計を確立することに重点を置いています。 基本設計書き方として以下の情報を含む必要となります。 ユーザー情報: 製品が重点を置くユーザーグループについての説明。対象ユーザー、そのニーズ、製品に対する要件を明確に特定し、該当する機能を設計します。 製品の特徴:特徴&ソフトウェアや Webサイトの機能の記述方法に関する詳細設計書。 技術要件情報、仕様の書き方、システム概要のユーザー エクスペリエンス図などの特徴について説明します。 プロジェクトの期限:設計書の書き方は、製品開発の時間とスケジュールを決定することです。基本設計書テンプレートには、仕様設計の開発が計画通りに進むようにするための段階とマイルストーンを記述する必要があります。 実装の詳細:これは、製品の実装方法を詳細に説明する設計書の部分です。詳細設計書の書き方はインフラストラクチャ、ハードウェアとソフトウェアの要件、設計仕様、展開およびインストールルールに従う必要があります。 設計上の決定:システム開発書には、チームと関係者が合意した重要なIT基本設計上の決定を文書化する必要があります。システム詳細設計書テンプレートには、アーキテクチャの選択、使用される技術、画面レイアウト設計、ユーザー インターフェイス、システム開発仕様、開発方法と標準が含まれます。 設計書システムは、チームメンバーと関係者の全員がシステムの範囲、要件、設計仕様、および内部設計目標の概要を理解するのに役立ちます。システム設計書は、システム設計図の進行状況を追跡し、開発工程の一貫性とシステム仕様書サンプルに忠実であることを確認するための重要なツールでもあります。 >>> もっと見る: 2023年】バックエンドとフロントエンドのWebアプリ開発フレームワーク10選 1.2 詳細設計とは? 詳細設計は、ソフトウェアまたはシステム開発工程の段階です。設計要素は、基本設計よりも具体的に説明および定義されます。 この段階では、基本設計(上位設計)で抽象レベルで特定された要素の設計上の意味が、要素に展開され、展開および実装できます。これが、基本設計から詳細設計までの開発の違いです。 2. 設計書を書くのが重要である理由は? ソフトウェア設計書を書くことは、設計要件、アーキテクチャ、さまざまな仕様を決定するための要件、機能、システム概要図サンプルの開発工程を書くことの利点は以下の通りです。 要件を理解する:ソフトウェア設計書には、要約の書き方がありますので、設計概要の要件に関する矛盾を排除することができます。設計仕様書は、製品要件の正式かつ詳細な文書を提供し、プロジェクトの全員が詳細設計成果物の範囲と目標を理解し、合意するのに役立ちます。 アーキテクチャと機能を決定する:ソフトウェアシステム開発設計書は、製品のアーキテクチャ、構造、およびシステム仕様の概要を提供します。ソフトウェアのコンポーネントがどのように相互作用するかについて詳細に説明し、ソフトウェアの導入に関するガイダンスを提供します。さらに、システム設計書では、製品の機能と特徴も定義および説明されます。外部設計書と概要設計書により、プロジェクトの全員が情報を受け取り、一貫した理解を得ることができます。 転送が簡単になる:概要設計を書くことで、製品の知識と情報を要約して、プロジェクトの新しい参加者に簡単に転送できます。プロジェクトチームに新しいメンバーが加わった場合、設計方針書き方、ドキュメントを使用した図の書き方を知ることができ、製品をすぐに理解して開発工程に貢献できます。 要件と機能を明確に定義する:ソフトウェア設計書には、製品に関連するすべてが明確に記載されています。システム開発成果物ドキュメントでは、設計仕様の書き方、システム仕様の書き方、プログラム仕様の書き方、製品のユーザーインターフェースについて詳しく説明しています。詳細設計テンプレートは、開発者と関係者が顧客の要件を満たす設計目標と仕様に取り組むのに役立ちます。 効果的なコミュニケーションができる:ソフトウェアの詳細設計書により、プロジェクトチームのメンバー間の効果的なコミュニケーションが可能になります。基本設計製品では、各メンバーの役割と責任が明確に定義されており、プロジェクト概要設計の開発中にそれぞれの貢献と相互作用を理解するのに役立ちます。 >>> もっと見る:  SPAとは?Webプログラミングのトレンドに対応したSPA開発  メソッド設計開発工程に関する情報を伝達する:ソフトウェア設計書は、製品開発工程に関する情報を提供します。詳細設計書のテンプレートには、システム構築時の要求仕様の概要を把握するための基本設計の手法やツールが含まれています。 テストおよびデバッグ機能を提供する:運用設計書は、テストおよびデバッグ中に非常に重要です。 セキュリティ設計書テンプレートは、製品の機能、その動作方法、システム設計流れ、設計タイプ、パラメータタイプに関する情報を提供し、テスターグループが実行する必要なテストシナリオを明確に理解できるようにします。 同時に、プログラム仕様書サンプルのテスト中に発生した問題を解決します。 メンテナンスとアップグレードをサポートしたり、トレーニングしたり、知識を共有したりする:ソフトウェア設計書は、内部設計書で、アーキテクチャの作成方法を理解したり、トレーニング時の重要なドキュメントを提供したり組織の他のメンバーと共有したりすることに役立ちます。 3. システム設計書の種類 3.1 要件定義基本設計 要件定義は、システム機能に関する顧客の期待を収集し、一般化する工程です。この工程は、これらの要件を具体的な文書に変換するのに役立ちます。 例えば、パスワード認証、データベースでの検索は機能要件です。 開発チームは提案依頼書(RFP)を作成し、お客様と詳細を打ち合わせし、機能仕様書サンプルに必要な要件をリストで作成します。基本設計と詳細設計の違いは、詳細設計は基本設計が完了した後の設計工程の次の段階であることです。 望ましいシステムを制作するには、要件定義が非常に重要です。システム開発には、開発者と発注者の2つのグループが参加します。発注者がそのイメージを明確に伝えていないと、開発者は要件定義設計を理解して実装することが困難になります。 これは、基本設計定義が重要な役割を果たす段階であり、事前に合意された要件のリストを統合して作成するのに役立ち、発注者が作業が期待どおりに行われたことを確認できるようになります。 […]

