Androidアプリ開発 | Androidアプリ開発の流れと開発言語

スマートフォンの爆発的な普及に伴い、Androidアプリ開発は多くの組織や個人にとってビジネス戦略の重要なものとなっています。Androidアプリ開発には、Android Studioなどのツールを使用して効果的で興味深いアプリを作成できるように、ソースコードに関する広範な知識が必要です。この記事では、Androidアプリ開発に必要な知識、Androidアプリを開発する流れおよび開発言語について説明します。 

Androidでアプリ開発を検討している場合、どのように開発すればよいでしょうか?プリプログラミングについての記事をご覧ください!

1. Androidアプリとは?

Androidで動作するすべてのアプリケーションを総称して「Androidアプリ」と呼びます。 Androidアプリ開発は、ソースコードとAndroid Studioなどのツールを使用して、Androidでスマートフォンやタブレット上で実行されるアプリを作成するプロセスです。アプリをリリースするのは通常、Google Playで配信され、開発者はアプリを自由に配布できます。 

Androidアプリには、ソーシャルゲームからエンタープライズアプリまで、さまざまな目的で開発できます。Androidアプリ開発はiOSアプリと似ていますが、プラットフォーム間の違いを反映するようにデザインやその他の要素を調整できます。 

Android開発環境には、開発者がアプリを効果的に構築およびテストできるようにする、Android Studioを含む一連のサポートツールが用意されています。開発とテストの考慮事項は、アプリが適切に機能し、ユーザーの期待に応えることを保証するために重要です。 

Androidアプリとは?
Androidアプリとは?

Androidアプリ開発のメリットの1つは、iOSアプリよりも市場への障壁が少ないため、アプリをリリースするのが簡単かつ迅速になることです。 

>>> もっと見る: マッチングアプリ作り方|マッチングアプリを開発する際の注意点 

 2. Androidアプリ開発の推移

まず、Androidアプリの基本情報を確認し、iOSアプリと比較してみましょう。 

Androidアプリ開発の推移
Androidアプリ開発の推移

ここで、Androidアプリ開発の推移を示すグラフを見てみましょう。グラフにより、Google Playのデータ(緑色)を見ると、2017年にはその数が350万を超えています。 

iOSアプリと比較して、Androidアプリは驚くほど成長しています。 

3. Androidアプリ開発言語

Javaは、安定性と人気が高く、Androidアプリ開発の主要な言語とみなされています。ただし、JavaScript、C#、Kotlinなど、開発中に使用できる言語は他にもたくさんあります。その中でも特に注目を集めているのがKotlinです。 

Javaは難しいと考えられることもありますが、その安定性とさまざまなアプリに対する強力なサポートにより、依然として人気のある選択肢です。逆に、Kotlinは2017年からGoogleによってAndroidアプリ開発の公式言語として選ばれ、急速に人気の選択肢になりつつあります。 

KotlinはJavaよりも簡潔で読みやすい構文で知られており、コーディングプロセスの複雑さが軽減されます。Javaとの互換性も高いため、開発者は2つの言語を柔軟に切り替えることができます。この利便性により、JavaからKotlinへの移行の困難さが軽減されます。 

現時点では依然としてJavaが主な選択肢ですが、Kotlinの急速な成長とGoogleによる公式サポートにより、将来的にはKotlinに変更する可能性があります。 

>>> もっと見る: デスクトップアプリ開発とは?おすすめの開発言語 

4. Androidアプリ開発の流れ

4-1.企画立案 

まず、Androidアプリ開発かiOSアプリ開発か、どの種類のアプリを開発したいかを明確に決めます。次に、内容やデザインを含めた詳細な計画を立てます。たとえ開発環境があったとしても、コンテンツが不足していれば、有用なアプリを作成することはできません。計画プロセスでは、完成度の高いアプリを実現するために明確なイメージを作成する必要があります。 

