Web3とは? Web3の基礎知識をわかりやすく解説

Webテクノロジーとインターネットの人気は目覚ましい速度で成長しており、Web2.0の人気に続き、Web3として知られる新しい段階の出現を目の当たりにしています。しかし、Web3という言葉はまだ新しい用語なので、聞いたことはあっても詳しくはよくわからないという人もいるかもしれません。そこで今回は、Web3について、現在のWeb2.0と比較しながら、関連する重要な技術も含めてわかりやすく学びましょう。 

1.Web3とは何か?Web2との違いとは? 

Web3とは分散型のインターネットのことです。今日のインターネットは主に、GAFA (Google、Apple、Facebook、Amazon) などのIT業界の巨大IT企業4社が提供するプラットフォームに依存しています。インターネット上のデータはこれらの企業によって一元的に管理・運用されています。 

Web3とは何か?
Web3とは何か?

逆に、Web3は、権力が集中していない次世代のインターネットを意味します。ブロックチェーンなどの技術を利用してデータ管理を分散化することで、ユーザーは大規模プラットフォームのサーバーに依存することなく、個人データを自分で管理・運用できるようになります。これにより、オンライン環境における分散化と個人制御の可能性が開かれます。 

Web3はWeb2とどう違うのですか? 

Web3は、インターネットの歴史の中で「第3世代」と考えられており、Web1.0およびWeb2.0の次の発展形です。 

インターネット(Web 1.0)の初期段階では、コンテンツは主に静的でテキストベースであり、ほとんどのユーザーはただ閲覧するだけでした。 

スマートフォンやSNS(ソーシャルネットワーク)の普及とともに2000年代半ばに登場したWeb2.0は、YouTubeやTwitter、Facebookなどのプラットフォームを通じて広く情報を共有する可能性を広げました。 

しかし、Web 2.0時代にインターネット上のデータ量が急激に増加したため、データ処理が課題になりました。GoogleやAmazonなどの大規模プラットフォームには大量のデータが蓄積されています。さらに、データを特定の場所に一元化すると、重大なセキュリティリスクが伴い、プラットフォームオペレーターがコンテンツを制御できるため、言論の自由の問題が生じます。 

Web3はWeb2とどう違うのですか? 
Web3はWeb2とどう違うのですか?

Web3はブロックチェーンやその他のテクノロジーを使用してこれらの問題を解決し、ユーザーが自律的かつ分散的な方法でデータを管理できるように取り組んでいます。Web3では、ユーザーデータは分散型ネットワークであるブロックチェーンに保存されるため、データの通信や保存の際にプラットフォームのサーバーを経由する必要がなくなり、Web2.0が直面する集中構造から解放されます。 

ウェブサイト制作をお考えの方は、ウェブサイト制作サービスの詳細をご覧ください。

2.Web3のメリットは? 

現在、Web2.0では、プラットフォーマーなど多くの有力な企業や団体によって個人データや権利が管理されており、個人が自らの情報を所有し、自由に利用することができます。その中で、集権的な組織を介さず、個人が自分の情報やデータを所有し、安全に利用できるWeb3と呼ばれる新しいインターネットの世界への移行について、前向きな議論が行われています。 

2.1.セキュリティの強化 

Web2.0の集中構造により、ハッカーは企業サーバーへの攻撃を通じて数万人の個人情報を盗むことができます。対照的に、Web3では、各ユーザーがブロックチェーンを使用して自分の個人データを管理できるため、ハッカーによるデータの盗難が困難になります。ブロックチェーンはストレージ形式として本質的に改ざんが難しく、重大な障壁を形成し、悪意のある攻撃を受け付けないとみなされることがあります。 

>>> もっと見る: ブロックチェーンゲームとは何か?特徴や既存ゲームとの違いを解説 

2.2. 仲介者を通さずに直接コミュニケーション 

Web3は、ブロックチェーンを使用することで、ユーザーがアクセスやデータストレージを管理する集中プラットフォームを経由せずに、直接にトランザクションを実行できる道を開きます。これにより、ユーザーがプラットフォームプロバイダーに料金を支払う必要性が減り、デジタル資産を取引したり、より効率的かつ迅速に情報を共有したりできるようになります。その結果、仲介者に依存することなく、インターネットをより自由に使用できるようになります。 

仲介者を通さずに直接コミュニケーション 
仲介者を通さずに直接コミュニケーション

3.Web3に関連するテクノロジー 

Web3には、メタバース、ブロックチェーン、NFTなど、さまざまなテクノロジと概念が含まれています。Web3をより深く理解していただくために、これらの関連テクノロジーを紹介します。 