    システム開発 2024年7月18日

    注目の記事

    CEOであるTo Quang Duy氏が、ベトナムでのNewwave Solutionsソフトウェア会社の将来計画についてGoodFirmsに共有 
    Newwave Solutionsは、ベトナムソフトウェア会社として、ソフトウェア開発ソリューションと一流の品質技術ソリューションを世界中のクライアントとパートナーに提供することに努めています。当社が今後数年間でどのような計画やサービスを提供するかを知るために、続きをお読みください。 本年9月、革新的なB2Bリサーチとレビュー企業のGoodFirmsは、Newwave SolutionsのCEOであるTo Quang Duy氏をインタビューする機会を得ました。GoodFirmsのIT企業ランキングにおける豊富な経験に基づき、Newwave SolutionsはGoodFirmsのチームとのインタビューを行い、会社の将来計画について共有することを光栄に思います。 会社のハイライト       10年以上の実務経験を有する     800以上のプロジェクトを成功に導く     800以上のクライアントを持つ     300人以上の専門家がいる Newwave Solutionsは、最高のITソリューションを提供し、世界中のビジネスプロセスを強化するための統合された技術システムソリューションを提供することを夢見ます。これらのソリューションはすべて予算内で、高い効率で提供されます。様々な業界にサービスを提供し、よく組織化された有能な方法で信頼できる改善技術を採用することによって、説得力のあるプログラムを作成します。   なぜ、Newwave Solutionsはベトナムソフトウェア会社トップとして認められているのか? Newwave Solutionsは、お客様のビジネス要求を規定時間内に満たすために、精力的にリソースを管理しています。 ISO 9001及びISO 27001の認証に裏打ちされた万全の品質管理体制とデータの安全性を備えています。 Newwave Solutionsの専門家は、お客様の安全なビジネスを確保するため、極めて高い機密性と安全性を維持しています。 当社は、クライアントとの良好なコミュニケーションが重要であると考えています。日本やアメリカのクライアントとのパートナーシップの経験により、異なるタイムゾーンでの作業にも柔軟に対応します。     すべてのサービスにおいて、費用対効果の高いITソリューションを提供しています。 Newwave Solutionsは、日本、シンガポール、オーストラリア、インド、アメリカなど、世界中に800以上のクライアントを持つ、ベトナムソフトウェア会社トップです。大切なクライアントのご支援のおかげで、ベトナムオフショア会社は現在、ベトナムの海岸を越えてその足跡を広めることに忙しくしています。 過去10年間の経験とプロセスにより、GoodFirmsではベトナムソフトウェア会社トップの中で栄誉ある地位を確立しています。本年9月、GoodFirmsチームは当社のCEOであるTo Quang Duy氏と会談し、Newwave SolutionsのITサービスや今後の展望を聞く機会を得ました。 ベトナムに拠点を置くNewwave Solutions は、10年以上の経験を持ち、300人以上の熱心な従業員を抱える最高品質のアウトソーシング企業であると、Duy氏は語ります。2011年の設立以来、モバイルアプリ開発、ソフトウェア開発・保守、Q&A・テスト、ゲーム開発、UI/UXデザイン、その他新技術の分野で、効率的なサービスを提供しています。 「ベトナムで成長中のカスタムソフトウェア企業として、Newwave Solutionsは深い経験、責任感、技術への情熱を兼ね備えており、クライアントに最適なソリューションを提供するだけでなく、プロジェクトにプラスの影響を与えることができます。」と、Duy氏は適切なソリューションを提供するNewwave Solutionsの能力に明確にしました。努力と比類のないサービスにより、カスタムソフトウェア開発会社のトップの1つとして認知されています。 オフショア開発ベトナム会社のNewwave Solutionsは、過去10年間にサービスを強化し、現在、日本とベトナムの2つの支社を持っています。 Newwave Solutionsに対するお客様の声 Duy氏によると、Newwave Solutionsは90%のクライアントがリピートしており、製品やサービスに対する深い満足度を示していると述べました。つまり当社は、長年にわたってほとんどのクライアントを維持することができたのです。そして、クライアントは主にソフトウェア開発サービス、Web開発、ブロックチェーン開発、UI/UXデザインサービスのためにNewwave […]
    システム開発 July 18, 2024
    IT企業訪問ツアー ジュニアソフトウェア開発者向け|Newwave Solutions X FPT Aptech
