ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説

ソフトウェア開発プロジェクトを成功させるには、優れたプロジェクト管理が必要です。プロジェクトを効果的に管理するために、管理チームはそのプロジェクトに最適なソフトウェア開発モデルを選択しなければなりません。この記事では、ソフトウェア開発モデルを紹介し、それぞれのソフトウェア開発モデルの違いやメリット・デメリットをご説明します。

1. ソフトウェア開発モデルとは?

ソフトウェア開発モデルとは、プロジェクトの目標と目的に従って、ソフトウェア開発を推進するために選択される多様なプロセスと手法を指します。ソフトウェア開発モデルは、固有の要件を満たすために作成されます。これらのモデルは、開発工程における明確なステップを特定し、それらが実行される順序を決定します。これにより、開発工程やプロジェクトの規模に応じた柔軟に対応しながら、必要に応じて仕様の変更をサポートすることができます。

ソフトウェア開発モデルとは
ソフトウェア開発モデルとは

2. 人気のソフトウェア開発モデルトップ4  

2-1. ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデル

ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルとは、要件定義からプログラミング、テスト、実装までを開発中で順次行うソフトウェア開発モデルです。この開発手法では、各フェーズが完了してから次のフェーズに進むため、柔軟性と明確なタイムラインが生まれ、特に信頼性が求められる大規模プロジェクトに適しています。

  • ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルのメリット

ウォーターフォール型の開発モデルは、各フェーズが明確な順序で実行されるため、進捗管理が容易です。これにより、開発工程の管理、納品された製品の確保、変更への迅速な対応が容易になります。

  • ウォーターフォール型ソフトウェア開発モデルのデメリット

ウォーターフォール型の開発モデルは、決まった順序で工程を進めていくため、途中で要件や仕様の変更があった場合、多くの手戻りが発生するかもしれません。要件定義の段階で仕様が完成していない場合は特にそうです。さらに、ある段階で問題が発生すると、次の段階にも影響を及ぼす可能性があります。また、この開発手法では、プロセスが一定の順序で進行するため、初期要件の定義に注意が必要であり、お客様からのフィードバックをプロセスに統合することは非常に困難です。

2-2. アジャイル型ソフトウェア開発モデル

ソフトウェア開発におけるアジャイル型開発モデルは、開発中に仕様が頻繁に変更されるという前提に基づいて、柔軟なアプローチを導入します。要件定義フェーズでは、回路図と画面イメージを共有し、仕様、プログラミング、テストを小さな単位で繰り返します。

  • アジャイル型ソフトウェア開発モデルのメリット

アジャイル型開発モデルでは、仕様を最終決定し、小さな単位で開発を繰り返すことができるため、ユーザーのニーズを簡単に表現できるようになります。仕様変更や技術的な問題が発生した場合でも、手戻りが軽減され、日々変化するユーザーのニーズを把握しやすくなります。

また、設計作成に必要な時間を短縮し、開発実装プロセスをスピードアップするのにも役立ちます。この開発手法は、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションの開発、特に短時間で完了する必要がある場合に適しています。

アジャイル型ソフトウェア開発モデル
アジャイル型ソフトウェア開発モデル
  • アジャイル型ソフトウェア開発モデルのデメリット

アジャイル型開発モデルのデメリット点は、仕様が頻繁に変更され、方向性を維持することが困難になることです。ユーザーのニーズをすべて聞くと、複雑で使いにくいシステム設計になる可能性があります。

アジャイル型開発モデルのもう一つのデメリット点は、進捗管理が難しくなることです。そのため、プロジェクトの目標を確実に維持するために、ユーザーと管理者の間で綿密なコミュニケーションが必要になります。

>>> もっと見る: 【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説

2-3. プロトタイプソフトウェア開発モデル

プロトタイプソフトウェア開発モデルは、上流工程でプロトタイプの画面を作成し、ユーザーのフィードバックを得ながら開発を進める方法です。プロトタイプの画面イメージをユーザー間で共有できるため、開発期間の短縮に貢献します。

  • プロトタイプソフトウェア開発モデルのメリット

プロトタイプ開発モデルは、プロトタイプ画面を柔軟に変更することができます。ユーザーは上流工程で完成した画面を確認できるため、システムに対する不安が解消されます。

また、仕様変更や技術的な問題が発生した場合でも、手戻りを最小限に抑えて編集を行うことができます。そのため、開発が完了し、製品が納品された後に、ユーザーから大きな変更を求められることもありません。