アプリを開発するのが個人目的であっても、組織目的であっても、アイデアについて話し合い、アプリの具体的なイメージを構築することが重要です。組織にとって、計画やアイデアを生み出すには、開発チーム内の団結が必要です。すべてのメンバーがプロジェクトの目標と最終的なビジョンを明確に理解していることを事前確認する必要があります。そして、プロジェクト情報を特定の個人にのみ提供することも避けてください。これにより混乱が生じ、作業の進行に影響が出る可能性があります。計画を明確なものにして、開発チーム全体と効果的にコミュニケーションできるようにします。 

企画立案 
企画立案

4-2.設計 

計画を作成したら、設計工程を開始します。大規模なチームでの開発では、情報を共有し、作業を同期するために設計ドキュメントが重要になります。 

アプリ開発設計書は、アプリを完成させるために必要な一連の手順をまとめたもので、アプリの構造、機能、外観などを定義します。「どのような機能を追加するか」「どのような画面構成にするか」といった機能や画面の設計を記述することも含まれます。 

設計書は単なる技術図面ではなく、製品の完成過程を記述するものでもあります。これにより、開発チームのすべてのメンバーがプロジェクトの方向性をよりよく理解し、アプリ開発プロセス中に全員の同期を保つことができます。 

4-3.環境構築 

Android開発環境を構築するには、必要なものを順番にインストールするだけです。 

以下の手順に従う必要があります。 

  • JDK (Java開発キット) をインストールする 
  • Android Studioをインストールする 
  • 不足しているSDKを追加でインストールする 
  • エミュレータをインストールする 

上記の手順に従って開発環境をインストールしたら、アプリ開発プロセスを開始する準備が整います。 

必要な機能は、開発しているアプリの種類によって異なります。必要な機能がある場合は、必要なソフトウェア開発キット(SDK)をインストールする必要があります。SDKは、アプリ開発のための重要なコンポーネントが含まれるツールキットです。アプリをテストするためのAndroid端末がない場合は、エミュレーター環境をセットアップすることで仮想マシンを使用してアプリをテストできます。 

環境構築 
環境構築

4-4.開発 

予備的なコンセプトを形成することからアプリ開発プロセスを開始します。プログラミング言語を使用することをお勧めします。アイデアを実装するには、GoogleのAndroid Studioが最初に適したツールです。Android Studioには、ソースコード経由で画面の作成などのアプリの開発に必要なすべてのツールが用意されています。   

まずはXML言語を使って画面を作成し、ソースコードを書いてみましょう。コーディング中にチームで作業している場合は、定期的にミーティングを開催して進捗状況を確認し、品質と進捗の一貫性を確保します。これは、開発中の望ましくないエラーを回避するのに役立ちます。 

この部分については、「ECサイトの作り方」を参考にしていただくと、Webサイトの設計やシステム開発の大枠をつかむことができます。

4-5.テスト 

開発が完了したら、正常に動作することを確認するようにアプリをテストします。テスト中は、エラーがあれば検出して修正することに重点を置きます。ユーザーや使用状況によってはエラーが発生する可能性があるため、複数人でテストすることが重要です。 

テスト手順には、アクティビティの動作の監視、画面レイアウトが正しく表示されていることの確認、処理速度のテストなどが含まれます。「バッテリー切れ」や「ネットワーク接続の切断」などの一般的な問題をチェックし、アプリがクラッシュせずに正常に動作することを確認します。 

テストでは画面切り替えやデータ送信などの詳細なテストも行います。実際のAndroid端末を使用するのが最も便利なオプションですが、前述したように、Android端末が利用できない場合は、Androidの「エミュレータ」を利用してテストを実行することもできます。 

企画立案 
企画立案

4-6.リリース 

パフォーマンステスト中に問題がなければ、リリースプロセスに進みます。Androidアプリをリリースする一般的な方法の1つは、Google Playで公開することです。 

Google Playでアプリを公開するプロセスには、次の手順が含まれます。 

  • Google Developersでアカウントを作成する:まず、Google Developersでアカウントを作成する必要があります。このアカウントをお持ちでない場合は、アプリに登録することができません。 
  • デジタル署名されたパッケージファイルを準備する: アプリの内容を収集し、それらをデジタル署名されたファイルにパッケージ化して、登録を容易にします。 
  • Google Playにアプリを登録する: Google Playにアプリを登録します。これには、開発者登録料 (通常は25ドル) の支払いが必要になる場合があります。この支払いは登録時に1回だけ課金され、永久に使用できます。 

