MVCモデルとは?MVCモデルの概念、メリット、デメリットをわかりやすく説明する

MVCモデルは、最新のソフトウェアやウェブアプリケーション開発の分野における重要な概念の1つです。Webアプリケーションの規模と複雑さが大幅に増加するにつれて、MVCモデルを採用することが非常に一般的になり、必要性が高まっています。

この記事では、MVCモデルのメリット、デメリットだけでなく、動作のメカニズムについてもさらに詳しく説明します。

1.MVCモデルとは?

MVC(Model-View-Controller)モデルは、技術分野で広く使用されている重要なソフトウェア設計モデルの1つです。このモデルは、効果的な管理、開発、メンテナンスを通じて、インターフェースとソースコードを分離するのに役立ちます。

では、MVCモデルとは何か?簡単に言うと、アプリケーションを「モデル」「ビュー」「コントローラ」の3つのコンポーネントに分割し、それぞれが他のコンポーネントから独立した独自のタスクを持つというものです。

  • Model(モデル) データ管理・処理における機能
  • View(ビュー) インターフェイスを処理し、ユーザーにデータを表示すること
  • Controller(コントローラ) モデルとビューの間のアクティビティを調整すること

Javaというプログラミング言語では、MVCモデルは通常1つのJavaクラスで実装され、ビューはデータの表示を担当し、コントローラはサーブレットが含まれます。これらのレイヤー間の相互作用によって、ユーザーリクエストの処理が行われます。

  • ユーザー側のブラウザ層は、コントローラを通してサーバにページを表示するリクエストを送信します。
  • コントローラはモデルを呼び出し、リクエストを満たすために必要なデータを返します。
  • モデルからのデータは、表示のためにビューに渡され、ユーザーのブラウザーアプリケーションに渡されます。
  • その後、ビューは閲覧のためにクライアントブラウザにリダイレクトされて表示されます。

 

MVCモデルとは?
MVCモデルとは?

2.MVCの各コンポーネントを説明する

2-1.モデル (Model):データベースとデータを交換する

モデルはソフトウェアシステムの設計と開発において重要な役割を果たします。これはシステムの理解しやすく重要な部分であり、アプリケーションのコアロジックとビジネスロジックを担当します。

モデルは、データベースとの通信に関するすべてのタスクを処理する部分です。単にデータベースからデータを取得するだけでなく、データベース内のデータの保存、更新、削除も行います。これにより、システム内のデータは常に効果的に管理されます。

コントローラは、クライアントからのリクエストを受け取り、データを取得するためにコマンドをモデルに送る役割を担っています。モデルはこのリクエストを処理し、データベースにアクセスして必要なデータを取得し、その結果をコントローラに返します。データ取得以外に、モデルはデータを加工し変換して、ユーザーにわかりやすく論理的に表示することもできます。

たとえば、モデルがデータベースに「2022-11-15」というフォーマットで日付を保存している場合、このデータをコントローラに送信する前に「2022年11月15日」に変換することができます。これにより、データを理解しやすく、使いやすい方法で表示することができます。

2-2.ビュー(View):動的に生成されたHTMLに基づいて画面を表示する

ユーザーインターフェースを処理する過程で、ビューは重要な役割を果たします。これは、コンピュータやモバイルデバイス上でユーザーが目にする画面の一部に相当します。ビューの役割は、画面上に要素を表示するだけでなく、インターフェースの設計、レイアウトの管理、メニューの設計、ボタンと要素の相互作用の決定など多岐にわたります。

コントローラはモデルからデータを受け取ると管理を行い、そのデータをビューに送信します。この段階では多くの場合、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb言語や技術を使ってデータを処理し、Webブラウザやデバイス上のユーザーの画面に正しく表示できるようにします。

MVCの各コンポーネントを説明する
MVCの各コンポーネントを説明する

2-3.コントローラ(Controller)