3.1.メタバース 

メタバースは、インターネット上に構築されている3次元の仮想世界です。ユーザーは自分のアバターを操作して、アバターの土地、住宅、衣服の売買など、メタバース内での活動に参加したり対話したりすることができます。今後、ネットワーク技術や仮想現実(VR)技術の発展に伴い、インターネットへの常時接続によりWeb3の発展が促進され、メタバースにおける企業によるデータ独占の防止や内部取引の安全性と透明性の確保が期待されます。

メタバース
メタバース

3.2. DAO 

DAO(分散型自律組織)は、ブロックチェーン上で管理および運用する組織モデルです。従来の組織とは異なり、DAOにはマネージャーや取締役会などがありません。各メンバーの自律性が中心であり、DAOに参加するには、ユーザーはDAOでガバナンストークンを購入する必要があり、これにより、会議での発言や投票による決定への参加の権利などの特典が得られます。DAOの規制は、自動コンプライアンスを確保するスマートコントラクトのサポートにより、オープンソースコードを通じてブロックチェーン上に構築されています。 

NFTとDAOの実際の使用例は山古志村です。ここでは、住民は「デジタル住民」とみなされ、予算を執行し、デジタル住民購入プラットフォームに参加する権限を与えられます。これにより、現実世界とデジタル世界を組み合わせたDAOコミュニティが作成されます。 

3.3.暗号資産 

暗号資産とは、ブロックチェーン技術を利用したデジタル通貨のことです。法定通貨とは見なされませんが、同様の価値があり、インターネット上で交換できます。Web3やメタバースの普及に伴い、暗号資産を利用する機会は増加していきます。 

Web3 が現実になれば、インターネットは(GAFAのような)集中型システムから多中心型モデルに移行し、多くの分野で世界的なイノベーションと問題解決につながるでしょう。Web3はデジタル社会の未来を語る上で重要なテーマです。 

>>> もっと見る: 【2023年】バックエンドとフロントエンドのWebアプリ開発フレームワーク10選

4.Web3の課題と注意点 

Web3は多くのメリットがあり、次世代インターネットとして注目されていますが、実現するにはいくつかの課題や注意点もあります。 

  • Web3を取り締まる法律は存在しない 
  • 専門的な知識が必要 
  • 問題は自分で解決する必要がある 

Web3は新しい概念であり、それを実現するために必要なテクノロジーも新しいため、法律はまだ制定されていません。また、Web3上での取引には仮想通貨が利用されていますが、専門的な知識が必要であり、各種サービスは誰もが使いやすいものとは言えません。 

さらに、現在のWeb 2.0とは異なり、管理者が存在しないため、何か問題が発生した場合は自分で対処する必要があります。 

Web3の課題と注意点 
Web3の課題と注意点

5.Newwave Solutions JapanとWeb3の開発 

Web3開発は重要かつ挑戦的な旅であり、Newwave Solutions Japanは、この分野におけるイノベーションと創造性を通じてインターネットの未来を形作ることに専念しています。先見の明を持ち、最先端のテクノロジーに重点を置くことで、当社はWeb3の成長に貢献し、新たな機会を創出し、インターネット上のユーザーエクスペリエンスを向上させることに全力で取り組んでいます。 

Newwave Solutions Japan は、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどのテクノロジーを使用して分散型で安全なソリューションを作成し、Web3アプリケーションとサービスの構築において信頼できるパートナーです。私たちは技術開発だけでなく、利用者を中心に自分の個人データを完全に管理し、コミュニティに積極的に参加できるよう支援することに重点を置いています。 

Newwave Solutions Japanは、当社のプロジェクトと製品を通じて、人々が信頼し、柔軟かつ多様な方法で使用できるWeb3システムの構築に重要な役割を果たしています。私たちは技術者であるだけでなく、Web3をすべての人に近づけ、分散型インターネットの包括的な開発を促進する未来の形成者でもあります。 

Related Posts

To Quang Duy(トー・クアン・ズイ)氏はベトナムの大手ソフトウェア開発会社であるNewwave SolutionsのCEOです。彼は卓越したテクノロジーコンサルタントとして認められています。LinkedInやTwitterで彼とつながりましょう。

ベストなITソリューションをお探しですか

お問い合わせ
ベストなITソリューションをお探しですか?

Newwave Solutions Japan株式会社

Newwave Solutionsは、12年以上の経験と300人以上のIT専門家を擁するベトナムの大手ソフトウェア開発企業トップ10社の1社です。
- 税コード:0105627951
- 営業時間:9:00~18:00(月~金) (GMT+09:00)

icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions株式会社
1F, 4F, 10F, Mitec Building, Duong Dinh Nghe Street, Cau Giay District, Hanoi, Vietnam
View Map
icon-map Newwave Solutions
Newwave Solutions Japan株式会社
〒113-0034 東京都文京区湯島 1丁目11-8
View Map
Up To Top