モバイルアプリとWebアプリではリリースプロセスに違いがあることに注意することが重要です。Webアプリはサーバーとドメインのセキュリティが確保されていれば簡単にリリースできますが、モバイルアプリはプラットフォームごとに審査プロセスを経る必要があります。審査プロセスを通っている場合にのみ、アプリを公開できます。 

5.Androidアプリから得る方法 収益を

最後に、Androidアプリを収益化する方法を紹介します。収益化には主に4つの方法があります。アプリの特性とユーザーのターゲット層に合わせた施策を選択して、アプリを効果的に収益化します。 

Androidアプリから得る方法 収益を
Androidアプリから得る方法 収益を

5-1.有料ダウンロード 

有料ダウンロードとは、ユーザーがアプリをダウンロードする際に料金を請求する方式です。 1回限りの購入モデルとみなされ、ユーザーが実際にダウンロードした場合にのみ収益が発生します。これは、特にゲームや教育コンテンツなどの高品質のコンテンツでお金を稼ぐ効果的な方法です。価格を高く設定することはできますが、新規ユーザーを継続的に引き付けない限り、定期的な顧客を失うリスクに注意する必要があります。 

5-2.広告 

もう1つの方法は、アプリに広告を統合することです。広告は、クリックベースとパフォーマンスベースの2つの種類に分類できます。ユーザーは、広告をクリックしたときに支払いを受け取ることも、サービスへのサインアップなどのパフォーマンスに基づいて支払いを受け取ることもできます。1アクションあたりの報酬は大きくないかもしれませんが、十分なユーザー数と使用頻度があれば、安定した収入を得ることができます。ユーザーに迷惑をかけたり、顧客を失ったりしないように、広告の掲載は慎重に行う必要があることに注意を払うことが重要です。 

5-3. アプリ内有料購入 

この方法では、ユーザーは基本機能を無料でインストールして使用できますが、プレミアム機能やサービスを体験するには料金を支払う必要があります。クリックベースの広告と組み合わせた無料の「広告なし」機能を提供する場合があります。認知度を高めながらユーザー数を確保したい場合には、これは合理的な方法です。ただし、ユーザーは有料機能を使用することに価値を感じていない可能性があるため、ユーザーが支払うことで利益を得られるかどうかに注意を払うことが重要です。 

5-4. 定期課金システム 

定期課金システムは、月額料金または年額料金で有料機能を提供するモデルです。これにより、より多くのユーザーがアプリの使用に登録するにつれて、安定した収入が得られます。ユーザーは、アプリを使用するかどうかにかかわらず、定額料金の支払いを求められる場合があります。しかし、魅力を生み出すためには、ユーザーにとって価値のある機能やサービスを提供する必要があり、そうでないと新たな興味や登録を集めることが難しくなります。 

6.Newwave Solutions JapanでAndroidアプリ開発 

Androidアプリ開発専門のNewwave Solutions Japanは、この分野で多くの成功を収めています。Newwave Solutions Japanは、革新的で高品質なソフトウェアソリューションを提供するという使命のもと、エンタープライズアプリからエンターテイメントや教育アプリに至るまで、多様なAndroidアプリ開発に注力してきました。 

NewWave Solutions Japanでは、Androidアプリ開発は単なる作業ではなく、顧客やエンドユーザーに価値をもたらす創造的な旅でもあります。 

Related Posts

To Quang Duy(トー・クアン・ズイ)氏はベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNewwave SolutionsのCEOです。彼は卓越したテクノロジーコンサルタントとして認められています。LinkedInやTwitterで彼とつながりましょう。

ベストなITソリューションをお探しですか

お問い合わせ
ベストなITソリューションをお探しですか?

Newwave Solutions Japan株式会社

Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
- 税コード:0105627951
- 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions株式会社
1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
View Map
icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions Japan株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
View Map
Up To Top