【初心者向け】最もシンプルに集客できるECサイト作り方完全版【2023年最新版】

実店舗と並行してECサイト開設をしたいという要望を持つ企業は多いです。COVID-19の影響で、ネットショップ構築のニーズはこれまで以上に高まっています。しかし、事業者は次のような壁にぶつかることが多いです。

「ECサイト開設は何から始めたらいいのか分からない。」

「実店舗にたくさん投資してきたので、ECサイト開設に投資する資金が足りない。」

「ECサイト開設をして販売する自信がない。」

そこで本記事では、認定されたネットショップ構築のコンサルタントへのインタビューをもとに、これらの課題を解決する方法を紹介します。本記事は、日米英の企業向けに数千のECサイト開設プロジェクトの実績を持つNewwave Solution Japan株式会社が執筆しました。

1.【タイプ別】ECサイト作成の効果及びコスト一覧

1-1. ECサイトとは?

 ECサイト(eコマースサイト)とは、インターネット上で商品やサービスの売買などの取引を行うためのウェブサイトです。ECサイトでは、商品の閲覧や検索、カートへの商品追加、オンライン決済、商品の配送などを行うことができます。

【タイプ別】ECサイト作成の効果及びコスト一覧
【タイプ別】ECサイト作成の効果及びコスト一覧

1-2. ECネットショップ構築は集客とリピーターの動機付けが期待されている

日本の多くの地域で緊急事態宣言の発令はCOVID-19パンデミック時の企業の接客方法を変更しました。店舗は営業できず、オンラインサービスに切り替えざるを得ないことになりました。例えば、日本を代表する小売ブランドのひとつであるユニクロは、ECサイトのプロモーションを組み合わせた賢明な戦略のおかげで、今でも高い利益を出し続けています。ECは新たな販売チャネルとしてますます重要になっています。

  顧客の利便性:ECサイトでは、インターネットさえあれば、いつでもどこでも買い物ができます。これにより、実店舗に行く必要がなくなり、時間と労力を節約できます。

  商品の多様性:ECサイトは、店舗が大きな保管スペースを持つことなく、何千もの商品の陳列・販売を可能にします。顧客は同じウェブサイト上で異なる商品を簡単に検索し、比較することができます。

  市場拡大:ECサイトは、地元だけでなく、世界中の顧客にリーチする機会を提供します。これはビジネスチャンスを増やし、企業の持続可能な発展を目指します。

ECショッピングモールに満足と信頼を感じた顧客は、より頻繁に買い物に来たり、友人や親戚に勧めたりするなど傾向があります。ネットショップ構築が成功するために、それはEC業界において持続的な成長を実現・維持するための重要な戦略であると考えることができます。

1-3. ECサイト作成にかかる時間

ECサイトは、無料のサイトと有料で作成されるサイトに分けられます。複雑になればなるほど、ネットショップ構築には時間と費用がかかります。通常、最もシンプルなネットショップ構築であれば、1~2週間程度、あるいは数日で完了します。逆に、複雑な機能が多く、既成のフォームに従わないECサイト開設の場合は、完成までに数ヶ月を要します。

ECサイト作成にかかる時間
ECサイト作成にかかる時間

1-4. ECサイト作り方とは?

ECサイト作り方を知り、ECサイトを改善したいと思う方は多いですが、どちらが最適なECサイト作り方のでしょうか。ニューウェーブソリューションズは12年間の運用経験に基づき、メリット、デメリット、コスト、そして最も完成度の高いECサイト作り方について、表にまとめました。

  オプション 初期費用 メリット デメリット 製品例
「ECサイト開設のプロジェクトの予算はどれくらいあるか。」 プロダクション会社への依頼 プロフェッショナルでカスタマイズ可能 (特に中小企業に対する)高コスト ユニクロ(ww.uniqlo.com/jp )
「素早く簡単に使えるネットショップ構築をしたい。」 ASPプラットフォームの使用 利用可能なテンプレートで簡単な使い方 限られたカスタマイズとメンテナンスコスト要 ZOZO ( www.zozo.jp )
「技術的な知識を持って、自分でカスタマイズしてEC開発をしたい。」 オープンソースの利用 低コスト・フレキシブル 専門知識が必要で、機能が限定されていること 楽天 ( www.rakuten.co.jp)
「リーズナブルな価格で完全なEC開発のソリューションが欲しい。」 ECモールの利用 リーズナブルな価格・簡単な統合 限られたカスタマイズと拡張性 ショッピファイ(www.shopify.jp )
「完全なカスタマイズと高品質が欲しい。」 アウトソーシング 高品質・フルカスタマイズ可能 適切な会社を見つける必要があること ソニー ( www.sony.jp )