    企業訪問は、学生と実際に働いている産業界との最初の交流の場であり、どの科目においても重要な位置を占めています。Newwave Solutionsでは、本社での企業訪問を随時受け付けているため、IT業界を目指す学生は、技術トレンドについて学んだり、興味のある分野について考えを巡らせたりすることができます。Newwave Solutionsにおけるジュニアソフトウェア開発者向けIT企業訪問については以下で見ていきましょう。 Newwave Solutionsでジュニアソフトウェア開発者向けIT企業訪問 今年10月、Newwave Solutions x FPT-Aptechの企業訪問を開催することができました。1999年に設立されたFPT-Aptechは、ベトナムで20年以上IT教育を行っているIT専門学校です。実際、当社のソフトウェア開発者の中には、FPT-Aptechを卒業した者もいます。また、毎年相当数のインターン生を受け入れています。 10月10日、Newwave SolutionsはFPT-Aptechの新入生とジュニアのために1日企業訪問を開催しました。学生たちはハノイにあるNewwave Solutionsの本社を訪問し、ITビジネスについて疑問に思っていたことをすべて解決することができました。 このツアーの主な目的は、FPT-Aptechの新入生とジュニアソフトウェア開発がITプロフェッショナルと出会い、知識共有のセッションを行い、IT業界におけるキャリアの選択肢についてオリエンテーションを受けることです。 3名の上級講師及び30名以上の学生が、Newwave Solutionsの職場環境を目の当たりにすることができました。ISO9001認証の要件であるセキュリティプロトコルに従わなければならないため、いくつかの制限はありましたが、このツアーは教科書や教科、さらには教室を超えて、IT業界で応用されている技術やスキルを学生に学ばせることができます。 さらに、ライン1・マネージャーのLan氏、マーケティング・マネージャーのKhanh Ly氏、人事部リーダーのHien氏から、ITに関するさまざまなトピックについて回答を得ました。 Lan氏は、ウェブサイト開発、ブロックチェーン開発、コーディングの基礎に関して、IT業界に関する多くの質問に答えました。また、彼のインスピレーションに満ちたキャリアストーリーは、受講初期の段階でも、情熱のある分野を見つけ、それを追求する動機付けとなりました。 その後、Khanh Ly氏は、学生たちが実際のソフトウェア開発チームがどのようなもので、各メンバーがどのように協力しているかを理解できるように、当社のIT開発者マネージャーのもとへ皆を案内してくれました。そして何より、FPT Aptechの学生は、20年以上の経験を持ち、様々な分野や言語にわたって働くことができるNewwave SolutionsのIT開発者トップに会う貴重な機会を得ました。 最後に、履歴書のレビュー、面接の準備、キャリア選択について、人事部のリーダーであるHien氏が指導してくれました。企業訪問の終わりには、ミニゲームが用意されており、学生たちはNewwave Solutionsでの企業訪問を思い出すことができるよう、多くの特典を手に入れました。 以下は、Newwave Solutionsにおける新入生とジュニアソフトウェア開発者向けの企業訪問ツアーについての感想です。  「今回のツアーで、生徒たちはソフトウェア開発業界の未来を垣間見ることができました。また、私たち教師にとっても、将来のニーズに合わせたカリキュラムを計画する上で、実に参考になるものです。帰ってきてからのNewwave Solutionsの企業訪問に関する学生のプレゼンテーションが待ち遠しいです。」(FPTの上級講師より)  「この訪問は、IT企業が学生に何を期待しているのか、ITソフトウェア業界の一員になるために何から始め、何をすべきなのかを明確に理解する機会を与えてくれました。さらに、CEOであるTo Quang Duy氏には感銘を受けました。」(FPT-Aptechのコンピュータアプリケーションの講師より)  「Newwave Solutionsの会社訪問で貴重な知識を得ることができ、今回が初めてのソフトウェア会社訪問でした。今後のプロジェクトについて多くのアイデアを得ることができました。また、インターンシップやIT業界で得られる多くの仕事の機会についても教えてもらいました。個人的には、ハノイの主要なIT企業を訪問できたことをとても嬉しく思います」。(FPT Aptechの学生より) まとめ このような企業訪問は、学生に実際の職場環境を体験させるとともに、IT業界の実践的な見方を提供します。さらに、ITの職場に直接触れることで、理論的な学習と実践的な体験との間のギャップを埋めることもできます。Newwave SolutionsでのIT企業訪問により、FPT Aptechの新入生やジュニアソフトウェア開発者が、ベトナムのIT開発者からすべての答えを得る機会、IT業界の未来、特に何が自分に合うかを判断する機会となったことを願っています。 2011年に設立されたNewwave Solutionsは、ソフトウェア開発サービス、ソリューション、およびメンテナンスを提供するグローバル企業です。当社の専門技術と業界のエキスパートが、スタートアップ企業、中小企業、大企業に、それぞれのお客様のニーズに合った優れたソフトウェアモデルを提供しています。 ソフトウェア開発プロジェクトについて、私たちから無料コンサルテーションを受けることができますので、今すぐお気軽にお問い合わせください! Related Posts ソフトウェア開発における最新技術トップ10 ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 【2024年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説