  • プロトタイプソフトウェア開発モデルのデメリット

プロトタイプ開発モデルのデメリット点は、プロトタイプの画面テスト後に修正が加えられることが多いため、スケジュール管理や作業タスクの定義にあります。プロトタイプの調整が必要になることが多いため、作業時間とコストの見積もりが困難になることに注意する必要があります。

ユーザーにとってプロトタイプを閲覧・編集できるのは便利ですが、何度もプロトタイプを作り直さなければならないのは、開発者に大きなプレッシャーがかかる可能性があります。ユーザーの期待はますます大きくなり、開発時間が長くなる可能性があり、納品スケジュールが満たされない危険性があります。

したがって、このモデルは、システム開発工程を理解し、それに貢献できるユーザーがいるプロジェクトに適用するべきです。

2-4. スパイラルソフトウェア開発モデル

スパイラルソフトウェア開発モデルは、システム完成までの工程を機能単位に分割し、開発を進めていく手法です。アジャイルとプロトタイプの開発モデルのメリット点を組み合わせたものです。

  • スパイラルソフトウェア開発モデルのメリット

スパイラル開発モデルは、仕様の変更に容易に対応でき、スケジュールを柔軟に調整できます。プロトタイプを見せて完成イメージを共有しながら、小さな単位で一つ一つの工程を組み立てて進めていきます。

前工程での作業が後工程に影響を与えることがないため、ユーザーのニーズに柔軟に対応できます。 これにより、開発中に発生した問題に迅速に対応し、解決することができます。

また、問題点の修正と同時に開発が行われるため、精度の高いシステムを構築できるというメリットもあります。

 

スパイラルソフトウェア開発モデル
スパイラルソフトウェア開発モデル
  • スパイラルソフトウェア開発モデルのデメリット

スパイラル開発モデルのデメリット点は、プロトタイプがユーザーと共有され、仕様が頻繁に変更されるため、全体像が見えにくいことです。変更が認められた際に納期を守れるよう、スケジュール管理には特に注意が必要です。

また、要件が変わるとシステムが複雑になり、ユーザーにとって使いにくくなることもデメリットです。

>>> もっと見る: MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する

3. ソフトウェア開発手法の選び方

システムの規模、ユーザーのニーズ、開発経験に基づいてソフトウェア開発方法を選択しましょう。

大規模なプロジェクトに取り組んでいる場合は、ウォーターフォール型開発モデルが適している可能性があります。要件定義に時間を費やし、ユーザーからのフィードバックに応じて仕様、予算、スケジュールを調整することで、開発に集中できます。

要件が絶えず変化し、開発期限が短いプロジェクトに直面している場合、アジャイル型開発モデルは理想的な選択肢です。仕様の変更に迅速に対応するのに役立ちます。

開発中に柔軟性や後半段階での仕様変更が必要な場合には、プロトタイプ開発モデルが適している可能性があります。完成イメージを共有することで、ユーザーは安心して成長に集中することができます。

本記事で紹介したモデル以外にも多数の開発モデルがあります。未経験で機種選びに迷っている場合は、海外の開発会社などの開発パートナーと協力することも可能です。

具体的には、オフショア開発では海外の企業や人材は日本よりも新しいモデルや手法に精通しています。

>>>  オフショア開発とは?オフショア開発のメリット

4. 評判の良いソフトウェア開発会社の選び方

Newwave Solutions Japanは高品質のITアウトソーシングサービスを提供し、お客様のニーズと目標に合ったソフトウェア開発モデルの選択を支援します。適切なソフトウェア開発モデルを選択することがプロジェクトの成功に決定的な影響を与えることを理解しています。

NewWave Solutions JapanのITアウトソーシングサービスは、時間とリソースの節約に役立つだけでなく、お客様のビジネス目標に最適なソフトウェア開発モデルを選択することを保証します。当社はお客様に最高の価値を提供し、ますます複雑化する技術環境においてお客様の成功に貢献することに尽力しています。

Related Posts

To Quang Duy(トー・クアン・ズイ)氏はベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNewwave SolutionsのCEOです。彼は卓越したテクノロジーコンサルタントとして認められています。LinkedInやTwitterで彼とつながりましょう。

ベストなITソリューションをお探しですか

お問い合わせ
ベストなITソリューションをお探しですか?

Newwave Solutions Japan株式会社

Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
- 税コード:0105627951
- 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions株式会社
1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
View Map
icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions Japan株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
View Map
Up To Top