1-5. ECサイト作成費用一覧

ネットショップ構築にかかる費用には、開発・デザイン費用、ホスティング・ドメイン費用、決済カード・決済手数料、セキュリティ費用、マーケティング・広告費用、コンテンツ開発費用、サポート・メンテナンス費用、ソフトウェア・ツール費用、発送・配送費用、管理・運営費用などが含まれます。これらの費用は、EC開発の規模や内容によって異なります。

また、上記のEC開発費用はあくまで初期費用です。ECサイト開設をした後でも、ECサイトをうまく運営するためのメンテナンス費用が必要になります。

そのEC開発費用は予算内に収まりますか?もしそうでない、あるいはよくわからないのであれば、この記事を読んで、専門家のコンサルティングに従ってECサイト作成のコストを節約する方法をご参照ください。

>>> 【2023年最新版】ECサイト構築費用の相場は?ECサイト構築費用を節約する方法をわかりやすく解説

1-6. 完璧なECサイト作り方がわからない場合は、専門家による無料なサポートを受ける

4つのカテゴリーに分けましたので、希望に沿ったECサイト開設方法を選ぶことができます。しかし、急成長しているECサイトは多く、その中でどのECサイト開設が最良かを特定するのは複雑になる場合があります。例えば、カスタマイズについて述べましたが、御社に適したECサイト開設方法を選ぶ際には、他の要素も考慮する必要があります。専門家のコンサルティングを求めるか、当社のEC開発の専門家から無料コンサルティングをもらうようEC開発についてお問い合わせください。

※今からNewwave Solutionsの専門家にお問い合わせください。

2. [専門家による検証済み] ECサイト作成をしたいなら3社がおすすめ

グローバルな範囲で、多くのカスタマイズを必要としない、複雑なプロジェクトは避けるECサイト開設をしたい方は、Shopifyを利用しましょう。Shopifyを使ったECサイト作り方については、記事全文をご覧ください。

日本市場向けのECサイト開設をしたい場合、楽天の利用を検討しましょう。

ECサイト作成において、東京での専門家から直接コンサルティングが必要な場合は、間違いなくNewwave Solution Japanが最適です。

これらの企業をお勧めする理由については、以下の記事をご覧ください。

>> もっと見る: ECサイト作成でおすすめのトップ5社

 

ECサイト作成をしたいなら3社がおすすめ
ECサイト作成をしたいなら3社がおすすめ

3. ECサイト作成初心者でも簡単にできるECサイト作り方の詳細手順

3-1. EC開設時の必要なものを決める

          3-1-1. EC開設時の参考サイトを選ぶ

まずサイトマップを作ることから始めるよう指示しているサイトがあります。しかし、ECサイト作成初心者の方にとって、そのプロセスは複雑なものです。そこで、販売プロセスがとても印象的だと思うEC開設時の参考サイトのリストを作成し、その中から最も気に入ったサイトを1~3つ、例として選ぶことをお勧めします。

なぜ1つのサイトではなく3つのEC開設時の参考サイトを選ぶのでしょうか?この時点では、これらのEC開設をするのにかかる費用が不明だからです。各サイトの開設費用が分かれば、どのサイトのEC開設をするかの最終判定がしやすくなり、まだ十分な時間もあります。

            3-1-2. EC開設時の重要事項

EC開設時の参考サイトを選ぶ際には、そこで実際に買い物をしたことや「なぜここで買いたいのか」、「このウェブサイトに説得力はあるのか」、「情報は簡単に見つかるか」と自問しましょう。

ページが情報豊富で、必要な機能を備えているかを確認してください。適切な画像を表示することで、ウェブサイトが商品をイメージしやくなります。

EC開設時は、顧客を引き付けると同時に、買い物がしやすいように設計する必要があります。これは、すぐに決断するユーザーや慎重に検討するユーザーにとって特に重要である。     

EC開設のモバイル版もお忘れないようご注意ください。多くの調査によると、スマホで買い物をするユーザー数は、ラップトップやタブレット版に劣りません。 

EC開設時の必要なものを決める
EC開設時の必要なものを決める

3-2. EC開発の必要な機能を決める

          3-2-1. EC開発の必要な機能

EC開発時に重要な4つの機能をご紹介します。

機能 必要な理由
商品レビュー 購買決定をサポートし、口コミを促進する
再入荷のお知らせ 在庫切れによる販売機会の損失を防ぎ、新着を通知する
お気に入りボタン ユーザーがお気に入りの商品を保存でき、購入率が高まる
カートリマインダー カートに入れた後の買い忘れを防ぐ