コントローラは、MVCモデルにおけるモデルとビューの両方の振る舞いを制御する役割を担います。コントローラの機能にはユーザーインターフェイスの表示やビジネスロジックの実行は含まれませんが、重要な仲介役として機能します。コントローラは、クライアントのリクエストに応答するために必要なロジックの実行をモデルに指示し、その結果をユーザーに表示するようにビューに指示します。これは、アプリケーション全体を動かす上で重要な役割を果たします。

具体的には、コントローラはあらかじめ定義されたメソッド (ルーティング) を通してクライアント側から送られてきたリクエストを処理します。モデルに対してデータソースへのアクセスやデータの取得を指示し、そのデータを受け取ってビューに渡して表示させます。

>>> もっと見る:  【2023年】V字モデルとは?ソフトウェア開発の役割とV字モデルを解説

3.MVCモデルのメリットとデメリット

MVCモデルには、考慮すべきメリットとデメリットがあります

3-1.MCVモデルのメリット

MVCモデルは、一連の重要な利点を活用するのに役立ちます。

第一に、回線を効果的かつ経済的に利用できます。つまり、MVCモデルはビューステートを使用しないため、ネットワーク負荷が軽減されます。これをデプロイすると、ユーザーは効率的にデータを送受信できるウェブアプリケーションを体験できます。

第二に、このモデルによって、リリース前にソフトウェアのテストとエラーのレビューが可能になり、高い品質と信頼性が保証されます。

第三に、MVCモデルの重要なコンポーネントであるコントローラは、CSS、HTML、多くのJavascriptのようなプログラミング言語による深いカスタマイズを提供します。このモデルはPV数とファイルサイズを効率的に管理し、リクエストが行われる度に、より大きなファイルが作成されます。しかし、MVCモデルは帯域幅の使用を最適化し、ページの読み込みを高速化するのに役立ちます。

MVCモデルのメリットとデメリット
MVCモデルのメリットとデメリット

さらに、MVCモデルは機能分離を促進し、モデル、ビュー、コントローラーを明確に分離することができます。

最後に、このモデルは比較的シンプルな構造であるため、専門知識がなくても使用できます。

3-2.MVCモデルのデメリット

MVCモデルには、機能ごとに分けられたわかりやすいメリットがたくさんありますが、開発効率に影響するデメリットがないわけではありません。

MVCモデルで各機能を分離すると、コーディングの繰り返しや作業負荷の増加につながります。これは特に小規模な開発の場合に当てはまり、過剰な分離は時間を浪費します。

また、MVCモデルは機能拡張による処理遅延を引き起こす可能性があります。特に、データベースとやりとりするモデル部分からコントローラにデータ処理やデータ変換の負荷をかけると、処理速度が遅くなります。また、コントローラからモデルへの対応が多すぎると、モデルのコントローラへの依存度が高くなり、MVCモデル本来の強みである各機能の独立性が損なわれてしまいます。そのため、システム開発において、開発規模を予測することは非常に重要です。

>>> もっと見る: ソフトウェア開発モデル | メリット・デメリットを徹底的に解説

4.まとめ

MVCモデルはシステム開発に関する概念であり、あまり知られていませんが、これは成長だけでなく、企業の仕組みや運営にも当てはまります。仕事を円滑に進めるための示唆を与えてくれるため、覚えておくと役立つ知識でしょう。

Newwave Solutions Japanは、情報技術およびソフトウェア開発業界における長年の経験により、MVCモデルによるプロジェクトを数多く成功させてきました。システム規模、具体的な要件、開発期限などに応じて、お客様のプロジェクトに最適なモデルを選択するためのアドバイスとサポートを提供いたします。

Related Posts

To Quang Duy(トー・クアン・ズイ)氏はベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNewwave SolutionsのCEOです。彼は卓越したテクノロジーコンサルタントとして認められています。LinkedInやTwitterで彼とつながりましょう。

ベストなITソリューションをお探しですか

お問い合わせ
ベストなITソリューションをお探しですか?

Newwave Solutions Japan株式会社

Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
- 税コード:0105627951
- 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions株式会社
1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
View Map
icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions Japan株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
View Map
Up To Top