    システム開発 July 18, 2024
    Newwave Solutions 2022年にClutchの「持続的成長企業トップ100社」を受賞
    Newwave Solutionsでは、クライアントに力を与えるため、業界最高のソフトウェア開発サービスを提供することに集中しています。2011年以来、私たちはお客様が直面するあらゆる変革的なデジタル複合問題の解決に取り組んでいます。 Clutchの「持続的成長企業トップ100」に選出されました この度、B2Bレビューおよび評価プラットフォームのリーディングカンパニーであるClutchに、Newwave Solutionsがソフトウェア開発サービスという最も人気のあるサービスを提供する企業として、「持続的成長企業トップ100社」に認定されたことについて喜んでお知らせします。 Clutch 100は、業界で最も権威のあるランキングの1つであり、このランキングにはモバイルアプリ開発、ITマネージドサービス、ブランディング、及びその他のサービスを専門とする企業が含まれます。このリストは、2018年から2021年までの各企業の絶対的な収益成長率に基づくものです。グローバルで急成長している業界のリーダーとして認められるには、多大な労力が必要です。この困難な時期に乗り越えてお客様とのコミットメントを守る能力は、私たちを一流のサービスプロバイダーになるものです。 当社及びソフトウェア開発サービスに対するお客様の声 この賞は、スタッフ全員の努力と、Clutchプロフィールに評価を投稿してくれたお客様の継続的な信頼と応援がなければ、受賞できないはずです。以下は私たちのお客様から受け取った素晴らしいレビューの一つを紹介します。 「Newwave Solutionsは、親切で気配りのあるパートナーです。フレキシブルで信頼性の高いチームは、お客様のワークスタイルに素早く適応し、必要に応じて拡張できます。彼らは約束をそれ以上果たし、貴重な推奨事項をしてくれました。」-T-SKY(HK)Co.、Ltd.のCEO Yanoさん Scanto Technology Pte. Ltdのプロジェクト管理責任者は私たちと同行した上で、その業績について語ってくださいました。 「Newwave Solutionsさんはどんな問題でも即座に対処し、計画通りに作業を進め、成果を提供してくれました。時間を問わずプロジェクトについてよく相談し、毎週報告を行い、すべてを順調に進めるように対応しました。何よりも大切なのは彼らの忍耐力、献身、気配りには本当に注目に値するものでした。」 ビジネスニーズに対応したソフトウェア開発サービスをお探しですか? 貴社のプロジェクトを始めるため、今すぐお気軽にお問い合わせください!   Newwave Solutionsは、DXとソフトウェア開発のアウトソーシングのリーディングブランドです。革新的なテクノロジーとビジネスを変革するという使命のもと、当社は複数の業界にDXとテクノロジーコンサルティングとエンドツーエンドの開発ソリューションを提供しています。  電話番号: 080-4913-3503 メール: [email protected] DXのリーディングブランドとしてお客様に革新的なソリューションをもたらす弊社の最新の情報にご注目ください!   Related Posts ソフトウェア開発における最新技術トップ10 ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説 MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する 【2024年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説
    システム開発 July 18, 2024

    ベストなITソリューションをお探しですか

    お問い合わせ
    ベストなITソリューションをお探しですか?

    Newwave Solutions Japan株式会社

    Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
    - 税コード:0105627951
    - 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

    icon-map Newwave Solutions
    ベトナム本社
    1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
    View Map
    icon-map Newwave Solutions
    東京支社
    〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
    View Map
    Up To Top