 ただし、EC開発に不要な機能が多すぎてもいけません。まずは必要な機能から始め、その後作業を​​進めしてプロジェクトを判断しながら調整するのがベストです。サイトが複雑になり、EC開発にリソースが無駄になるリスクが高まる可能性があるため、機能を追加する前に慎重に検討しましょう。

            3-2-2. EC開発時の過剰機能

 EC開発の最初のうちは、必要最低限の機能に集中して、プロジェクトの開発・評価をしてから、機能追加を検討するのがベストです。顧客の購買プロセスに応じて、ECページは顧客が購入しやすいようにカスタマイズする必要があります。ここでは、避けるべき不要な機能の例をご紹介します。           

機能 不要な理由
顧客情報の多すぎる収集 顧客はあまり多くの個人情報を共有したくないため、ユーザー情報を収集しすぎると、顧客を失う可能性がある
顧客に迷惑をかける多くの通知 これは迷惑なことであり、顧客に嫌がらせを受けていると感じる可能性がある
ログイン 多くのウェブサイトでは、顧客がウェブ上で何か操作をする前にログインするように強制し、これにより困難が生じ、顧客がすぐに離れてしまう可能性がある
複雑すぎる支払い方法 買い物が難くなり、顧客の時間が無駄になる
一度に多すぎる製品広告 顧客の目をそらし、気を散らす

3-3. ECサイト作り方を決める

          3-3-1. 集客したい方ならECモール

集客や大規模なプラットフォームの可能性を活用するために、ECモールへの参加を検討してみてください。ECモールでは、多くの潜在顧客にリーチし、ビジネスの評判を高めることができます。

Shopify(ショッピファイ)はこれからECサイトを作ろうとする人がよく選ぶものです。ShopifyでECサイトを作る最速の方法をご存知でしょうか。答えがわかるようにこの記事をご読みください。

>>> もっと見る: ECサイト制作|Shopifyとは?Shopifyは本当に楽天やAmazonより有利なのか?

         3-3-2. ECサイト作成初心者の方なら「ASP」

EC開発をしたばかりで、あまり経験がないのであれば、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)サービスの利用を検討してみましょう。このようなサービスは、新しいビジネスのための先行ソリューションとサポートを提供し、簡単に始めることができ、時間を節約するのに役立ちます。

          3-3-3. EC開発時にユニークをお探しの方ならオープンソース

ユニークでカスタマイズされたEC開発をしたい場合は、オープンソースソリューションの使用を検討することができます。これにより、一般的なプラットフォームの制限に縛られることなく、思いのままにウェブサイトをカスタマイズし、創造性を発揮することができます。

          3-3-4. EC開発用の資金がある方なら「パッケージ」

資金に余裕があり、Eコマース・ウェブサイトを素早く立ち上げたい場合は、サービス・パッケージが良い選択かもしれません。これらのプランでは、予め構築された様々なな機能や特徴が提供されるため、ウェブサイト開発の時間と労力を節約することができます。

         3-3-5. EC開発についてよくわからない方なら専門家とのご相談又はアウトソーシング

EC開発の方法に不安を感じて、専門的なサポートが必要な場合は、専門家の意見を聞いたり、アウトソーシングサービスを利用し、正しい道を歩み、ビジネスの可能性を最大限に高めることを検討してください。

3-4. EC開設を通知する

新しい販売チャネルをソーシャルメディア・プラットフォームやインストア、口コミで広めることは、業績を向上させる素晴らしい戦略です。

様々なマーケティング・コミュニケーションのプラットフォームをコーディネートすることで、多くの潜在顧客にリーチすることができます。ソーシャルメディアのプラットフォームでは、顧客は新商品や面白いプロモーション、ブランドに関するニュースなどの最新情報を得ることができます。実店舗では、顧客は商品を直接体験したり、スタッフから専門的なコンサルティングを受けたりすることができます。さらに、口コミを通じて、顧客は友人や家族に良い体験を共有することができます。最後に、ECサイトでは、注文を迅速に行い、注文状況を追跡することができます。スムーズな購入の流れは、顧客にとって素晴らしい体験となり、再来店を促します。

EC開設を通知する
EC開設を通知する

3-5. EC開設の必要なツールを設置する

EC開設・EC公開はスタート地点に過ぎず、顧客のニーズに合わせてサイトを維持・最適化するところからがポイントです。そのためには、以下のような便利なツールを活用しましょう。

Googleアナリティクス:Googleアナリティクスを使用して、ウェブサイトのトラフィック、ショッピングの傾向、顧客の行動を追跡します。このツールは、実際のデータに基づいてウェブサイトを調整できるように、洞察を提供します。

コンバージョントラッキングツール:Googleタグマネージャーのようなツールを使って、商品をカートに入れたり、注文を完了させたり、商品訪問者を実際の顧客に変えたりといった重要なイベントを追跡します。

顧客管理システム(CRM):CRMシステムを使用して、顧客情報を保存し、電子メールリストを管理し、ターゲットを絞ったマーケティングキャンペーンを作成します。

ABテストの結果:ウェブサイトでABテストを実施して、見出しからボタンの色まで、様々な変異のパフォーマンスをテストしましょう。OptimizelyやVWO (Visual Website Optimizer) のようなツールがこれを行うのに役立ちます。

ショッピングカートとチェックアウトの認証:ウェブサイトのチェックアウトプロセスがスムーズで安全であることを確認しましょう。PayPalやStripeなどの決済認証サービスを利用して、顧客情報を保護しましょう。

EC開設後の最適化は継続的なプロセスであることを忘れないでください。顧客のショッピング体験を維持・向上させるために、継続的に監視、評価、調整を行う必要があります。

4. ECサイト作成時の注意点

ECサイト作成時に、ウェブサイトが繁栄し、顧客にアピールできるようにいくつかの重要なポイントがあります。

4-1. SEOに強くする

ECサイトを検索エンジン最適化(SEO)行い、関連性の高いキーワードを使用し、質の高いコンテンツを作成することで、検索結果ページに表示される可能性を高めましょう。

4-2. カスタマーサポートに目指してデザインする(UI/UX最適化)

ユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)をデザインし、使いやすく、顧客を惹きつける、ウェブサイトでの買い物が簡単で快適な体験になるようにしましょう。

4-3. EC開設・公開のお知らせをお忘れなく

EC開設・公開について、顧客やコミュニティに知らせ、ソーシャルメディアチャンネル、メールマーケティング、プロモーション・ツールなどを活用して、認知度を向上させ、サイトでの販売を促進しましょう。

4-4. 継続的な更新と改善をする

EC開設・公開をして終わりではありません。Webサイトのパフォーマンスを継続的に監視し、顧客からのフィードバックに耳を傾け、必要な改善を行う必要があります。顧客の関心を維持するために、商品、コンテンツ、機能を更新しましょう。

ECサイトは単なるウェブサイトではなく、ビジネスの広告プラットフォームであることを覚えておいてください。良質なECサイトの構築と維持に時間と労力を投資することで、効果的にビジネスを成長させることができます。

ECサイト作成時の注意点
ECサイト作成時の注意点

5. ECサイト作り方の概要

5-1. ECサイト作成時のチェックリスト

今日、EC開設はかつてないほど簡単になっています。EC開設には様々な方法があり、多くの人ができます。

しかし、ニーズに合ったEC開設プラットフォームを選ぶことが重要です。EC開設の会社を選ぶ際には、ニーズを理解し、コンテンツとデザインの両方で品質を保証することが重要です。EC開設は、企業のイメージや売上を示す重要な役割を果たします。必要な時にはいつでも依頼可能で、信頼できる会社を選びましょう。

5-2. EC開発を専門家に任せたい方へ

EC開発の会社を探す時間がない場合は、当社にお問い合わせください。当社の代表者が、お客様のビジネス向けに特別に設計された最適なEC開発ソリューションを見つけるお手伝いをします。

EC開発・運用の経験豊富な専門家がご相談に応じ、質の高い成果をお約束します。これまで様々なお客様のウエブサイト作成を行っておりますので、初めての方でもお気軽にご相談ください!

お客様の目的やご予算に応じて最適な実装方法を無料で相談できます。このサービスの詳細については、以下の記事をご覧ください。

ECサイト作り方について役立つ記事一覧:

  1. 【おすすめ】日本国内ECサイト制作会社トップと簡単な選び方
  2. 【ECサイトを構築】ECサイトとは?ECサイトの種類とわかりやすい事例
Related Posts

To Quang Duy(トー・クアン・ズイ)氏はベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNewwave SolutionsのCEOです。彼は卓越したテクノロジーコンサルタントとして認められています。LinkedInやTwitterで彼とつながりましょう。

ベストなITソリューションをお探しですか

お問い合わせ
ベストなITソリューションをお探しですか?

Newwave Solutions Japan株式会社

Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
- 税コード:0105627951
- 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions株式会社
1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
View Map
icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions Japan株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
View Map
Up To Top